1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・ファッション
  4. ベビー用品・育児用品の基礎知識
  5. 紫外線、虫よけに!ベビーカー用日よけグッズのおすすめ15選

紫外線、虫よけに!ベビーカー用日よけグッズのおすすめ15選

ぽかぽか陽気の晴れた日は、赤ちゃんをベビーカーに乗せ、一緒にお散歩したくなりますよね。普段は1日のほとんどが室内の赤ちゃんにとって、清々しい空気や光、自然の音など外は良い刺激を与えてくれます。そんな外への外出で心配になるのが紫外線です。赤ちゃんの肌は大人に比べて、皮膚が薄くとても繊細。良からぬ肌トラブルを防ぐためにも、お出かけの際は紫外線から赤ちゃんを守ってあげたいところ。今回は、注目のベビーカー用の日よけグッズを紹介します。

PIXTA

ベビーカー用の日よけグッズは必要?

外出する機会が増えると気になるのが、紫外線。肌がデリケートな赤ちゃんの顔や体にべビー用の日焼け止めクリームを塗ることはもちろん、ベビーカー用の日よけグッズも準備した方が良いのでしょうか。また、どのような日よけグッズを選べば良いのかも悩みますよね。

ママリでもこのような声がありました。

赤ちゃんの日よけについて質問します。

先日生後1ヶ月を迎え、そろそろ短い時間からお散歩デビューを考えています。

助産師さんに、日よけ対策はしっかりね!と言われたのですが、具体的にどうすれば良いのでしょうか?
抱っこ紐の場合は帽子ですか?

わからないことだらけなので、どうされているか教えて下さい!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
ベビーカーの日よけ虫除けカバーを買おうか迷っているのですが、これからの季節あったほうがいいでしょうか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベビーカーには基本的に日よけカバーがついていますが、カバーの大きさや赤ちゃんの体型や角度の兼ね合いで、上半身くらいまでしか覆うことができないケースも。

赤ちゃんと快適にお出かけできるように、肌トラブルの天敵である虫さされや紫外線から守ることができるグッズはどのようなものがあるのか気になるところです。

ベビーカー用日よけグッズの選び方

ベビーカーに赤ちゃんを乗せたときに、顔を直射日光から守るためには、もともとベビーカーに付いているカバーで十分なのですが、肌に刺激を与える紫外線のことは考えると、ベビーカー全体をカバーできる日よけグッズを選ぶと安心です。

赤ちゃんの全身を紫外線から守ってくれるだけではなく、虫や車の排気ガス、ほこりよけにもなるなど、メリットがたくさんあります。

ベビーカー用日よけグッズをタイプ別に選ぼう

ベビーカー PIXTA

ベビーカー用の日よけグッズには大きく3つのタイプに分けられます。それぞれの特徴をピックアップしていきますね。

  • サンシェード・カバータイプ

夏場などの強い日差しや、ベビーカーの日差しが短くて体をしっかりカバーできない場合におすすめのサンシェード・カバータイプ。布にUVカット効果がある商品もあり、ベビーカーの日差しに重ねて装着するだけで、あらゆる方面からの直射日光をしっかりカバーしてくれます。

お手持ちのベビーカーにサイズや形状が合わない場合もあるので、購入前に装着できるかどうかチェックしましょう。

  • 網タイプ

ベビーカー全体をすっぽり覆うことのできる網タイプ。メッシュの細かい網でカバーするので、蚊帳のような役割もあり、虫よけ効果としても。

風通しが良いので、赤ちゃんも熱がこもらず快適に過ごせることも網タイプのメリットです。

ベビーカーから赤ちゃんが出る度に装着し直す必要があるので、スムーズに取り外しできるように初めに練習しておくと良いですよ。

  • ブランケットタイプ

装着も簡単で、ベビーカー以外にチャイルドシートや肌かけとしても活用できるブラケットタイプ。ブランケットは育児のさまざまな場面で重宝するので、ベビーカーを利用する頻度が少ない人にもおすすめです。

UVカット加工がしているブランケットを使用すれば紫外線対策になりますし、肌寒い日には防寒対策としても使用でき1枚あると、とても便利かと思います。

手足や顔はカバーできないたので、ベビーカーの日差しと併用すると安心です。

ベビーカーへの固定方法も確認

ベビーカー PIXTA

日よけグッズをベビーカーに取り付ける方法もさまざま。ベビーカー本体の形状によって、装着できるかどうかも変わってくるので、事前に手持ちのベビーカーに日よけグッズが固定可能か確認しておきましょう。

  • クリップタイプ

日差しの方向に合わせて固定でき、取り外しが簡単なクリップタイプ。使用しない時は、ぱぱっと片付けることができますし、付け外しが面倒でない分ママパパも気軽に使いやすそうです。

  • ゴムタイプ

ベビーカーを複数持っている場合や、サイズが分からないという場合はゴムタイプが便利です。ゴムタイプは伸縮性があるので、サイズが調節しやすく、フィット感がありズレにくいというメリットがあります。

  • 紐で縛り付けるタイプ

クリップタイプより、しっかりべビーカーに固定したい場合はひもタイプを使用するとズレる心配もなく赤ちゃんから紫外線を守ることができますよ。

ベビーカー用日よけグッズのおすすめ商品をタイプ別にチェック

敏感な赤ちゃんの肌を守ってくれる、ベビーカー用日よけグッズ。素材や形状もさまざまで我が子のために、どの日よけグッズにすればいいのか悩みますよね。

手持ちのベビーカーに合うかどうかも気になるところ。さっそく、おすすめ商品をタイプ別に見ていきましょう。

サンシェード・カバータイプのベビーカー用日よけグッズ

強い日差しを防ぎたい場合におすすめの、サンシェード・カバータイプ。ベビーカーに標準で取り付けている日よけが短く少し、物足りないなという方におすすめです。

KATOJI 大きなUV日よけカバー

大きなUV日よけカバー

ひもで結ぶだけで取り付け簡単。大きい日差しのおかげで、赤ちゃんの体をカバーしてくれます。サイドがメッシュになっているので、通気性が良く赤ちゃんも快適。

使わない場合はコンパクトに折り畳むことができるので、マザーズバッグに入れることも可能です。

マニト 12色 ベビーカー・チャイルドシート兼用 サンシェード

12色 ベビーカー・チャイルドシート兼用 サンシェード

12色のカラーから選ぶことができ、お使いのベビーカーとの組み合わせが楽しめるサンシェード。ひも先についているクリップで固定するだけなので、装着も簡単です。フリーサイズなので、ベビーカーやチャイルドシートにもセット可能な点もうれしいですね。

繊維製品で日焼けを防ぐ指数として使われるUPF値も50+。紫外線カット率99%以上という、優れた紫外線カット効果で、赤ちゃんのデリケートな肌を守ってくれますよ。

出典元:

ナポレックス 日よけクリップぱっシェード

日よけ クリップぱっシェード ミニー

瞬時にパッと広がり、収納時はコンパクトに折り畳むことができるサンシェード。ベビーカーや車の中などクリップでどこでも取り付けることができるので、あらゆる場面で大活躍。

ディズニーのミニーちゃん柄がとってもかわいいので使っている時に気分も上がりそうです。

ベビーカーサンシェード

ベビーカー 日よけ サンシェード 折りたたみ バギー ベビー用品 赤ちゃん 便利 日よけカバー メッシュ シンプル ブラック 黒

角度が自由に調節でき、ベビーカーを畳むときもサンシェードをつけたままで良いのでお出かけも楽ちん。99%紫外線をカットしてくれるので、日中の強い日差しの時も安心です。

ひもで固定するだけシンプルな装着方法で、ほとんどのベビーカーに対応可能です。シェードが伸縮性がある素材なので、丸めて小さく畳むこともできるので収納しやすいですよ。

ティーレックス レイフリー フェスタ

ティーレックス  レイフリー フェスタ

赤いドット模様がとてもかわいいサンシェード。サンシェードはカラーが黒のタイプが多いので見た目も華やかでおしゃれです。同じ型の商品で、色は他にも水色なども展開されています。

ベビーカーの幌に取りつけて、強い日差しと紫外線をカット。大きなカバーなので、上からの日差しも、横や前方からの日差しもしっかりガードし赤ちゃんを守ってくれます。

A型・B型どちらのベビーカーでも取り付け可能なので対応できるベビーカーが多いかと思います。

網タイプのベビーカー用日よけグッズ

ベビーカー全体をカバーする場合に便利な網タイプ。虫よけにもなり、使わない時にコンパクトになる点も網タイプの良さです。

マニト  2WAY マジックシェード

マニト  2WAYベビーカー 日よけ+虫よけマジックシェード

サンシェードの真ん中についているファスナー1つで虫よけカバーにもなる2Wayマジックシェード。大型視力保護窓を搭載しているので、ベビーカーでお散歩している時に赤ちゃんもクリアな視界で外の景色が良く見え、にこにこ笑顔。

足元まですっぽり、サンシェードがかぶせることができるので、赤ちゃんが虫に刺される心配もなく、日よけもでき一石二鳥です。

ダイヤ サッと日よけ虫よけカバー

ダイヤ サッと日よけ虫よけカバー

A型・B型どちらのベビーカーにも対応できるサンシェード。紫外線カットも80%以上と安心で、もちろん、虫よけカバーとしても使えます。カバー自体に、子ども用の虫よけスプレーをすると、さらに虫よけ効果もアップ。

かさばらず持ち運びも便利なので、使わない時はカバンにささっとしまえますよ。

ベビーカー用UVカット&防虫ネット

ベビーカー用UVカット&防虫ネット

熱を吸収しにくい白色の柔らかなオーガンジー素材を採用している紫外線カット加工のサンシェード。紫外線に当たると、模様が浮かび上がる仕掛けなので、その模様の濃淡で紫外線の強さが分かるようになっています。

安心の日本製で、汚れたらご家庭の洗濯機で洗えることも忙しいママパパにとってうれしいポイントですね。

日よけ虫よけカバー

 日よけ虫よけカバー

サンシェードにワイヤーが入っており、ベビーカーにつけると立体的になるので閉鎖感がなく赤ちゃんが快適に過ごせます。メッシュが白色なので、ママパパも赤ちゃんも顔が良く見えて安心ですね。

カバーはメッシュタイプで、伸縮性が良いので、ほとんどのベビーカーに取り付け可能です。

ベビーカー日よけ虫よけネット

ベビーカーカバー 日よけ虫よけネット

お花やキャンディ、星などかわいい刺しゅう柄がついている、シンプルながらも個性が光るサンシェード。シンプルなデザインが多いので、刺しゅうが入っているだけで特別感がありますね。

お出かけに便利な収納袋付きなので、片付けもしやすいです。日よけや虫よけ効果はもちろんのこと、風よけにも便利なので1年を通して使えますよ。

ブランケットタイプのベビーカー用日よけグッズ

紫外線の季節は、日よけとして活用でき、寒い季節には肌かけとして幅広く使えるブラケットタイプ。ベビーカー以外にも使うことができるので、子どもが成長しても重宝しそうです。

DORACO FIRST UVブランケット

UVカット ブランケット

コットン100%で優しい肌触りのブランケット。カラーは5色から選ぶことができ、落ち着いた色味でとても上品です。ベビー用POPな色合いに仕上げているものが多いので、センスを感じる1品です。

付属のクリップは取り外しが可能なので、用途に合わせて形を変えることができます。安心の日本製でプレゼントにも喜ばれるようなUVブランケットです。

femme belly ひんやりUVケット

ひんやりUVケット

真夏は外に出るだけでむわッとした熱風やコンクリートの照り返しなど、暑すぎて少しでも体感温度を下げたいという気持ちになりますよね。

こちらのブランケットは、生地がさらっとしており、接触冷感タイプなので触るとひんやりして、ベビーカーに乗っている赤ちゃんも快適。さらにUVカット率も94%なので、日焼け対策にもなります。

クリップでとめ外しできるので、抱っこひもの上から使用したり、車の中のチャイルドシートで活躍したりと幅広く使えますよ。

日本製 UVプロテクトラッシュケット

UVプロテクトラッシュケット

信頼の日本製で簡単に日よけができるラッシュケット。その名の通り、ラッシュガードと同じ生地で作られているので、生地もさらさらして、速乾性に優れています。紫外線カットも高く99%以上ということなので、ママパパも安心ですね。

長時間の屋外の外出や真夏にもぴったりなラッシュケットです。

SOULEIADO ソレイアード UVカットママケープ

SOULEIADO ソレイアード UVカットママケープ

小花柄が上品でママパパの気分も上がりそうな、SOULEIADOの生地のUVカットケープ。見た目だけではなく、UVカット率93.7%としっかり高機能。さらに、接触冷感で触ったときにひんやりとした使用感、吸水性に優れ、毛玉ができにくいといった特徴のある「センターアイランドRUV」素材を使用しています。

フードの取り外しができるので、ベビーカーや抱っこひもなど使い方もいろいろ。日本製で細部までこだわったUVカットケープです。

buddybuddy  UVカット ベビーブランケット

 buddybuddy UVカット ベビーブランケット

通気性の良い薄手で柔らかな素材を使用した春夏向けのベビーケープ。カラーもホワイトべースで星柄やくまさん柄などナチュラルなデザインでとてもかわいいです。

こちらは、抱っこひもの老舗メーカーが作った商品なので、細かな所まで考え使用方法は6通り以上。授乳ケープにまで変身するので、このベビーケープが1枚あるだけでママパパも大助かり。UVカット率90%と真夏のベビーカーでのお散歩も安心です。

生活スタイルに合わせてお気に入りの日よけグッズを見つけよう!

紫外線 赤ちゃん PIXTA

今回はベビーカー用の日よけグッズを15選種類紹介しましたが、気になる物はありましたか。日焼け止めや帽子を嫌がる赤ちゃんも、日よけグッズを使えば、強い紫外線をカットし赤ちゃんの繊細な肌を守ってくれますよ。

それぞれの日よけグッズの良さがあるので子どもに合ったものを選んで、赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

おすすめ記事

「ベビーカー」「日よけ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ベビー用品・育児用品の基礎知識の人気記事