ハロウィンのお菓子レシピ!かぼちゃを使ったチーズケーキやマフィンなど4選

お店のあちこちにかわいいジャック・オー・ランタンやおばけのキャラクターを見かけるようになりました。何だかわくわくしますよね。ハロウィンが近づいて来ました。家族やお友達とホームパーティーを予定してい方もいるのではないでしょうか?ハロウィンと言えば、やっぱりカボチャ。ほっくり甘いカボチャを使ったお菓子作りにチャレンジしてみませんか?子供と一緒に楽しく作れるカボチャスイーツレシピをご紹介します。

画像:www.instagram.com

ハロウィンにぴったり!かぼちゃをしっかり味わえるお菓子

ほっこりとした甘さでおいしい野菜、「カボチャ」。子供にも食べやすく、お菓子作りにもってこいの食材です。

ハロウィンが近づくと注目度がアップするカボチャ、まさに今たくさん売られていますね。

カボチャ自体がおいしいと、お菓子だってよりおいしく仕上がります。

カボチャのおいしさがしっかり味わえる今、ハロウィンにぴったりなお菓子を作ってみませんか?

今の季節に作りたい!かぼちゃスイーツ特集

加熱することでほっくほくの食感と濃厚な甘さを味わえる、秋の味覚の代表格なカボチャ。

子供から大人まで愛される野菜ですし、特に女性はカボチャ好きな方がいるかと思います。もちろん、筆者もそのうちの一人でカボチャが大好きです。

そんなカボチャをお菓子で楽しめる、ハロウィンパーティーに出すと盛り上がりそうなお菓子のレシピをご紹介します。

1.濃厚さが堪らない「カボチャのベイクドチーズケーキ」

材料(15センチ型)

  • カボチャ:300g
  • クリームチーズ:150g
  • きび砂糖:50g
  • 卵:2個
  • 薄力粉:20g
  • 豆乳または牛乳:200g
  • オレオ:1袋

作り方

  1. クリームチーズ、卵を常温に戻しておく。型に合わせてカットしたクッキングシートを敷いておく。
  2. オレオを袋に入れて、麺棒で叩いて砕く。出来たら①の型にスプーンの背で押し込むようにして敷き詰める。
  3. 2を冷蔵庫に冷やしておく。
  4. かぼちゃは小さくカットして、電子レンジで加熱。柔らかくなれば、包丁で皮を取り除く。
  5. ミキサーに4と残りの材料を全部入れて撹拌。全体的に混ざれば裏漉して2に流し込む。
  6. 170℃に予熱したオーブンで40~50分湯煎焼きにする。
  7. 冷めたら冷蔵庫で冷やす。

しっとりとしたカボチャのおいしさとクリームチーズの濃厚な旨味が詰まったチーズケーキ。

一晩以上冷蔵庫で寝かせることで、さらにしっとり濃厚な風味になりますよ。

ほろ苦いオレオとカボチャの相性も抜群です。オレオがなくてもほかのビスケットに溶かしバターを加えてもおいしく仕上がりますし、もっと言えばボトムが無くても大丈夫なので省略も可能。もちろん、ボトムがあった方がおいしいのは間違いありません。

ミキサーで混ぜるだけで簡単にかぼちゃチーズケーキが完成!濃厚好きには堪らない1品です。

2.和もいいね!「ジャック・オー・ランタンいろいろおはぎ」

kira_z07

材料

  • もち米:1カップ
  • 白米:1/4カップ
  • 塩:少々
  • かぼちゃ:150g
  • きび砂糖:15g
  • 豆乳または牛乳:20g
  • あんこ:お好みで

作り方

  1. もち米・白米を合わせて洗い、30分ほど浸水させる。水270ml(分量外)と塩を加えて軽く混ぜて炊く。
  2. かぼちゃを切って、電子レンジで柔らかくする。柔らかくなれば、皮を取り除いて潰す。
  3. 2にきび砂糖と豆乳を加え、再び電子レンジで1分半ほど加熱して混ぜ合わせる。柔らかければ再加熱し、ある程度水分を飛ばす。
  4. 炊きあがった1をボウルに入れ、濡らしたすりこ木で米を潰す。お餅に近づいてきたら8等分にして丸める。
  5. 3を4くらいの大きさに丸める。
  6. あんこは4の半分の大きさに丸め、4で包み込む。
  7. 5のかぼちゃ餡を掌に伸ばし、あんこを包み込んだ6を包む。

カボチャ餡のおはぎを、ジャック・オー・ランタン風に。餡を作るときはカボチャの皮を少し残しておき、顔のパーツを作りました。

こちらのレシピはおはぎが7~8個ほど作れる分量になっているので、カボチャ味のおはぎだけでなくあんこやきな粉、抹茶、ゴマなど色んな種類のものを作っても楽しいですね。

「和」なハロウィンも一味違っておすすめです。

3.持ち運びにもピッタリ!「ホットケーキミックスでかぼちゃ&オレオマフィン」

kira_z07

材料(約小さめ6個分)

  • カボチャ:150g
  • 卵:1個
  • きび砂糖:40g
  • オイル(オリーブオイル・太白ごま油などお好みで):大1/2
  • 豆乳または牛乳:35g
  • オレオ:お好みで

作り方

  1. カボチャは小さく切って、電子レンジで加熱して柔らかくする。皮を取り除き、熱いうちに潰しておく。
  2. 卵、きび砂糖、オイルをボウルに入れよく混ぜる。
  3. 2に1を加えてよく混ぜる。混ざればホットケーキミックスを1/2ずつ加え、その都度ゴムベラでさっくりと合わせる。
  4. 飾り用のオレオを除いて、オレオを袋に入れて砕く。そのあと3に加えてざっくり合わせ、粉っぽさが無くなれば生地をカップに入れる。
  5. 飾り用のオレオを差し込み、オーブン予熱180℃で15~20分焼く。

中に混ぜるオレオは省略してもうまくできあがりますが、オレオを入れる方が断然おいしく仕上がります。場所によってしっとり、さっくりなオレオが楽しめますよ。

そして、ぐっと見栄えも良くなります。ママ友とのホームパーティーにもぴったり。マフィンは型崩れの心配がなく、気温に左右されるものでもないので、持ち運びも楽で安心です。

粉糖を振り掛けることで、よりおいしそうに仕上がるのでおすすめです。

4.コロコロかわいい「和風スイートパンプキンボーイ」

kira_z07

材料

  • カボチャ:200g
  • きび砂糖:小2
  • はちみつ:小1
  • バター:5~10g
  • ゆであずき:お好みで
  • 卵黄:1個
  • パンプキンシードやピスタチオなどナッツ:お好みで
  • チョコペン:1本

作り方

  1. カボチャを小さく切って、電子レンジで柔らかくなるまで加熱。皮を取り除き、マッシュしておく。
  2. バターを加えて混ぜ合わせ、さらにきび砂糖、はちみつを加えてよく混ぜる。
  3. お好みの大きさに丸め、中にお好みでゆであずきを入れて包み込む。
  4. 溶いた卵黄を刷毛で塗り、焦げやすいので確認しながらトースターで5分ほど焼く。必要ならアルミホイルをかぶせて焼く。
  5. お好みでナッツ飾り、チョコペンで顔を描いて完成。

コロッとした一口で食べられるミニサイズのスイートパンプキンです。中には、かぼちゃと相性が抜群なあんこを入れて、和風に仕上げました。

顔を描いていろいろな表情を付けることで、より賑やかで楽しい雰囲気に。子供も喜んでくれますよ!

ホームパーティーにはもちろん、お弁当に小さなデザートとして入れるのもおすすめです。

今年は手作りかぼちゃスイーツでハロウィンをもっと楽しもう!

ほっくりとした自然の甘味が味わえるカボチャは、料理にもお菓子作りにも大活躍な万能野菜。

野菜を使ったお菓子作りはハードルが高いと思われている方もいるしれませんが、そんなことはありません。風味の良いカボチャだからこそ、簡単に素敵なお菓子が作れます。野菜を使ったスイーツでヘルシーなため、子供のおやつにもぴったりですね。

収穫の秋に感謝しながら、今年のハロウィンは手作りのカボチャスイーツでいつもよりもっと楽しく過ごしましょう!

「レシピ」「ハロウィン」「お菓子」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧