赤ちゃんのいたずら防止!危険から赤ちゃんを守るには?おすすめのお役立ち便利グッズ5選

今までは寝ているだけだった赤ちゃんも、ハイハイが始まると行動範囲が増え、ますます目が離せなくなるようになります。見るものすべてが新鮮で、いろいろな物に手を出そうとするので家の中には危険がいっぱい。ハッと気付いた時にはケガをしてたなんてことも。そうならないためにも、事前に赤ちゃんを危険から守る対策をしておきましょう!

PIXTA

赤ちゃんにとって見えるものは全ておもちゃ!家の中には危険がいっぱいです

今までは寝ているだけだった赤ちゃんも、ハイハイやタッチが始まると行動範囲が広がっていろいろなものに興味がでてきます。赤ちゃんにとって目に見えるものは全ておもちゃ。

「そんなものも!?」と思うような物にも目をキラキラさせて触りに行くので、ママは片時も目が離せませんよね。しかもまだしっかり動けないので、ちょっと離れたすきに転倒してテーブルに頭をぶつけてしまったこともありました。

家の中は赤ちゃんにとって危険がいっぱい。事前に危険を回避する工夫をして、赤ちゃんが安全に過ごせる環境づくりをすることが大切ですね。

キッチン

キッチン PIXTA

家の中でも特に事故がおこりやすい危ない場所。家事をしている間の不注意が原因のことが多いので、ベビーサークルや柵などをしてキッチンに入れないのがベストですが、家の構造によっては難しい場合もありますよね。

対策

  • 炊飯器、やかん、包丁などは手の届かないところに置く
  • ケトル、電子レンジなどのコードは引っ張られないようにする
  • 冷蔵庫、食器棚など開けてほしくない場所にはストッパーをつける、など

お風呂場・トイレ

お風呂場 PIXTA

ママを探しにお風呂場に行って浴槽を覗いたときに落ちたり、ママが髪などを洗っていて目を離した隙に滑って溺れたり、という事故が多いお風呂場。滑りやすいので転倒にも注意が必要です。

また、洗面台には洗剤などを置くことが多く、誤飲にも気をつけなければいけません。

対策

  • 滑り止めマットを敷く
  • 入浴時以外は浴槽の蓋を閉める
  • トイレの蓋は閉める
  • 洗剤類は手の届かないところに置く、など

リビング

赤ちゃん いたずら PIXTA

多くの赤ちゃんとママが一日の大半を過ごす場所。ついついテーブルに出しっぱなしにしていた飲み物やたばこ、化粧品なども赤ちゃんにとってはいじりたくなってしまうおもちゃ。

コンセントも赤ちゃんが興味を持ちやすいものなので、舐めた手でいじって感電しないように気をつけましょう。たっちが始まると転んで頭をぶつけることも。リビングにはテーブルやテレビ台、棚など角があるものが多いのでヒヤヒヤしますよね。

対策

  • 口に入れそうな物は手の届かない場所に置く
  • コンセントカバーをつける
  • テーブルやテレビ台などの角をなくす工夫をする、など

赤ちゃんを危険から守るおすすめグッズ

赤ちゃんがケガをするのは本当に一瞬の出来事。そうならないためにも事前に対策することが大切です!

今回は、我が家でも実際に使っている危険回避グッズをご紹介します。

差し込み口から赤ちゃんを守る!コンセントキャップ

ローヤル ベビーロディ コンセントキャップ

カラフルなロディのコンセントキャップ。見た目もかわいいので、インテリアのちょっとしたアクセントにもなります。差し込むとき少し固めですが、赤ちゃんが取り外せないためには動きにくいものがよいですよね。

コンセントは赤ちゃんが興味を持つケースがある場所です。差し込み口に指を入れたがるので本当に危険です。差し込み口を隠すタイプ、コンセント自体を覆うタイプといろいろな物があるので、家のコンセントに合う物を見つけてくださいね。

扉のストッパーがあればママも安心

ベビーガード はがせる多目的ストッパー(2コ入)

開けて欲しくない引き出し、開き戸などに使えるストッパー。ダブルロックなので赤ちゃんのイタズラからしっかり守ってくれます。

長さ調節も可能なのでいろいろな場所に対応できますよ。

冷蔵庫や洗面台の下の棚にしまってある物を全部出して遊ぶのが好きだった我が子。たまに手を挟んで大泣きすることも。

これを使ってからは体重をかけて思いっきり引っ張っても開かないので助かっています。

ハイハイする時期や後追いが始まったらベビーサークルが便利

ミュージカルキッズランドDX+拡張パネル2枚セット

カラフルなベビーサークル。パネルには赤ちゃんが興味をひくような仕掛けがたくさん。ママの料理中やトイレに行きたいときなど、ちょっと目を離さなくてはいけない時などに便利です。

パネルは取り外し可能なので部屋の大きさに合わせて使えます。

ハイハイの時期は後追いをする子も多いですよね。ちょっと目を離したすきにイタズラをしているということも多いので、ベビーサークルの中で遊ばせておくことができるとママも安心ですよね。

部屋のタイプによっては、入ってはいけない場所に行く通路に、柵をつけるのもおすすめです。

ドアの開け閉めでうっかり…となる前に指はさみ防止

フィンガーアラート

ドアに指を挟む事故からガードしてくれます。透明なのでどんな色のドアにも合うのが嬉しいところ。

粘着テープが強いので開け閉めしてもはがれず使いやすいですよ。

小さいうちは自分では開けられないので思いっきりドアに指を挟むことはないかもしれませんが、歩けるくらいになるとドアの開け閉めにも興味を持ちだし勝手に遊ぶようになります。

いつの間にかできるようになっているので早めに対策をしておきましょう。

転んでぶつかった時の衝撃を防いでくれるコーナークッション

コーナークッション アニマル (2個入り)

テーブルやタンス、テレビ台などの角につけて転んだときなどに頭をぶつけるのを防止。動物がテーブルにかぶりついているようで、かわいくて癒されます。

わが子も興味津々のようで、指でつんつんしながらニコニコ見ています。

タッチが始まった頃は本当によく転ぶので、コーナークッションをつけておいてよかったと思うことが何度もありました。転倒防止にはフロアマットを敷いておくのもよいですね。

イタズラ防止をすることでママの心にゆとりが生まれます

ママ 家事 PIXTA

赤ちゃんを危険から守るためにイタズラ防止をするのはもちろんですが、それをしておくことで安心感ができるのでママにもゆとりができます。

「危なくて常に目を離せない!」という緊張した状態が続くとママも辛いですよね。家事をしている間など、少し対策をしておくだけで気持ちの余裕が違いますよ。イタズラ防止グッズをうまく活用して毎日の大変な育児を乗り切りましょう!

「赤ちゃん」「いたずら」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧