相談できない生理の悩みはここで解決!セレクトアイテムも豊富「ランドリーボックス」に注目

妊娠前にはいったんストップするものの、産後再び始まるのが「生理」。皆さんは、生理と聞くとどんな印象を持ちますか。同じ生理でも、体の違いや育った環境、職業などライフスタイルによって人それぞれ悩みや価値観、印象が異なるもの。今回は、ランドリーボックス株式会社が開始したライフスタイルプラットフォーム事業について紹介します。生理、妊活、更年期障害など、現代女性が抱えるさまざまな悩みに特化したものとなっていますよ。

ライフスタイルプラットフォーム「ランドリーボックス」α版ってなに?

皆さんは、自身の体や心に関して何か悩みを持っていますか?生理、妊活、更年期障害など、女性特有の悩みを持っている方もいるかと思います。

そんな悩みに特化した、ライフスタイルプラットフォーム事業をランドリーボックス株式会社が開始しました。

第一弾として、「生理」を軸にしたメディアコマース「ランドリーボックス」のα版が公開。「ランドリーボックス」α版では、「あらゆるワタシに選択肢を」がテーマとなっていて、生理を起点とした悩みに寄り添うコンテンツやアイテムを提供しています。

ライフスタイルプラットフォーム「ランドリーボックス」とは

「ランドリーボックス」という響きから、「洗濯」をイメージする方もいるかもしれませんね。こちらの「ランドリーボックス」には、"自分を洗濯しながら、自分の生き方を選択する人たちに寄り添いたい"という「せんたく」という言葉への思いが込められています。

現代女性の生理、妊活、更年期障害といった多種多様な体や心の悩みを、人やものごととつなぎ合わせQOL向上を目指しているそうです。

実際にどんなことをしているの?

寄り添う PIXTA

では実際に、どんなことをして悩みに寄り添っていくのかを紹介します。女性の悩みを少しでも軽くしたい…そんな気持ちが感じられる取り組みです。

ライフスタイルに寄り添うコンテンツ

第一弾の軸は、女性が約40年向き合っていく「生理」。生理といっても、体の違いや育った環境、職業などさまざまな要因によって悩みや価値観はちがいますよね。ランドリーボックスでは、国内外でさまざまな生活をしている方へのインタビューやコラム、医師監修のコンテンツなどを通じていろいろな選択肢を発信。

筆者は生理痛がとてもひどく、毎回薬を飲んで痛みを和らげていますが、友人にはまったく生理痛がない方も。生理に関する悩みや価値観が人それぞれであるということは、筆者自身も強く感じています。そんな悩みをさまざまな方向から発信してくれるということは、同じような悩みをもつ人の情報を知り、役立てることができるかもしれませんね。

悩みや好みに応じたセレクトアイテム

ランドリーボックス株式会社

皆さんは生理のとき、どんなアイテムを使っていますか。「肌がかぶれる」「匂いが気になる」といった悩みがあっても、自分にはどんなアイテムがよいのか分からないこともあるのではないでしょうか?

ランドリーボックスでは、悩み別にセレクトしたアイテムや商品レビューを通じ、ユーザーをサポートしています。自分に合っているか分からないけど使っているアイテムがあるとき、悩み別にアイテムをセレクトしてくれたり商品レビューが見られたりするのはとてもうれしいですね。

※取り扱いカテゴリ:月経カップ、吸収型サニタリーショーツ、サニタリーランジェリー、オーガニックナプキン、布ナプキン、生理サポートアイテム、デリケートゾーン・ペリネ(骨盤底筋)ケア商材など

女性の課題をテクノロジーで解決する「フェムテック」

ランドリーボックス株式会社

「フェムテック」とは、「female」と「technology 」を掛け合わせた造語。2025年までに約500億ドル(5兆円)規模の投資額になるとされています。今後、国内でもフェムテック商材が販売されることが予測されているそうです。

ランドリーボックスでは、骨盤底筋トレーニングアイテム「elvie」、性交痛緩和アイテム「Ohnut」などのフェムテック商材も販売予定。

あまり聞きなじみのない「フェムテック」。しかし、女性の悩みを減らしてくれることができそうなアイテムですね。

ひとりひとりの悩みに寄り添って…

寄り添う 女性 amana images

今回は、生理を軸にしたメディアコマース「ランドリーボックス」α版について紹介しました。

筆者は先ほども述べた通り、生理痛がひどいため「生理」と聞くと、どうしても憂鬱な気持ちになってしまうのが本音。しかし「生理」というものは、女性にとって長い間付き合っていかなくてはいけないもの。悩みの内容や解決方法は、人それぞれ違います。

そんな人それぞれ違う悩みに、さまざまな方向から助け舟をだしてくれるのがランドリーボックスの取り組み。生理で悩んでいる皆さんに、ぜひ知ってほしい事業となっています。生理で悩んでいる人の心が、少しでも軽くなりますように。

「ランドリーボックス」α版

おすすめ記事

「生理」「ランドリーボックス」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧