赤ちゃんの靴のサイズの目安と選び方!サイズアップのタイミングは?

歩き始める頃になると必要になってくる赤ちゃんを購入する際に知っておきたい赤ちゃんの足のサイズや、測り方、目安にすべきサイズはご存知ですか?知っておくと便利なアメリカやヨーロッパなどの海外のサイズ表記についても解説いたします。赤ちゃんサイズアップのタイミングについてもまとめてみました。

PIXTA

赤ちゃんの靴はいつから履かせるの?

立ったらすぐに靴を!と思っているママも多いと思いますが、その時点で靴を用意してしまうといざお外で歩かせようというときに履かせると靴が小さかったなんてことも多いです。赤ちゃんが何にもつかまらずに10歩ほど歩けるようになるタイミングで靴を購入するのがおすすめです。

赤ちゃんは、歩き方もどんどん変化していきます。歩き方に合わせた靴を選んであげることも大切です。裸足に近い感覚で歩ける、足に優しい靴を選んであげると良いでしょう。

初めての靴はどう選ぶ?サイズ選びのポイント!

靴 PIXTA

  • つま先部分が広く、靴の中で指が自由に動くもの
  • かかと周りがしっかりしている
  • 靴底が指の付け根部分でしっかり曲がる
  • 甲の部分が足にフィットしているかどうか
  • 歩き方は不自然ではないか
  • 靴ずれなどができていないか、痛そうにしていないか

初めての靴選びで一番大切なこと、それは実は大人の靴選びでも同じなのですが、まずは赤ちゃんの「足」の特徴を知ることです。現在何センチなのか、足の幅は太めなのか細めなのか。甲の高さは高いのか低いのかなどを知っておきましょう。

一般的につま先に5mmほど余裕のある靴がちょうどよいものとされています。足囲を測り足の幅に合わせたサイズの靴を選ぶことも大切です。

「いい靴」と評判のものでも、それを履く赤ちゃんの足に合わなければ、いい靴とは呼べません。靴ずれなどはとても痛いので、靴を履かせて歩いている様子などを確認しましょう。

ファーストシューズの選び方や注意点、おすすめ14選を紹介

関連記事:

ファーストシューズの選び方や注意点、おすすめ14選を紹介

ファーストシューズとは、その名の通り赤ちゃんが初めて履く靴のことです。…

赤ちゃんの足の平均的なサイズとは?

サイズ表 PIXTA

赤ちゃんの足の骨は未発達なので、きちんと足のサイズに合ったものを選ぶことが重要になってきます。サイズが合ってない靴は大人でも履きづらいですよね。今後の歩き方にも影響を与えるのでサイズ選びは慎重に行いましょう。

赤ちゃんの靴は、できるだけ「これから履く」というタイミングのときに足を測ってぴったりサイズを購入して履かせてあげるようにしたいですね。

赤ちゃんの足のサイズ表

  • 新生児~3ヶ月:8~11㎝
  • 3ヶ月~6ヶ月:9~12㎝
  • 6ヶ月~1歳半:11~13㎝
  • 1歳半~2歳:12~14㎝
  • 2歳~3歳:13~15㎝

靴は同じ表示サイズでも、メーカーやデザインよって大きさが若干違ってきます。また、靴を履く場合は靴下も履かせるので靴下分を含めたサイズを選ぶ必要があります。

上記はあくまで目安サイズになりますので、靴を購入する際は店頭などで必ず足のサイズを計測してもらいましょう。

ヨーロッパの靴のサイズ☆

ベビーシューズ PIXTA

  • 表記が18の場合:日本サイズ11㎝
  • 表記が19の場合:日本サイズ11.5㎝
  • 表記が20の場合:日本サイズ12.5㎝
  • 表記が21の場合:日本サイズ13㎝
  • 表記が22の場合:日本サイズ13.5㎝
  • 表記が23の場合:日本サイズ14.5㎝

ヨーロッパの靴もたくさん可愛いものがあり、最近ではインターネットや子供服の売り場などでもよく目にします。ヨーロッパのサイズ表記を合わせて覚えておくと便利ですね。

靴のサイズ表記は、1サイズの差が0.6cmとなるため、日本のサイズ表記とは若干大きさに違いが生じます。

アメリカの靴のサイズ☆

アメリカ PIXTA

  • 表記が4の場合:日本サイズ12㎝
  • 表記が5の場合:日本サイズ12.5㎝
  • 表記が6の場合:日本サイズ13.5㎝
  • 表記が7の場合:日本サイズ14㎝
  • 表記が8の場合:日本サイズ14.5㎝

アメリカサイズは日本のサイズに比べて少しゆとりがある場合があります。店頭などで直接購入する場合は、赤ちゃんに靴を履かせてサイズの確認をしてあげて下さいね。

海外の靴を購入する時はサイズ表記を確認!

最近は輸入ものなどの靴も増えています。デザインも豊富で、可愛いものが多いので赤ちゃんのうちから海外の靴を履かせるというママも多いと思います^^

海外サイズの場合、注意したいのが0.5㎝ずつのサイズアップの仕方です。変則的なので注意が必要です。また靴によっては0.5㎝の表記が1/2と表記されていることがあります。

国内のサイズ表記と異なりますので購入の際にはきちんとサイズを確かめて購入しましょう。

靴の買い替えのタイミングは?

質問 PIXTA

靴の買い替えのタイミングは、赤ちゃんの足の成長によって違ってくるので判断が難しいですよね。赤ちゃんはまだ骨が軟らかく、足に合わない小さな靴でも履けてしまいますが、足の形に合わない靴は足の発達を阻害する可能性がありますので注意が必要です。

3歳くらいまでの子供は平均で半年に0.5~1cmほど成長すると言われています。できれば3か月に1度ぐらいは足のサイズを計測し足に合った靴に買い替えてあげましょう。

歩き始めのファーストシューズの選び方はどうすればいい?人気ブランドなどのおすすめ商品6選

関連記事:

歩き始めのファーストシューズの選び方はどうすればいい?人気ブランドなどの…

赤ちゃんがよちよちと歩き始めた時、お外で歩くために初めて購入する靴がフ…

赤ちゃんの足の測り方!自宅で計測は可能?

赤ちゃん 足 PIXTA

赤ちゃんはじっとしていることが難しいので、足のサイズをはかるのも大変ですよね。靴屋さんに行くと赤ちゃんの足を計測できるサイズ表がありますのでそちらを使っていただくとスムーズです。

自分で計測するのは不安という方は、靴専門店に「シューフィッター」と呼ばれる方がいますのでシューフィッターの方に計測してもらうと確実です。正しく足のサイズを計測し、足に合った最適な靴を薦めてくれます。

自宅でできる簡単計測方法

足 サイズ PIXTA

どんどん大きく成長する赤ちゃんの足。お店で改めて計測したら「靴の方が足よりも小さい!」と言われてびっくり!ということもあります。

赤ちゃんの靴を扱っているメーカーのサイトに赤ちゃん靴を自宅でも計測できるように足形のサイズの型紙がダウンロードできるようになっています。それをダウンロードして、赤ちゃんが寝ているときなどにサイズチェックしてあげるといいですね!

「靴がきつい」と赤ちゃんが自分で言えるようになるまでは、ママがこまめにチェックしてあげましょう。

ファーストシューズにAttipas(アティパス)がおすすめ!人気商品10選

関連記事:

ファーストシューズにAttipas(アティパス)がおすすめ!人気商品10選

Attipas(アティパス)とは、多くの雑誌やTVなどのメディアで取り上げられ、注…

赤ちゃんの靴は大人以上に慎重に!赤ちゃんに合った靴を選ぼう♪

赤ちゃんの散歩 PIXTA

赤ちゃんは成長が早いので、本当に数か月単位でサイズが変わっていきます。靴は安い買い物ではないので、この間買ったばかりなのにまた買い替え?!と思ってしまうママも多いと思います。

ですが赤ちゃんの靴は、大事な足の成長過程に欠かせないものです。きちんとサイズの合った靴を選ぶことできれいな足の形や正しい歩き方を習得することができます。赤ちゃんの靴は、こまめに買い替えをして足に合った靴を選んであげることが大切です。

「赤ちゃん」「靴」「サイズ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧