これが前駆陣痛か!3人目にしてはじめて経験したなんちゃって陣痛!

3人目は予定日より早く生まれる、お産の進みが速い、などの3人目あるある話に翻弄されながらも、自分の感性を信じようと強い気持ちを持とうと言い聞かせていた日々。夫の連休中に産みたい、そんな思いで気付けば前駆陣痛を操る強気妊婦になった気でいました。しかし、結局は赤ちゃんのタイミングに寄り添うことが大事ですね。

PIXTA

経産婦、やっぱり早めに陣痛がきた?

妊娠初期から寝込むほどの体調不良はなく、幼稚園行事二参加したり友人とのランチをしたりと楽しく元気にすごしていた37週。

最初の前駆陣痛は、明日は健診だという37週4日の深夜でした。

腰にズーンという痛みを感じ目が覚め、まさかと思いながらも痛みに集中してみると、ゆっくり10秒ほどの腰の痛みが10~20分おきほどに。3回に1回ほど腰でなく下腹部が生理痛のように痛みおなかも張っていました。

上2人はともに39週で出産していたわたしですが、3人目は予定日よりはやく生まれるという周りの話を気にしていたので、やはり早めに陣痛がきたのかとドキドキ。

でもその夜、夫はまだ単身赴任先、手伝いに来てくれる予定の実母はまだ実家。今夜は困るという一心で腹式呼吸を意識してゆっくり息をはきながら痛みがおさまるよう祈っていると痛みはだんだん遠のき、いつのまにか再び眠っていました。

これがわたしのはじめての前駆陣痛でした。

内診のあとはお産が進みやすい?

陣痛 PIXTA

そんな一夜をすごした翌日、健診で内診を受けたところ子宮口は4cmほど開いているとのこと。

3人目はお産が進みやすいという情報も聞いていたので、もう入院したほうがいいのでは?と思いながらも、夫が1週間後に3連休をとっていることもあり、なんとか1週間はもたせたい気持ちで、内診後はしばらく病院でゆっくりし寄り道せずに静かに帰りましたが、その夜再び前日と同じく下腹部の痛みとおなかの張りが10~20分おきほどに。

間隔がだんだん短くなるというよりは12分だったり18分だったりとばらばらで、痛みも動けないほどではなかったのでこれはまたおさまると信じ腹式呼吸でゆっくり息を吐きながら時を過ごし痛みが遠のいていきまいた。これがおそらく2度目の前駆陣痛。

おなかの子はいつ生まれてもいい状態だからと産科の先生にはたくさん動くように言われましたが、なんとか夫の休みまでは待ちたいと、ここから1週間は自宅でとにかく安静に努めていたおかげかその間前駆陣痛は感じませんでした。

長男のときは夫の休日の早朝に破水から始まり、朝入院して1日中病院内を歩きその日の夜出産。

次男のときは翌日生まれなければ入院して促進剤をという言葉に焦り、自宅で1日中踏み台昇降やバランスボールで体を動かしその日の夜に夫が帰宅してから陣痛がきて病院へ行き出産。

そんな経験から、今回も夫のいるタイミングで産める、いざとなれば陣痛のおこし方はなんとなくわかっている、というような気持ちでいました。

結局はおなかの赤ちゃんのタイミング

出産 PIXTA

週末がやってきて夫の3連休がはじまりました。

ちょうど38週から39週に入るところでした。

さぁ、いつでも産めるぞと安心しながら家族で出かけたり、たくさん歩いたり体を動かす事に努めました。実家の母もスタンバイ完了。

ところがどういうわけか、おなかの張りもなく痛みもなく、連休2日目には、おなかが重いことと思い通りに陣痛が来ない焦りで体も気持ちも疲れ始めました。

そして連休3日目は焦りで苛立ち、家族とはなれ自宅でひとり踏み台昇降をひたすらしていました。それでも陣痛は始まらず、翌日には夫が赴任先へ戻らねばいけなく、焦りと不安で夜には涙がこぼれてきてしまうほど。

そして早朝、弱いけれどなんとなく腰の痛みが始まりました。これはなんとか陣痛につなげたいと願いながら踏み台昇降をしていると、股から液体が出るのを感じました。

下着を替えたほうがいいかなという程度で長男のときに経験していた「破水」だとかんじ、痛みの間隔も確認したところ15分、18分、14分、と不定期であるもののなんとなくもうすぐ始まるんだなと確信をもって病院へ電話。


このまま入院するというつもりで夫とともに外来へ行ったところ、「破水」と思ったものはそうではなく子宮口は6cmくらいとのことでいったん帰宅することに。

これが3度目の前駆陣痛でした。

あと2日くらいだろうか、それとも予定日どおりあと1週間後かと、もう夫の休みを延ばすことはできなかったので、立い会いがなくとも頑張って産もう!と宣言し夫を見送りました。

実家から母が来てくれていたので、励まされながらランチをして、おそらくあと2日くらいは出てこないだろうねといつもより遠いスーパーへ食材を買いに行きました。

そのスーパーでおなかが冷えたときのような痛みをかんじトイレに行きたくなりましたが我慢。しかしその後、帰り道にときどき立ち止まらずにはいられないほどの痛みを腹部全体に感じるようになり、自宅に着く頃にはぴったり15分おきに痛みがありました。

こどもの幼稚園お迎えを母に頼み、病院へ連絡後、事前に登録していた陣痛タクシーで病院へ。

病院到着後外来で診察を受け「破水」も確認され4~5時間後には赤ちゃんに会えそうだねと言われましたが、陣痛はどんどん進み、外来受診の1時間半後に無事第3子が産まれました。

夫が駆けつける間もないほどで立ち会いできませんでしたが、病院のたくさんのスタッフさんに応援されながらの出産はなかなか心強いものでした。これまでのわたしの焦りを感じていたかはわかりませんが、元気に産声を上げたほかほかの赤ちゃんはちゃんと自分のタイミングでがんばってくれたんだなと、とても愛おしく感じた瞬間でした。

「前駆陣痛」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧