1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・ファッション
  4. ベビー用品・育児用品の基礎知識
  5. 赤ちゃんに靴下を履かせるのはいつから?室内ではいらない?靴下を選ぶポイントもご紹介!

赤ちゃんに靴下を履かせるのはいつから?室内ではいらない?靴下を選ぶポイントもご紹介!

赤ちゃんの大事な足を守ってくれる靴下。室内で過ごす時期はあまり気にしていなくても、屋外へのお出かけが増えてくると靴下をどうするのか考えることが出てきますよね。赤ちゃんをはだしにしていると小さな足が寒そうでかわいそうな気がしますが、意外とそうではないようですよ。靴下の選び方のポイントや履かせるタイミングについて覚えておくといいですね。

PIXTA

靴下を履かせる時期はいつから?室内ではいらないの?

ベビー用品店に行くと、赤ちゃん用の靴下が売っているのを見て「いつからはかせたらよいの?」と疑問に思いますよね。肌寒くなる時期は特に、小さな足を触ってみると冷たいときがあるけれど寒くないかどうか、はだしで大丈夫なのか心配になってしまいます。

「ママリ」にも以下のような投稿がありました。

赤ちゃんにはいつから靴下履かせても大丈夫でしょうか??


よく、赤ちゃんは足裏で体温調節してるから、靴下は履かせない方がいい、と見かけるのですが、

冬など、寒くなってきたら履かせてもいいんでしょうか😮😮
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

靴を履いて歩きだしたら靴下を履かせましょう

1歳頃になると、よちよち歩き出す赤ちゃんが増えてきます。バランスを取りながら一生懸命に歩く姿が、パパとママもとってもうれしいですよね。お天気の良い日に近くへ散歩に出かけるような機会も増えてきます。

上手に靴を履いて歩けるようになったら靴下を履かせるひとつのタイミングと言えるでしょう。ファーストシューズと一緒に、好みのかわいい靴下も準備してあげると良いですね。

室内でははだし、寒い外出時のみ履かせるママが多数

抱っこひも 冬 PIXTA

外は寒くなってきたらはかせてますが、家の中は室温を調節して靴下ははかせない方がいいと思います!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちは家では履かせていませんが、外に出るとき最近は外気が冷たくなっているので履かせるようにしています(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
室内では脱がせて裸足でした!
一歳になる今も、たくさんハイハイさせたいのと、滑って怪我したり動きの阻止をしたくないので基本的には履かせるつもりはないです(^ ^)お出かけの時(移動中)ですね♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬の寒い時期でも、家の中は暖房であたたかく過ごせるようにして靴下は履かせないママの声が多くありました。外出時には大人でも手袋をするのと同じように、寒いときには赤ちゃんに靴下を履かせるのが良さそうですね。

赤ちゃんに靴下を履かせるメリット

赤ちゃん 靴 PIXTA

足の裏は、赤ちゃんの発達に必要な刺激を感じることができる大事な部分です。足全体を覆(おお)ってしまうので一見、靴下をはかない方が良いのかな?と思ってしまいますよね。

必要なタイミングを見極めて、大事な赤ちゃんの足を守ってくれる靴下の良いところを上手に使い分けましょう。

足裏の汗を吸収

赤ちゃん足は小さいですが、大人と同じ数の「汗腺」を持っています。そのため、大人と比べると足の面積と比較して汗腺の量が多く密集してしまうので、結果として足の裏に汗をかきやすくなってしまいます。

靴下を履かせることによって汗を吸収してくれるので、足の臭いなどのトラブルを防いでくれますよ。

保温

靴下を履かせることで、足を温める「保温」の効果があります。特に雪の降る寒い季節の外出時には、普段は靴下を履かせていなくても冷えた足を温めてくれる点がメリットですよね。

赤ちゃんは体温調節がとても苦手で暑がりなので、触れてみて足が冷たくても「背中が汗ばんでいないか」「暑くはないか」をよく確認しましょう。

靴擦れやけがの防止

靴下を履かずに靴下を履いていると、足が靴に当たって「靴擦れ」になってしまう可能性があります。大人が靴を履くときと同様、靴下を履かせて赤ちゃんの足を守ってあげましょう。

直接靴に触れないため、歩いたり走ったりした時に起こる摩擦を軽減することができますよ。靴擦れの心配をすることなく思いっきり遊ばせることができますね。

出典元:

プレゼントにもおすすめ!靴下選びのチェックポイント

赤ちゃん 靴下 PIXTA

出産祝いのプレゼントやちょっとした贈り物にもおすすめの靴下は、ママと赤ちゃんのニーズに合わせて選びたいですよね。デザインや素材などが、いろいろとありますが、先輩ママたちは靴下をどのように選んでいるのでしょうか。靴下選びのポイントもしっかりとチェックしておきましょう。

サイズが合っているか

現在6.8kgで9~11cm履かせてますが、うちの子はぴったりですよ😄
サイズ悩みますよね。私も同じことで最近まで悩んでました😅とりあえず1足だけセールで買ってみて、ぴったりだったので同じサイズを追加購入しました👣
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんの身長や体重などの成長はその子によって違ってくるので、もちろん足のサイズや丁度よい靴下のサイズも変わってきます。今丁度良いサイズは、ベビー用品店にある目安のサイズを参考に選ぶこともできますよ。赤ちゃんは足の成長が早いので、新生児用ではすぐにサイズが合わなくなってしまいます。

もし分からない場合は「歩き出す1歳頃に丁度よく履けるサイズ」を選ぶと最もニーズがあるサイズとなりますよ。もし、大きすぎた場合も必要なタイミングで、サイズがちょうどの時にママが履かせてあげることができますね。

素材は季節に合っているか

靴下は直接赤ちゃんのお肌に触れるものなので、素材にもこだわりたいですよね。通年素材の「綿」だと、肌触りがよく吸湿性にも優れていているのでお肌にも優しいですよ。

冬の寒い時期だと綿素材では生地が薄くて寒く感じることもありそうですよね。抱っこひもで靴を履かずに靴下だけで外出する場合などは「パイル素材」を選ぶと、綿に比べて温かいので足を冷やさず安心です。

季節や用途に合わせて、素材を使い分けると良いですね。

出典元:

滑り止め付きのもの

歩き始めた頃の赤ちゃんは歩く時に、上手にバランスが取れず転んでしまうことが良くあります。さらに、靴下を履いていると滑りやすいため、転びやすくなってしまいます。滑り止めがついていると、

そのため、靴下で滑って転んでしまうことが無く安心です。プレゼントとして贈る場合や、靴と一緒に靴下デビューする時には、足の裏部分に滑り止めが付いたタイプを選んでみましょう。

出典元:

必要に応じて赤ちゃんに靴下を履かせましょう

赤ちゃん 靴下 PIXTA

現代は空調設備が整っている場所が多いので、赤ちゃんにとってあまり出番がない靴下ですが、寒い時期の外出時の防寒やけがの防止などの役割も果たしてくれます。

小さくてかわいい赤ちゃんの靴下はたくさん買ってしまいたくなりますよね。チェックポイントを良く確認して上手に使い分けてみてくださいね。

おすすめ記事

「赤ちゃん」「靴下」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ベビー用品・育児用品の基礎知識の人気記事