監修:齋木啓子 先生

1歳から10歳までの予防接種スケジュール

子供が受けるべき予防接種は種類が多く、管理が大変。もっとも予防接種の本数が多いのは0歳代ですが、1歳以降も新しい種類の予防接種や、0歳代で打った予防接種の追加接種が続きます。追加接種は、前回から期間が空くためつい忘れやすいもの。しっかり計画して、もれがないようにしましょう。この記事では、1歳以降に受ける予防接種の種類と進め方について、一例をご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

1歳以降の予防接種スケジュール

1歳以降では、予防接種の間隔が1年以上あくことがあります。ママが仕事を始めたり、子供が保育園や幼稚園に入園したりすると余計に病院から足が遠のき、予防接種を忘れてしまうかもしれません。

しかし、ワクチンは集団生活の中で流行しやすい感染症を防ぐために大切なもの。子供の健康を守るためにも、無理のないスケジュールでしっかりワクチンを接種しましょう。

1歳0ヶ月

1歳 誕生日 amana images

  • 水痘(1回目)
  • MR(1回目)
  • おたふくかぜ(1回目)

水痘(水ぼうそう)、麻しん・風しん(MR)、おたふくかぜを予防するワクチンは、1歳から接種可能です。1歳の誕生日を迎えたらさっそく開始しましょう。おたふくかぜは任意接種のため基本的には自費ですが、自治体によっては公費で助成している場合があるため確認をしてください。

1歳0ヶ月で予防接種を受けそびれてしまった方や、できるだけ通院回数を少なくしたいと考えている方は、1歳1ヶ月でご紹介する3つのワクチンと同時接種する方法があります。

すべて同時接種すると6本。同時接種は日本小児科学会が勧めており本数に制限はありませんが、病院によっては医師の方針で同時接種の本数を制限している場合があるため、事前に問い合わせておくとよいですね。

1歳1ヶ月

  • 肺炎球菌 (13価結合型)追加
  • インフルエンザ菌b型(Hib)追加
  • 四種混合(追加)
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ふれあいファミリークリニック 院長

齋木啓子 先生

「予防接種」「1歳」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧