1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・ファッション
  4. ベビー用品・育児用品の基礎知識
  5. 暑い日、赤ちゃんの体調面が心配…「快適にすごしてもらうための対策グッズ」TOP10

暑い日、赤ちゃんの体調面が心配…「快適にすごしてもらうための対策グッズ」TOP10

ジメジメした湿気や暑さを感じる日が増えてくると、赤ちゃんの暑さ対策について考え始める人もいるかと思います。本格的な夏がやってくる前に、汗とりパッドやひんやりグッズなど、赤ちゃんが少しでも快適に過ごすのに役立つアイテムを用意しておきたいですね。この記事では、赤ちゃんの汗&暑さ対策グッズ10選をご紹介します。

PIXTA

赤ちゃんを「汗&暑さ」から守ろう

湿度が高かったり、急に暑くなったりして汗をかきやすくなる季節。赤ちゃんがあせもにならないか、熱中症にならないか心配になりますね。町を歩くと、暑さ対策のグッズが店頭に並んでいるのを見かけますが、実際に役に立つ赤ちゃんの汗対策グッズやひんやりグッズにはどんなものがあるでしょうか。

筆者は子どもとの移動でベビーカーをよく使っていたので、ベビーカーのシートに保冷剤を入れられるアイテムを使ったことがありますが、とても重宝しました。

出典元:
出典元:
熱中症じゃなかったの…?子どもの回復力がすごい件|マリ家の日常

関連記事:

熱中症じゃなかったの…?子どもの回復力がすごい件|マリ家の日常

季節の変わり目は、大人でも体が暑さに慣れず疲れがでやすい時期ですね。そ…

先輩ママたちが取り入れる赤ちゃんの暑さ対策は?

夏 PIXTA

何かと気になる赤ちゃんの暑さ対策。ママリにも暑さ対策についての質問が寄せられています。

【赤ちゃんへの暑さ対策について】
皆さんがされてる暑さ対策について教えてください!
(中略)
汗のせいで湿疹や、体調を崩してほしくないし
これからもっと暑くなるので皆さんがされてる対策を教えてください!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

大人ほどの体力がまだない赤ちゃん。あせもができたり、体調を崩すのは避けたいところ。暑さ対策は細やかにしておきたいですよね。先輩ママからは次のような暑さ対策が投稿されていましたよ。

ベビーカーでの暑さ対策

おおくの先輩ママが気にしていた暑さ対策はやはり「お出かけ時」の対策。夏とはいえ、家にずっといるわけにも…という思いでお散歩をしても、暑さで親子ともバテてしまっては悲しいですよね。

ここではまず、先輩ママが実践したベビーカーでの暑さ対策をご紹介します。

抱っこ紐やベビーカーなら保冷剤を入れられるシートが売ってます!
それとベビーカーやチャイルドシートには持ち運びできる扇風機。

娘の時はそのくらいしか使ってなかったです💦
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
保冷剤が入れられるシートひいて、扇風機設置してます😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今はベビーカーにも取り付けられるグリップのついた小型扇風機があるので、そうしたグッズを利用しているママの声です。

保冷剤をセットし、扇風機をまわしていればある程度の熱は逃がすことができそうですよね。

ニトリとかにあるクールシート敷いてました
あとは、出かけ先に寄りますが氷入れた袋とか用意出来るところとかなら少しだけ脇と首冷やしたりとか
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
昨日ベビーカー用の冷却シート買いました!
2つに分かれる仕組みになってて、抱っこ紐にも使えるみたいです!
ひざ掛けはとりあえずガーゼ素材のを持って行ってます(*^_^*)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
ひんやりシートですが、赤ちゃん本舗で購入した保冷剤つきのものを購入して使っています。同じ種類で抱っこ紐用のものも購入して、去年は重宝しました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちはちょうど母子手帳ケースより一回り小さいくらいのサイズの保温・冷感パック&カバーを背中とベビーカーの間に挟んでます✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベビーカーの暑さ対策としておおかったのは「冷却シート」「冷感シート」などひんやりを感じられるグッズを使うことでした。

保冷剤をセットできるものであれば、より暑さをおさえることができそうです。

ベビーカーの中は暑い!真夏のお出かけも快適に過ごすためのひんやりグッズ

関連記事:

ベビーカーの中は暑い!真夏のお出かけも快適に過ごすためのひんやりグッズ

大人よりも子供の方が体感温度が高いことをご存知ですか?熱くなったアスフ…

抱っこの時の暑さ対策

昨今の夏は本当に暑いので、外出時の暑さ対策はもちろん大事ですが、毎日の中では「抱っこの時」の暑さ対策も忘れられませんよね。

ここでは抱っこの時の暑さ対策について先輩ママの投稿をご紹介します。

チャイルドシートなどに使える保冷(袋付き)を子供との間に入れて様子みながら使ってました!
普通の保冷剤だと冷たすぎたり固いですが専用のものは冷たくなり過ぎず硬くなりにくいので重宝してます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
向かい合った息子と自分のお腹の間にタオルで包んだ保冷剤入れています(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

抱っこの時、どこが暑くなるってそれは「赤ちゃんと抱っこしている人の間」ですよね。この部分の暑さ対策として、先輩ママは「子どもとの間に保冷剤」を入れているというコメントがおおくありました。

ただ、一般的な保冷剤を使うと硬かったり冷たすぎたりするのが気になるので、チャイルドシートなどに使える保冷剤を使ったり、保冷剤をタオルで巻いて冷えすぎないようにしたりと工夫をしている人がおおいようでしたよ。

赤ちゃんにも快適さを!汗&暑さ対策おすすめグッズ10選

赤ちゃん 汗 PIXTA

汗で髪の毛がべったり、背中もびっしょり。なんとかしてあげたい…。それでは、さっそく少しでも赤ちゃんが夏を快適に過ごすための汗&暑さ対策グッズをご紹介します。

1.YUCHENG「天使の羽 汗とりパッド」

天使の羽 汗とりパッド

注意していたつもりでも、赤ちゃんにいつのまにかあせもができていることがありますよね。そこでおすすめしたいのがこちらの汗取りパッド。

背中に当てておくだけで汗を吸収してくれるので、とても便利です。汗をかいたら服を脱がせる手間もなく、背中から抜き取って新しいパッドを背中に当てるだけ。これなら赤ちゃんもグズることなく背中もスッキリですね。

2.BabyHopper(ベビーホッパー)「 抱っこひも&ベビーカー兼用 保冷保温シート」

ベビーホッパー  抱っこひも&ベビーカー兼用 保冷保温シート

ジェルパックを冷やしてから専用シートのポケットに入れ、抱っこひもやベビーカーに取り付けます。ひんやりジェルが入った専用シートが赤ちゃんの背中に当たるようにしてくださいね。

専用シートは綿パイル生地のため、汗をすばやく吸収します。ジェルパックを入れずに汗とりシートとしても使えますよ。冬は電子レンジでジェルパックを温め、保温パックとして使うこともできるため、夏だけでなく冬にも活躍しそうです。

3.un doudou(アン・ドゥ・ドゥ)「冷感防水敷きパッド」

アン・ドゥ・ドゥ 冷感防水敷きパッド ミニサイズ60×90cm

夏は日中だけでなく、夜も暑さ対策が必要。赤ちゃんも寝苦しくてぐずる、ということがあるでしょう。そこで便利なのはこちらの冷感敷パッド。就寝時に布団やベッドの上に敷くだけでひんやりします。これなら、暑くて何度も起きてしまう赤ちゃんも、ぐっすり寝てくれるかもしれません。

汗をかいても速乾できるのもうれしいポイントです。

4.Mare GooDs(マーレグッズ) 赤ちゃん ひんやり 枕 シート セット

Mare GooDs 赤ちゃん ベビー ひんやり 枕 シート セット

赤ちゃんは体だけではなく、頭にもたくさん汗をかくことがありますよね。そうした際に便利なのが夏用の枕がついたセット。

さわり心地はさらりとしていて、何より洗濯機で丸洗いができるのでおすすめ。ベビーベッドにもピッタリのサイズなのでベビーベッドを使っている赤ちゃんも使いやすいのがうれしいですね。

5.丹平製薬「カンガルーの保冷・保温やわらかシート」

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート

筆者の次男はベビーカーが大嫌いで、嫌がらずに乗ってくれるようになったのは1歳半を過ぎてからでした。それまで基本は抱っこひもでの移動だったため、夏は自分も子どもも汗だくです。手持ちの保冷剤を使用していましたがすぐに溶けてしまう上、歩いている途中に落としてしまったことも何度かありました。

こちらの商品はひんやり感が約5時間もたもてます。付属の保冷剤は冷やしても固くなりすぎないため、快適に使えます。ベビーカーだけでなくチャイルドシートにも使えるのがうれしいですね。冬はジェルを電子レンジで温めて保温に使うこともできます。

6.ケンユー「わきアイス 幼児・小児用」

ケンユー わきアイス 幼児・小児用

こちらのわきアイスは、ジェル袋をカバーに入れたまま冷凍庫で3時間以上冷やして使います。両サイドのゴムから子どもの腕を通し、脇の下にジェル袋が当たるように装着します。必ず服や下着の上から付けてくださいね。

暑いときだけでなく、急な発熱のときにも使えるため、冷凍庫に常備しておくとよいでしょう。

出典元:

7.卓上扇風機 ベビーカー 扇風機

卓上扇風機 ベビーカー 扇風機

今ではすっかりおなじみになっている携帯型扇風機や卓上のミニ扇風機。こちらの商品はグリップがベビーカーにも取り付けられるタイプで、風のない暑い日のお出かけにおすすめ。

扇風機なので、子どもの手の届かない場所に取り付ける必要がありますが、うちわのように手動で風を送らなくても快適に過ごせるのはうれしいですよね。

8.DORACO(ドラコ)「ひんやり保冷ベスト」

ドラコ ひんやり保冷ベスト

凍らせても硬くなりすぎない保冷ジェルが3個付いている保冷ベストです。首もと、両脇の3ヶ所のジェル用ポケットに冷やしたジェルを入れて使います。通気性がよい薄手の生地を使用していますよ。

どうしても暑くなる日にお出かけをしなければいけない場合や、体を動かして体温が上がりそうな場面で役立ちそうですよね。

9. DORACO(ドラコ)「UVアイスブランケット」

ドラコ UVアイスブランケット

触れるとひんやりする冷感生地を使ったブランケットです。通気性がよく、紫外線カット機能が付いているため、ベビーカーでお出かけするときの暑さ・日焼け対策によいですよ。

熱がこもりにくく快適に使えるのが人気の秘密。ベビーカーだけでなく車での移動でも、車内のクーラー冷えと紫外線どちらも対策できるので便利ですね。

10.「ベビーカーシート ひんやりマット」

ベビーカーシート ひんやりマット

弾力のある、立体構造のベビーカー用メッシュクッションです。チャイルドシートにも使うことができますよ。通気性がよいため、赤ちゃんの汗やムレを防ぎます。年間を通して使うことができます。洗濯機で丸洗いできるのもうれしいポイントです。

少し涼しい時期でも、お出かけ中に寝てしまった赤ちゃんをベビーカーから降ろすと背中が汗でぐっしょり…というのもよくあります。

こうしたシートを使って、1年中快適なお出かけができるといいですね。

暑い夏も怖くない!ひんやりグッズで赤ちゃんもニコニコ

赤ちゃん 快適 PIXTA

赤ちゃんの暑さ&汗対策グッズを見てきましたが、いかがだったでしょうか。暑い夏は大人でも疲れを感じたり、不快だったりするものですよね。赤ちゃんも同じで、寝苦しかったり機嫌が悪くなったりすることがあり、夜も暑さ対策が必要です。それぞれに合ったひんやりグッズを手に入れて、今年の夏、少しで心地よく毎日が過ごせるとよいですね。

環境省が発表する「暑さ指数(WBGT)」とは?確認方法や見方を解説

関連記事:

環境省が発表する「暑さ指数(WBGT)」とは?確認方法や見方を解説

近年は「真夏日」どころか「猛暑日」が続くこともあり、夏場は厳しい暑さに…

おすすめ記事

「赤ちゃん」「暑さ対策」「グッズ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ベビー用品・育児用品の基礎知識の人気記事