1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 2021年の戌の日はいつ?外出自粛の中で安産祈願をするには?郵送で対応中の神社はここ

2021年の戌の日はいつ?外出自粛の中で安産祈願をするには?郵送で対応中の神社はここ

2021年の戌の日を紹介します。あわせて六曜も紹介していきますので、大安や仏滅なども一緒にチェックしてみてください。安産祈願は、必ずしも「戌の日」に参拝しなければならないというわけではありません。今年は新型コロナウイルス感染症による外出自粛により、水天宮も祈祷の受け付けを行っていない可能性があります。事前にしっかり確認を行ったうえで安全第一に安産祈願を行いましょう。

PIXTA

妊娠5か月を過ぎた「戌の日」に安産祈願をする風習

水天宮の公式サイトでは「戌の日」を下記のように明記しています。

懐妊の日から5ヶ月目の戌の日を選び岩田帯(腹帯)をしめる風習があります。十二支の戌は犬であり、犬が安産で多産であることにあやかってこの日が選ばれました。この日は両親はもとより家族そろってお参りをして、懐妊の報告を行い、胎児の健やかな発育を願って安産を祈願します。 ※1

ただしあくまでも一般的な考えであり、必ず妊娠5か月の戌の日に行かなければならないと決められていません。戌の日の前後の日程でお参りしても問題ないので、都合の良い日を調整して決めてください。

分散参拝をお願いしているところも

祈祷 PIXTA

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言や外出自粛の影響により、2020年1月現在において東京都中央区の水天宮では参拝者に対し分散参拝の協力を依頼しています。

また現在は、その場で行うご祈祷の予約を受け付けていません。直接または郵送によって申し込みがあった場合は、後日祈祷を行う「お預かり祈祷」を行っています。

神社によっては、マスク着用のうえ祈祷を受けられる場合もありますので、お近くの神社やお寺で同様の対応をしていないか調べてみるとよいでしょう。

出典元:
  • 水天宮「参拝のご案内」(http://www.suitengu.or.jp/,2021年1月19日最終閲覧)
  • 七社神社「緊急事態宣言下でのご祈願に関する対応・新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について」(https://nanasha.jp/3167/,2021年1月21日最終閲覧)

2021年戌の日カレンダー

参拝 PIXTA

2021年の「戌の日」の日にちと六曜を紹介します。

1月の戌の日

  • 2日(土):大安
  • 14日(木):先勝
  • 26日(火):先勝

2月の戌の日

  • 7日(日):先勝
  • 19日(金):友引

3月の戌の日

  • 3日(水):友引
  • 15日(月):仏滅
  • 27日(土):仏滅

4月の戌の日

  • 8日(木):仏滅
  • 20日(火):大安

5月の戌の日

  • 2日(日):大安
  • 14日(金):赤口
  • 26日(水):赤口

6月の戌の日

  • 7日(月):赤口
  • 19日(土):友引

7月の戌の日

  • 1日(木):友引
  • 13日(火):先負
  • 25日(日):先負

8月の戌の日

  • 6日(金):先負
  • 18日(水):大安
  • 30日(月):大安

9月の戌の日

  • 11日(土):赤口
  • 23日(木・祝):赤口

10月の戌の日

  • 5日(火):赤口
  • 17日(日):友引
  • 29日(金):友引

11月の戌の日

  • 10日(水):先負
  • 22日(月):先負

12月の戌の日

  • 4日(土):大安
  • 16日(木):大安
  • 28日(火):大安
出典元:

戌の日の安産祈願は安全第一で

参拝 PIXTA

戌の日は1か月に2~3日ほどしかないので、行ける日も限られてしまいます。しかし安産祈願は、必ず戌の日に行わなければならないわけではありません。戌の日前後でも、近い日程であれば問題ないでしょう。

また、2021年は新型コロナウイルス感染症による外出自粛により、お出かけさえなかなか難しい毎日です。無理に参拝に出かけるよりも、郵送での申し込みなどを活用し自宅で安全に安産祈願をしましょう。

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントがもらえるチャンス!

関連記事:

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントが…

2020年~2021年にご出産された方、おめでとうございます。また毎日の育児、…

おすすめ記事

「戌の日」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧