バンボベビーソファはいつから?価格と魅力をご紹介!

ベビーソファの代名詞、バンボ。名前もとっても可愛いですよね。このバンボソファ、いつから使うの?どんな種類があるの?使い方は?などふと疑問に思う事もあると思います。あの独特な柔らかな質感のベビーソファを最初に作ったバンボ社の紹介と、他にもバンボ社が手がけるたくさんの素敵な商品を紹介します。

PIXTA

バンボ(BUMBO)について

子供を持つ親であれば一度は聞いた事のあるバンボ。その誕生には、とても優しい「想い」がありました。

商品紹介の前に、バンボ社とその秘話をみていきましょう。

バンボ(BUMBO)社

アフリカ PIXTA

バンボ社は南アフリカ共和国の首都プレトリアで最高水準の技術で生産を続けています。様々な人種の人達が働く職場は明るく活気に満ちています。その一方、「ストリートチルドレン」を生まない、を合言葉に、バンボ社の利益の97%はバンボ社のスタッフや工員とその家族は言うまでもなく、地域社会の子供達、働けない人、お年寄を守ることに充てられています。特に子供教育には大きな力がそそがれています。その寄贈金額は2005年以降1000万ドルを超えました。
このようにバンボ社はすべての子供たちが等しく明るい未来に希望を抱けるよう日々社会貢献活動に取り組んでいます。 出典: www.coming-shop.co.jp

BUMBO社はベビー用品を作るだけではなく、社会貢献にも力を入れている企業です。南アフリカ共和国という国の特性上、たくさんの人種の従業員が働いている企業です。

南アフリカの人種比率は、黒人が79%、白人が9.6%、混血が8.9%、アジア系2.5%という外務省のデータがあります。

バンボ(BUMBO)ベビーソファの誕生秘話

バンボソファの誕生のきっかけは、南アフリカに住む1人のおじいちゃんと、その愛娘と孫とのエピソードでした。

きっかけは愛娘の悩み

南アフリカのおじいちゃんが愛娘と孫のために考案したバンボ。

おじいちゃんの娘であるママは「まだおすわりできない、ハイハイで動き回る赤ちゃんをじっとさせておく方法はないかしら」と、おじいちゃんに相談。それを聞いたおじいちゃんが考え出したソファなのです。


試行錯誤の末、これまでにない全く新しい「やわらかいイス」ができました。ゾウのおしりのような形から「バンボ」と呼ばれるようになりました。ヨーロッパやアメリカ、そして日本はもちろんのこと、世界130か国以上の国で愛される商品が完成したのです。

バンボ社のアイテムの特徴

バンボ社の製品の特徴はどういったところなのでしょうか。

ビビッドなカラー

カラフル PIXTA

バンボ社のアイテムの特徴はやはりそのビビッドなカラーではないでしょうか。種類も豊富なのでベビーに一番似合う色を選ぶ楽しみがありますね。

肌触り

そして次にその柔らかさ。触れる肌を優しく包み込むような柔らかな素材は、ベビーソファやブースターシートなど赤ちゃんがじかに座ったり触れたりする商品に使われています。

赤ちゃんが少しぶつかったくらいでは痛くない、もっちりとした肌触りは安心感がありますね。

バンボ(BUMBO)はいつから使えるの?

この大人気のバンボソファ、いつ頃から使用が出来るのでしょうか?

首がすわる頃から使えます

赤ちゃん PIXTA

バンボの適応は、首がすわる頃~14ヵ月まで。適応体重は約10kgまでとなっています。まだずりばいをはじめる前の赤ちゃんでも、首がすわっていれば腰かけさせることができます。股にしっかりとした支えがあるので、はめ込めばずり落ちる心配が少なく、ママも安心ですね。

動きが活発になってくると「脱走」してしまうこともあるので、安心し過ぎて目を離さないように注意しましょう。

バンボはお風呂で使わないで!

お風呂 PIXTA

バンボは、もともと水に濡れても大丈夫という事で、お風呂などで使用するママもいます。しかし、バンボ社としては、お風呂でのバンボの使用をすすめていません。あくまでも室内、または屋外の水のない場所を想定しています。

「水のある場所で使うものではない」という認識を持ち、誤った使い方をしないように注意しましょう。

バンボ社の製品のおすすめをご紹介!

そんな愛にあふれるバンボ社、代表的な製品はご存知の通りベビーソファですが、実はそれ以外にも様々なアイテムを販売しています。

①バンボベビーソファ

バンボ ベビーソファ(バッグ・専用ベルト付き)

対象年齢:首がすわる頃~14ヵ月、適応体重:~約10kg、材質:ポリウレタン、原産国:南アフリカ共和国、サイズ:D37.5cm W37.5cm H24cm、足入れの周囲/約28cm

まずはやっぱりこれをご紹介しなくてはいけませんね。ベビーソファです。

バンボベビーソファは南アフリカの1人の男性によって子育てに奮闘する娘のために考え出されました。ひとりでお座りが出来ないベビーのサポートをしてくれるんです。別売りのトレイを付ければ離乳食の時にも使えて便利です。

ハイハイで動きたい頃のベビーに少しだけじっとしていてほしい時にも重宝すると評判です。

バンボベビーソファの口コミ

うちの娘はバンボ大好きですよー
座らせろと訴えてきますからね

寝てるだけでは飽きるし、かといっていつも膝の上に座らせるのも大変だったので、我が家では重宝してます (*´罒`*)♡
ただ長時間座らせることはないです💦
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子供もバンボが大好きだという口コミも。寝そべっているのと視界が違うので、色々なものが見えるのが楽しいのかもしれませんね。ママも膝にずっと座らせているよりも自由に動くことが出来てうれしいですね。

一方で、長時間は座らせ過ぎないようにしている、という声もありました。

②バンボ(BUMBO)専用プレートレイ

バンボ プレートレイ

バンボベビーソファ専用のトレイです。ソファにきちんと固定され、体重がかかるとより安定します。トレイのカーブは、赤ちゃんのお腹を圧迫しないよう設計されています。

さっと拭くだけで汚れが取れるので、お手入れも簡単。お気に入りのおもちゃや絵本を持って座れば、一気に大人になった気分で赤ちゃんも大喜び。

③バンボ(BUMBO)マルチシート

Bumbo(バンボ) バンボ マルチシート ベビーチェア 子

対象年齢:6ヵ月頃~3歳まで、耐荷重:~15kgまでと、通常のバンボよりも長く使えます。

こちらもバンボ社らしいポップな色合いで素敵です。ふんわりクッションは取り外し可能で、赤ちゃんの腰回りをしっかりサポートしてくれます。お手入れも拭き取るだけなので、汚れてもサッと対応できます。また、全パーツが収納可能で、持ち運びにもとても便利です。

安全を考えた3点座席ベルトで、大人用のイスに固定出来るベルト付。滑り止めも付いているのが嬉しいですね。

マルチシートの口コミ

うちは離乳食に向けていろいろ迷った結果、バンボマルチシートを買いました!
バンボは足のところがせまいので、使える期間が短いと聞きました。
マルチシートは3歳まで使えるのでこちらにしました!
6ヶ月~とありますが、一日5分くらいかな?イスの練習で座らせて遊んでます♪
おすすめです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

通常のバンボは使える期間が短めなことから、マルチシートを選択したという声も。3歳まで使えるのは嬉しいですよね。最初のうちは短時間から座る練習をするのがおすすめです。

④バンボ(BUMBO)ステップ

バンボ ステップ

トイレや洗面所で活躍する子様用ステップです。4ヶ所の大きなふくらみが、子供の体重をしっかりと支えてくれます。

ステップの底全体の素材が滑りにくく、急に動いてしまう元気いっぱいの子供たちも安心♪一日の中で何度も必要な手洗いやうがい☆ステップを使って一人で出来るととても嬉しいものです。

⑤バンボ(BUMBO】トイレトレーナー

バンボ トイレトレーナー おまる

トイレトレーニングをこれから始めるベビーにオススメなのがこのトイレトレーナー。柔らかな素材でおしりをすっぽりと包み、抜群の安定感です。水洗いも可能でいつでも清潔に使用できます。

座ってもヒヤッとしないので、お子様がびっくりする事なく、スムーズにトレーニングを続ける事が出来ます。また、前に滑るのを防ぐストッパーもあり安心です!

表面は水をはじく加工がしてあり、汚れても簡単に洗えいつも清潔に保てます。

トイレトレーナーの口コミ

痛さが気になるなら、バンボの補助便座トイレトレーナーおすすめですよ〜
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

補助便座に座った時に痛みがあると、赤ちゃんもやる気を失ってしまうかも。そんな時にはバンボの補助便座なら、普通のバンボと同じようにふわふわなので、痛みがなくて安心です。

愛にあふれるバンボベビーソファ

笑顔 赤ちゃん PIXTA

バンボベビーソファに座る赤ちゃんってみんなとっても幸せそうな笑顔を見せてくれますよね。今までねんねで低い視界だったのがとたんに高い目線で世界が広がりとっても嬉しそう。そんな赤ちゃんを見るママもきっと幸せそうな顔をしているに違いありません。

たくさんの愛情をこめて作られた柔らかなアイテム達。わが子に、贈り物に、とっても喜んでもらえそうですよね。

楽天で「バンボソファ」をもっと見る!

今話題の記事

「バンボ」「いつから」「価格」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧