私の三人目の妊娠体験談

「もう一人欲しいけど年齢的に無理かな」「子ども達のためにもう一人産んであげたいけど、お金が...」三人目妊娠には悩みが一杯です。しかし、実際に三人を育ててしまえばその悩みは案外ちっぽけなものだったと思うかもしれません。私が三人目妊娠について考えたことを紹介します!

PIXTA

3人目の妊娠を決めたきっかけ

確かに子育ては大変で、毎回手を焼くことも多いです。

しかし赤ちゃんが可愛かったことが強く思い出として刻まれていて、やっぱり3人目も欲しいな、と妊娠に踏み切ることができました!

子育てが一段落、「もう一人欲しいな」と思いました

休憩 PIXTA

私の場合、二人目を30歳過ぎで出産したこともあり、その時には精一杯でとてもとても3人目の妊娠なんてできない、と考えていました。

しかし、下の子が3歳を迎えて一人遊びが出来るようになったり、幼稚園に行くようになったりすると、自分の時間ができて「もう一人欲しいかも」と思うようになりました。

3人目の妊娠・出産で得すること

PIXTA

3人目の妊娠を考えた時に気になるのが、お金の負担についてでしたが、各都道府県には、3人目を出産することで受けられる補助も存在します。

3人目が欲しいけど金銭面が不安…という方は、ぜひ各地の役所などで詳しくチェックしてみるのがおすすめです。以下、私が実際に活用した制度の一部を紹介します。

3歳未満の3人目以降の保育料が免除に

保育園 PIXTA

私が住んでいる自治体では、子供が保育園に入るとき、条件を満たせば3人目以降の保育料が免除になるという制度がありました。

生計を一にする同一世帯で3人以上のお子さんがいる家庭だと、保育所に入所する3歳未満の3人目以降のお子さんの保育料が免除になるというものです。

児童手当の金額が高くなる

金額 PIXTA

児童手当の支給額は、子供が3歳未満だと一律15,000円です。ただ、3歳以上小学校修了までについては、子供の人数で支給額が変わります。第1子、第2子は10,000円ですが、第3子以降は15,000円と金額が上がるのです。

ちなみに中学生の子供に対しては1人あたり10,000円で、子供の人数による金額の違いはありません。

出典元:

3人いると苦労は3倍、ではない

子ども PIXTA

「案ずるより産むが易し」といいますが、妊娠してもいいものだろうか?この子を産んでもいいものだろうか?育てて行けるのだろうか?と、それぞれの場面で悩みはつきものです。

しかし実際に産んで育てると、私の場合はなんとかなってしまうものでした。3人いるから3倍大変!と思われがちですが、実際はそうではありません。3人目が欲しい、と思っている人の参考になればと思います。

「三人目」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧