風邪や乾燥から赤ちゃんを守りたい!おすすめの加湿器3選

寒い冬の季節の暖房器具、また暑い夏の冷房器具をつけると、どうしても気になってしまうのが乾燥ですよね。部屋の湿度が下がるとインフルエンザウイルスの活動が活発になり、粘膜が守られないため風邪を引きやすくなります。乾燥を防ぐために部屋の加湿をしましょう。赤ちゃんおすすめ加湿器をご紹介します。

PIXTA

赤ちゃんのための加湿器の重要性

加湿って赤ちゃんにとってどれくらい必要?そんなに重要なの?と、加湿の重要性について具体的には知らないママも実はいるのでは?

そんなママのために、加湿の重要性、必要性について知っておくべき知識とあわせて、おすすめの加湿器についてご紹介いたします。是非参考にご覧になってください。

加湿の重要性とは

新生児 PIXTA

加湿は赤ちゃんにとってとっても重要です。なぜ重要なのでしょうか。大きく分けて3つ挙げられます。

  • 風邪の予防
  • 肌の保湿
  • 粘膜の保湿

寒い冬、暑い夏、エアコン等を使用しているとどうしても部屋が乾燥してしまいまよね。冬はインフルエンザが流行しやすい季節です。湿度を適正に保つことによりウィルスの活動を抑えることができるので予防につながります。

また、赤ちゃんの肌は大変薄く、大人の半分位の薄さといわれているので、加湿器は乾燥肌対策にもなりますし、鼻や喉などの粘膜の乾燥も防いでくれます。

肌が乾燥状態になってしまうと、ホッペや頭皮が粉をふいた様な状態になります。もし掻きむしってしまうと出血を起こし悪化させることもありますよ。

パパやママが朝起きて、少し喉がイガイがする…という時は、赤ちゃんはそれ以上にそうなっているはず!咳やくしゃみの原因となります。

ぐずりがちになったり、夜も寝ぐずり、夜泣きがひどくなったりすることもあります。加湿器を上手に使えばこういったこともなく、快適な1日を過ごせるはずです。

赤ちゃんに最適な湿度って?

湿度 PIXTA

赤ちゃんに最適な湿度とは50%〜60%の湿度です。湿度が40%未満であれば、インフルエンザウイルスが活発になると考えられていますので、特に冬場には注意が必要です。

濡れタオルで保湿する方法をしている家庭もあるかもしれませんが、東京都福祉保健局の調査では濡れタオルでは計算上、わずか約4%しか相対湿度を上げられないことがわかっており、十分な効果は見込めないとされています。できるだけ加湿器を使用しましょう。

出典元:

おすすめの加湿器3選☆

でもやっぱり加湿器が一番効果的な加湿方法です!それでは、加湿についての重要性が分かった所で、おすすめしたい加湿器3点がこちら。

①★オムロン パーソナル保湿機 HSH-100

オムロン 加湿器 パーソナル保湿機 HSH-100

赤ちゃんは寝ていることが多く、まだ活発に動かない間はベッド周辺のみの加湿で十分潤います。コンパクトボディで音も静か。場所をとらないので置き場所に迷う必要なし♪

タイマーがついているので一晩中使っても、窓の結露発生や多湿になることもなく安心して使えます。

  • スチーム式
  • 大きさ:幅 約150×高さ 約277×奥行き 約328mm

②★ダイソン Dyson Hygienic Mist

ダイソン 超音波式加湿器 「dyson hygienic mist」

羽根を使わない独自の技術で、部屋を均一に加湿する優れものです。赤ちゃんにうれしい99.9%のバクテリアを除菌!

最大18時間の長時間連続運転が可能です。

  • 超音波式
  • 大きさ:幅約240×高さ約579×奥行き約222mm

③★アイリスオーヤマ 強力ハイブリッド加湿器SPK-750Z

強力ハイブリッド加湿器 アイリスオーヤマ

除菌機能が高性能で清潔に過ごせます。

日本気象協会と開発した『肌ナビ』機能は、肌への影響が一目見ただけで分かるので、赤ちゃんだけでなくママにも嬉しい機能です。

  • ハイブリット式
  • 大きさ:幅約420×高さ約390×奥行約220mm

乾燥や風邪から赤ちゃんを守るため、加湿器を

クリーム PIXTA

今回は、スチーム式、超音波式、ハイブリッド式の3点をご紹介しました。

赤ちゃんのために適切な温度・湿度で、寒い冬も快適に過ごしたいですね!どの加湿器も長時間の加湿ができ、さらに切タイマーがついてます。水を入れるタンクの大きさは、加湿器によってさまざまで、それぞれに特色があります。部屋の広さや、環境に合わせて選んでみて下さいね。

「赤ちゃん」「加湿器」「おすすめ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧