子供に必要な睡眠時間は?先輩ママたちが子供を早く寝かせる工夫

昔から「寝る子は育つ」といわれますが、実際のところ、子供にとって本当に必要な睡眠時間はどれくらいでしょうか。年齢によっても違いますが、自分の子供は足りているのか、足りていないのか、知っておきたいですね。睡眠時間の確保は、子供だけでなく家族にとっても大切です。忙しい毎日の中で、普段から気をつけるべきことや生活リズムを整える工夫について、先輩ママたちの知恵も借りながら、考えてみましょう。

プレミアム記事

PIXTA

子供の睡眠時間はどのくらい必要?

子供に必要な睡眠時間は、年齢によって異なり、年齢が上がるほど必要な睡眠時間は短くなります。年代ごとの、子供に必要な睡眠時間は以下といわれています。

編集部作成 Ⓒママリ

  • 1~3歳 :12~14時間
  • 4~6歳 :10~13時間
  • 7~12歳 :10~11時間

「予想通り」というママもいれば、想像していたより長いと思ったママもいるかもしれません。共働きで帰りが遅い場合は、夕飯の支度に明日の準備、と帰宅後にやることが多くて大変です。子供が遊びに夢中になって興奮し、なかなか布団に入らない、ということもあるかもしれません。

子供は、夕飯を食べることに時間がかかり、お風呂も着替えも、思うようには進まないもの。早く寝かせようと声をかけても、子供がいうことを聞いてくれず、あっという間に時間が過ぎてしまいます。しかし、子供にとって、睡眠はとても大切な役割を担っています。

22時前の就寝で、成長ホルモンが多く分泌

睡眠 PIXTA

子供の成長にとって大切な成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。成長ホルモンは、子供の身長を伸ばしたり、筋肉をつけたりと、発育に欠かせないホルモンです。体を大きくするだけでなく、情緒の安定のための働きもあります。

成長ホルモンの分泌のピークは22時から深夜2時までの間ですが、深い睡眠(ノンレム睡眠)に入っているときだけ分泌され、眠ってすぐ、眠りの浅いときは分泌されません。

未就学児の身体や脳の成長のために必要な睡眠時間を考えると、できれば20時~20時半に寝かせたいですが、そうはいっても、仕事をしてたり、上の子と生活リズムが違ったりするなど、難しいこともあるでしょう。遅くとも、22時までには寝かせたいところですね。

今日からいきなり早く寝かせようと思っても、そう簡単にはいかないでしょう。体内時計を整え、夜きちんと眠くなるようにしてあげることが大切です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「睡眠時間」「子供」「工夫」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!