1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. ついお菓子に手が伸びる方に、罪悪感なしヘルシーおやつ | おうち時間の楽しみ方#8

ついお菓子に手が伸びる方に、罪悪感なしヘルシーおやつ | おうち時間の楽しみ方#8

しばらく続きそうな、室内中心の生活。その中で見つけた楽しみや、ちょっとしたワクワクを集める連載です。第8回目は「ヘルシーおやつ」。ママリスタッフのかねやんがお届けします。

室内中心の日々、買い出し先で見つけた「ちょっといいもの」

こんにちは、ママリスタッフのかねやんです。小学3年生の女の子を育てています。休日は大型ショッピングモールにお出かけするのが定番だったわが家。でも、今はお出かけ自粛モードです。

私が在宅勤務をしているため、休日平日問わず、長い時間を子どもと過ごす生活。正直な話、十分に構ってあげられないことが多く、罪悪感があります。

せめてもの気晴らしに、仕事の合間や夕方には、感染予防に気を付けつつ、親子で食料品の買い出しに出かけているのですが、最近いいものを見つけました。

罪悪感なし、種類豊富なコンビニおやつ

ⓒママリ

それがこちら。コンビニで売っている、低カロリー&低糖質のおやつです。

おうちの中で缶詰めになっていると、ついおやつに手が伸びてしまいます。しかも通勤がなくなって運動不足。このままでは確実に太るのでは…と一抹の不安もありました。そんな私にとって、低カロリーで低糖質なおやつは救世主のような存在です。

たとえばローソンなら、「ロカボ」というロゴが入ったシリーズがおすすめ。おやつの種類が豊富です。

こちらのロゴがついているものです。注目してみてくださいね。ナッツ類、こんにゃくチップス、茎わかめなど、よくかむと食べごたえがあって、食べすぎの罪悪感もありません。

子どもは別のおやつを食べていますが、私はこれ。自分だけのお楽しみがあるのもいいですよね。

「おいしい」という小さな気分転換

コーヒー テーブル PIXTA

子どもと一緒に家にいる時間が長くなると、自分一人の時間がますます取れず、気が休まらないかもしれませんね。そんなときは、低カロリーなおやつで気分転換してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

「インドア」「過ごし方」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧