1. トップ
  2. 出産
  3. 出産・産後グッズ・ファッション
  4. 出産準備用品(ベビー用品・新生児衣類)
  5. 子育てが楽しくなる!「哺乳びん」「紙パック用乳首」がキッズデザイン賞を受賞!

子育てが楽しくなる!「哺乳びん」「紙パック用乳首」がキッズデザイン賞を受賞!

育児ブランド「ChuChu」の商品で、第14回キッズデザイン賞を受賞したことで注目されている「広口タイプ哺乳びん」と「紙パック用乳首」。どちらも育児をする上で便利なアイテムとなっています。「紙パック用乳首」は、災害時だけでなく旅行やおでかけ時に赤ちゃんに液体ミルクを与えるために持ち歩くママもいるようです。出産準備などでこれから哺乳瓶を購入しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

©ジェクス株式会社

人気アイテム 「ChuChu」 広口タイプ哺乳びん・紙パック用乳首

ジェクス株式会社の育児ブランド「ChuChu」の「広口タイプ哺乳びん」と「紙パック用乳首」の2つのアイテムが、第14回キッズデザイン賞を受賞しました。

両アイテム共に「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」にて受賞。使いやすい商品であることが証明されたとも言える「広口タイプ哺乳びん」と「紙パック用乳首」。詳しくご紹介します。

「紙パック用乳首」

©ジェクス株式会社

「紙パック用乳首」は、液体ミルクなどベビー向けの紙パック飲料に装着するだけで、赤ちゃんにすばやく飲料を飲ませることができる、紙パック飲料専用乳首です。外出時の水分補給や災害対策グッズとしても大変便利なアイテム。

新生児~卒乳まで使えるスーパークロスカット乳首となっているため、月齢を選びません。また、フード、ノズルカバー付きなので持ち歩きにも対応しています。

さらに、全てのパーツが煮沸・レンジ・薬液での消毒が可能となっており、清潔に繰り返し使うことができるので安心ですね。

子ども連れでの旅行は、多くなりがちな荷物を少しでも減らしたいもの。そんなときに、液体ミルクと紙パック用乳首の活用がおすすめ。

「広口タイプ哺乳びん」

©ジェクス株式会社

「広口タイプ哺乳びん」は、ママのおっぱいをモデルとした、新しい形状の広口タイプの乳首が備え付けられた哺乳びんです。

赤ちゃんが深くくわえても口にしっかりフィットして自然に飲みやすくなっています。また、赤ちゃんが乳首を吸う力に応じてミルクを飲む量を調整できる特殊構造となっているところも大きなポイント。

さらに、ママのおっぱいのような舌ざわりを実現した表面加工で、パパでも安心してミルクを与えられます。ママじゃないと嫌がる赤ちゃんにも試してみる価値ありですよ。

また、煮沸・薬液・電子レンジ消毒がどれも可能となっており、全4種類から目的に応じて選んでくださいね。

家族でハッピーな育児をしよう

©ジェクス株式会社

「ChuChu」の「紙パック用乳首」と「広口タイプ哺乳びん」は、ママの負担を軽減してくれるうえに、育児はママ1人でするものではないということを伝えてくれるアイテムでもありますよね。

「紙パック用乳首」を使えば、旅行先でも空腹で泣き叫ぶ赤ちゃんに素早くミルクを飲ませられます。「広口タイプ哺乳びん」を使えば、ママだけではなく他の家族からでも泣かずにミルクを飲んでくれるかもしれません。その可能性にママは救われるもの。

ママが救われると、赤ちゃんもパパもうれしくなり、みんなが笑顔も多くなるはず。商品に力を借りて、家族みんなでハッピーな育児を目指しましょう。両アイテム共に、全国のベビー用品店、ドラッグストア、ジェクス公式オンラインショップで購入できるのでぜひチェックしてくださいね。

おすすめ記事

「液体ミルク」「紙パック用乳首」「哺乳びん」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧