働きながらの2人目出産。どの年齢差で生むのがベスト?

4月に仕事復帰したママは、仕事もようやく軌道に乗り始めてひと安心という頃でしょうか。朝から晩までフル稼働で大変ながらも、充実した日々だと思います。ただ、筆者も経験がありますが年齢や体力を考えると、そろそろ2人目を…というタイミングもあります。復帰したばかりで職場の人に相談できないし、どのタイミングで2人目を妊娠・出産したらいいの?と悩むママも多いのではないでしょうか。今回は2人目を妊娠・出産するタイミングについて、2児ママで教育コンサルタントの佐藤理香が一緒に考えます。

プレミアム記事

PIXTA

2人目はどのタイミングがよい?年齢差別仕事スケジュール

希望するタイミングで妊娠・出産できるとは限りませんが、自分にとって理想の年齢差を狙う場合、いつ妊娠し、産休に入るとよいのかを整理してみました。ぜひ、参考にしてください。

年子(上の子が1歳のときに出産)

1人目で職場復帰した年のうちに妊娠するパターンです。筆者の同僚は復職したとき既に妊娠している人もいましたし、ママ友の中には育休を延長して復帰せずに産休に入った人もいました。年子の場合は「短期間だけ復職してまた休む」か「復帰せずに休みを延長する」パターンになります。

「短期間だけ復職してまた休む」は、1人目の育休を半年ほどで切り上げて一度復帰するケースです。復帰しても1年もしないうちに2人目の産休に入ることになります。

「復帰せずに休みを延長する」は、1年以上育休をとり、復帰タイミングがないケースです。会社によっては、復帰して数か月で産休に入るのはお互いメリットがないと判断し、1人目の育休を延長してそのまま2人目の産休に入ることで合意するケースもあるようです。

年子の場合は、2人の子を出産して一気に休みをとり、あとは仕事に専念するという考え方ができます。年齢を重ねないうちに妊娠出産をしたいママも、年子を検討するのではないでしょうか。

このパターンは、必然的に休職期間が長くなるため、人によっては職場復帰することへの精神的ハードルが高くなるかもしれません。

2学年差(上の子が1~2歳の間に出産)

職場復帰した年のうちに妊娠して産休に入るパターンです。この場合、上の子が生まれて半年ほどで復帰すれば1年ほどは仕事ができる可能性があります。

復帰できたとしても、復職期間中のほとんどは妊娠中となりますので、仕事内容やつわりなど体の状態によってはセーブが必要です。上の子の育休期間が長かった人は、あっという間にまた産休に入るので働く期間は短くなります。

3学年差(上の子が2~3歳の間に出産)

兄弟 日本 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「職場復帰」「2人目出産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧