専業主婦のママは楽ではない!子育てママが抱える精神的苦悩とは

共働き世帯が増える昨今、働くママは大変というイメージがありますが、大変なのは専業主婦として家事や育児をしているママも同じです。「専業主婦は楽」というような風潮によって、専業主婦だからこその悩みを理解してもらえず苦悩を抱えているママもおり、外からは見えないからこそ孤独を感じ、場合によっては精神的に参ってしまうことも。専業主婦として家族を支え頑張るママたちも、ときにはリフレッシュすることが大切なのではないでしょうか。

プレミアム記事

PIXTA

専業主婦だからこその悩みがある

子育てをしながら働くママが増えていますが、専業主婦として家事と子育てをほぼ一人で行っているママもいます。

それぞれの家庭のスタイルはありますが、専業主婦のママは「働いていないから楽」だという目で世間から見られたこともあるのではないでしょうか?

専業主婦のママには、外で働いていないからこその悩みがあるものです。その悩みを知らずに、楽だと決めつけられるのはつらいことでしょう。

そこで、多くの専業主婦のママが体験している「専業主婦のママだからこその悩み」をご紹介したいと思います。同じような悩みを持って苦しんでいるママは、意外とたくさんいるものです。

専業主婦ママの悩みは主に精神的なつらさ

主婦 辛い PIXTA

専業主婦ママはずっと家にいて、一人で家事や育児をこなしています。それが原因で精神的なつらさを抱えてしまうことも多いのです。

ママたちはどのようなことでプレッシャーやつらさを感じるのでしょうか?

家事も子育ても完璧にしないといけないプレッシャー

専業主婦のママが多く感じている悩みがこれでしょう。外で働いていないからこそ、家事や子育てを完璧にしなくてはいけない…。そのプレッシャーが強く、一人で苦しんでしまうママはとても多いのです。

この悩みは、パパが家事や子育てに積極的だった場合でも変わりません。全てが自分の仕事だと思い込んでしまっているので、手伝ってもらうと逆に罪悪感を持ってしまうことも。

完璧主義で責任感の強いママほど感じやすいこのプレッシャー。ずっとこの状態が続くと精神的な病にかかってしまうこともありますので、たまには少し手を抜いてみるということも必要なのではないでしょうか。

なんだか疲れました。

朝起きて、離乳食作り、旦那の弁当、朝食
洗濯干し、前日の洗濯物畳み、朝の寝かしつけ
昼の離乳食、部屋の掃除、風呂掃除
夕飯作り、夜の離乳食、後片付け
寝かしつけ、夜泣き。。。

専業主婦なのでみなさん、当たり前にされてることだと思うのですが、最近なんだか疲れてきてしまいました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「ママ」「専業主婦」「苦悩」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧