子供乗せ自転車のヒヤリハット!自転車の運転で気をつけるべき場面

保育園の送り迎えや日用品の買い出しなど、子供乗せ自転車を毎日の移動手段として使っているママもいるでしょう。そのときしっかりと安全対策はできていますか?子供用のヘルメットやシートベルトを使っていたとしても、斜面での駐輪や曲がり角などで「ヒヤリ」とした経験があるママもいるのではないでしょうか。自転車事故が起こりやすいポイントについて、先輩ママの声をもとにご紹介します。安全運転の参考にしてくださいね。

プレミアム記事

ここが危ない!子供乗せ自転車の「ヒヤリポイント」

子供乗せ自転車を使う際には、あらかじめ危ない場所を知っておくと心構えができますよね。先輩ママの声とともに、子供乗せ自転車のヒヤリポイントをお伝えします。

道路脇の段差

Ⓒモモイロ日記

「今日の夕方に段差に引っかかり子供を乗せたまま自転車でこけてしまいました。
転んだ瞬間に危ないと思い膝をつきハンドルも両手で持った状態で自転車を支えましたが電動自転車で重たくそのまま倒れてしまいました。」
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

道路脇の段差は、意外と子供乗せ自転車から見えないこともしばしば。道を曲がろうとしたときや、歩行者を避けようとしたときなど、ちょっと進路を変えた拍子に段差に引っかかって転んでしまうことがあります。

子供乗せ自転車は、自分の体重プラス子供の体重で重くなっているため、コントロールが難しいでしょう。電動自転車に乗っている場合は、さらに車体の重量が重いため、特に慎重な運転が求められます。万が一、車道側に転んでしまった場合、道を走る車との衝突の可能性があり、とても危険です。

車道側から歩道に上がるときなど、段差を越えるときには慎重に、スピードを出しすぎないようにしましょう。

斜面での駐輪

Ⓒモモイロ日記

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「危険」「子供乗せ自転車」「ヒヤリハット」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧