季節の変わり目に便利!使い勝手抜群、キュートなベビー用オーバーオール4選

たくさんあるかわいいベビー服。機能性もデザインも両方納得できるものを選びたい!というのがママの本音ですよね。そんなママには、小さな赤ちゃんでもいろいろなコーディネートが楽しめる「オーバーオール」がおすすめです。半袖と長袖、どちらを着ても楽しめるので1年を通して着回せます。おむつ替えがしやすいよう、股部分の開閉が可能なものも。ここでは思わず欲しくなるとびきりキュートなオーバーオールを紹介します。

amana images

衣替えシーズン到来。子供服には着回しのきくオーバーオールがおすすめ

すっかり春らしい気候になってきた今日このごろ、まさに衣替えシーズンまっただ中ですね。

春から着られるベビー服を探しているママも、これから出産を控えているプレママも、子供服はすぐにサイズアウトしてしまうため購入するのに慎重になりがちです。また、かわいく機能的で、かつ長く着られるものを活用できたら素敵ですよね。

今回皆さんに注目していただきたいのが「オーバーオール」です。オーバーオールとは胸当てとサスペンダーがついたパンツやスカートのこと。元々は作業着でしたが、今ではカジュアルなファッションアイテムのひとつとして取り入れられることも。

子供用のオーバーオールは重ね着ができ、中に長袖や半袖どちらを着てもかわいくキマるので、着回し力は抜群。おなかが出る心配もなく、動き回る子供も脱げたりめくれたりする心配がない優れものでもあります。

1枚持っておけばコーディネートの幅が広がり、おでかけがもっと楽しいものになるかもしれません。

着回し抜群!キュートなベビー&キッズ用オーバーオール4選

では早速、すぐに使えて長く活躍してくれるオーバーオールの厳選四つを紹介していきましょう。

男の子も女の子も着られるものがたくさんありますよ。兄弟姉妹で長く楽しんでくださいね。

プレゼントにも喜ばれるので、気になる商品があったらぜひチェックしてみてください。

1.こなれ感を演出。サロペットタイプのオーバーオール

サロペット ヒッコリー

サロペットタイプのオーバーオール。このサロペットはゆったりシルエットで元気な子供たちには動きやすくておすすめです。

少しゆるめに着るのがトレンド。シンプルなストライプなので1枚でサマになりますね。中にはノーカラーのシャツでもカラフルなシャツでもかわいく着ることができます。

また綿100%なので、ざぶざぶ洗濯できるのもママにはうれしいポイント。

2.耳がかわいい『ズーミック パイル起毛サロペット』

ズーミック パイル起毛サロペット

クマとウサギの顔がキュートなサロペット。パイル地の起毛素材で、肌寒く感じる朝晩でも心地よく着させることができます。

少し暑そうなときも、インナーを薄手や半袖にして調整しやすいですよ。

3.スカートもキュート!『Buddy Lee デニムジャンパースカート』

Buddy Lee デニム ジャンパースカート

女の子におすすめなのがこちらのBuddy Leeのデニムジャンスカ。サイズ展開も豊富なので、姉妹でおそろいコーデが楽しめます。

肩ベルトは長さの調節もできるので、長く着られることができとってもお得。

春夏はもちろん、冬でもタイツ&ブーツに合わせて着てもキュートなので、オールシーズン活躍してくれます。

4.大人顔負け!おむつ替えも楽々の『Lee BABY OVERALL』

LEE BABY OVERALL

定番の形のオーバーオール。スタンダードな形なので、どんなトップスにも合わせやすくコーデの幅が広がります。

男の子はもちろん、女の子にもおすすめです。インナーにレース素材や甘いトップスを持ってくるだけで、メリハリのあるかわいらしさが作れますよ。股部分はスナップボタンで留められるので、おむつ替えも楽々。

親子リンクコーデも楽しめるLeeの定番デニムは1枚あるだけで、たくさん着回しができるおすすめアイテムです。

長く賢く着られるオーバーオールはこの春マストバイの1着

子供 オーバーオール PIXTA

ここでは紹介しきれないほど、かわいいオーバーオールはまだまだたくさんあります。子供らしいかわいいものから、大人顔負けものまで多種多様です。

兄弟姉妹でリンクコーデ、親子でリンクコーデなど楽しみ方もたくさんありますよ。ぜひお気に入りの1着を見てつけて、春のおでかけを楽しんでくださいね。

おすすめ記事

「春夏」「キッズコーデ」「オーバーオール」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧