お弁当の隙間って何を入れたらいいの?子供におすすめの人気おかずレシピ13選

子供のお弁当作りって毎日大変ですよね。それに小さなお弁当箱に詰めるのもひと苦労。おかずを入れたあとで「ちょっと空いた隙間が埋まらない!」と悩むママもいらっしゃるのではないでしょうか?そんなママ達の悩みを解決するべく、“お弁当のちょっとした隙間にはこのおかずを詰めればOK!”な隙間おかずレシピを13個ご紹介していきます。

PIXTA

子供が喜ぶ!隙間おかずレシピ15選

「お弁当にスキマが出来るのが困る…でも、このスキマに何を入れよう?」子供のお弁当作りで悩んでいるママにおすすめしたい、簡単で子供が喜ぶスキマおかずのレシピをご紹介していきます。

明日からのお弁当作りに活用してみてはいかがでしょうか?

1.エノキと胡瓜の中華和え

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・えのき(根を落とし半分に切る):100g
・きゅうり(千切り):100g
・カニカマ(さいておく):4本
・醤油:大さじ2
・酢:大さじ1
・はちみつ(砂糖適量でも可):大さじ1
・ごま油:小さじ1
・白いりごま:大さじ1

作り方

1.えのきを電子レンジにかける(目安:500w1~1.5分)
2.材料をすべて入れて和えたら完成

材料を切ってすべて混ぜるだけのとても簡単な隙間おかずです。お弁当を作り終えてなんだかスキマがある...なんて時におすすめです。

また赤や緑の色が足りないというときにも助かる一品ですよね。調味料を混ぜ合わせた中華ドレッシングは多めに作っておくとサラダなどに使うことができて便利そうですね。

詳しいレシピはこちら

2.ベーコーンバター

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・コーン缶:100g
・ハーフベーコン(短冊切り):40g
・バター:10g
・醤油:小さじ1/2
・塩、こしょう:適量

作り方

1.熱したフライパンでベーコンをカリカリに炒める
2.ベーコンを横によせてバターとコーンを入れて炒める
3.味を見ながら、醤油・塩・こしょうで味を調え完成

カリッとしたベーコンと甘みのあるコーンの愛称が抜群のこちらの隙間おかず。お弁当の隙間に入れてもよし、朝食の付け合わせにも良し。

お弁当用に多く作りすぎてもそのまま朝食に出してしまうのも良いですね!

詳しいレシピはこちら

3. ウインナーのはんぺん磯部巻き

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(2人分)

・はんぺん(小):1枚(60g)
・ウインナー:4本(80g)
・焼きのり:1枚

作り方

1.はんぺんの厚さを半分に切り2枚にする
2.包丁で5~6㎜幅位で軽く切れ目を入れる
3.ウインナーの端を切り落として平らにし2本合わせるようにのせる
4.切り目を外側にして、ウインナーをのせクルッと巻き、余ったはんぺんは切り落とす
5.はんぺんの幅に合わせて切った焼きのりでさらに巻く
6.長すぎる海苔は巻き終わりが少し重なる位の所で切る
7.巻き終わりを、指でスッとなぞるように水をつけて、開かないようにくっつけて固定
8.2~3分放置し、形がなじんだら食べやすい大きさに切る
9.薄く油を熱したフライパンで、両面を軽くこげめがつくまで焼いたら出来上がり

見た目がかわいく隙間を簡単にできる一品。子供は嫌いなものでも見た目がかわいかったり、興味を引くものだったりすると思わず食べてくれるかもしれないですね。

ウインナーを魚肉ソーセージで代用してみるのもおすすめです。

詳しいレシピはこちら

4.じゃがコンソメ

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・じゃが芋(乱切り):400g
・コンソメキューブ(くずしておく):2個(顆粒なら小さじ2)
・青のり:適量

作り方

1.じゃが芋は、乱切り
2.沸騰したお湯に塩を入れ①のじゃが芋を茹でる
3.竹串をさしてスッと刺さればOK!湯を捨て、さらに火にかけ水分を飛ばす
4.ビニール袋に③のじゃが芋とコンソメ・青のりを入れる
5.シャカシャカよくふったら完成

あっという間に作れるじゃがコンソメは忙しい合間にお子さんにも手伝ってもらえるかもしれないですね。

コンソメと青のりを袋に入れて、ジャガイモを投入したらシャカシャカふるだけ。ちょっとこれシャカシャカしておいて~といえば喜んでやってくれそうですよね。

詳しいレシピはこちら

5.かまぼこちょうちょ

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(2個分)

・板かまぼこ:1㎝弱

作り方

1.3~4㎜位の幅で切込みを入れる
2.さらに3~4㎜幅で、板まで完全に切る
3.板のぎりぎりのところに包丁を横にして入れ、かまぼこを切り離す
4.切り離したかまぼこ(下だけつながり2枚が1つになっています)を半分に切り上下に切り込みを入れる
5.4を開き切り込みで出来た穴に差し込むように入れて固定するとちょうちょの出来上がり

かまぼこをちょうちょにあしらった簡単なお弁当飾り!お弁当箱を開けた子供の歓声が今にも聞こえそうですよね。一度作ってしまえば簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

詳しいレシピはこちら

6.ハムチーズフラワー

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(2個分)

・ハム:4枚(1枚10g)
・さけるチーズ:1本(25g)
・焼きのり(1.5㎝幅で長く切る):適量
・大葉:2枚

作り方

1.チーズを半分に切り、両サイドを軽く切り落とす(ほぼ四角形になればOK)
2.上から2㎝位、さく
3.ハムを半分に折ります。(お花1個につきハム2枚使用)
4.7㎜位の幅で、半分に折ったハムの輪になった方から、2㎝位切込みを入れる
5.4に2のチーズをのせ端からクルクル巻く
6.巻き終わったらもう1枚のハムの端にのせクルクル巻く
7.大葉を1枚はっぱに見立てて6に添え、細長く切った焼きのりで巻き固定、余分なチーズと大葉を切り落としたら完成

女の子受けしそうな隙間おかず。お弁当の隙間に入れるだけでパッと華やかになりそうですよね。お弁当だけではなく、ホームパーティの時にもおすすめですね。

形を確認しながら作っていくときれいなお花の形になりそうですね!

詳しいレシピはこちら

7.魚肉チーズの磯部巻き

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(2本分)

・魚肉ソーセージ:2本
・スライスチーズ:4枚
・焼きのり:2枚

作り方

1.焼きのりにチーズ2枚をのせ、余分な海苔を切っておく
2.海苔の奥側一直線に、指でスッと水でぬらしくっつきやすくする
3.魚肉ソーセージを芯にするようにクルッと巻く
4.巻き終わりを下にし、10分ほど放置し形をなじませる
5.切り方や、トッピング、ピンチョスで工夫をし、色々楽しい1品に!

魚肉ソーセージを使った見た目もかわいい隙間おかず。切り方やトッピングはお子様の好みにしてあげるだけでOKです。火も使わずあっという間に完成ですよ。

詳しいレシピはこちら

8.黄身マヨゆで卵

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4個分)

・卵(常温に戻し20分):4個
・ピーマン(みじん切り):1/4個
・マヨネーズ:大さじ2
・塩、ブラックペッパー(こしょう):適量
・黒いりごま(トッピング用):適量

作り方

1.鍋に水を沸騰させ、常温に戻した生卵を入れ、時々箸で転がしながら中火で13分茹でる
2.ピーマンは、電子レンジで加熱(600w30秒)
3.1を火からおろして流水で一気に冷やす
4.殻をむき、半分に切り黄身を取り出す
5.ボウルに2のピーマンと、4の黄身、マヨネーズを入れ、黄身をつぶすように混ぜ合わせる
6.味を見ながら、塩・ブラックペッパー(こしょうでも可)を入れ混ぜ合わせておく
7.白身に5の混ぜた黄身をスプーンなどで戻し入れ、形をととのえ、黒ゴマをふり出来上がり!

ゆで卵にひと手間加えただけで簡単におしゃれな隙間おかずに。具材のピーマンは違う材料でも代替え可能です。ハムや魚肉ソーセージをみじん切りにして入れてみるのも、また見た目に変化があり良さそうです。

スプーンにのせてお皿に並べれば、おしゃれなオードブルとしても活躍しそうですね。

詳しいレシピはこちら

9.ほうれん草の胡麻和え

ほうれん草の胡麻和え 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・ほうれん草(ざく切り):1袋(200g)
・人参(千切り):40g 
・めんつゆ(醤油適量でも可):大さじ1.5
・はちみつ(砂糖適量でも可):大さじ1.5
・白すりごま:大さじ2
・白いりごま:大さじ1

1.ほうれん草と人参を一緒に耐熱皿に入れ電子レンジで加熱 (600w5分)
2.1以外の調味料を合わせておき、水切りした1に混ぜ合わせたら出来上がり

夕飯の副菜にもお弁当にも最適で作り置きしておきたい一品です。しかもとっても簡単、時短でできてしまうのでぜひ試してみていただきたいです。

電子レンジで加熱して混ぜるだけなので朝のお弁当作りの隙間おかずとしても簡単にできますよ。

詳しいレシピはこちら

10.フライドポテト・コンソメ味

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・新じゃが:400g(3~4個)
・揚げ油:適量
・コンソメキューブ(くだいておく):1~2個
・青のり:小さじ1

作り方

1.きれいに洗ったじゃが芋は皮ごと切り、半分に切って4等分してキッチンペパーにくるみ水分をとる
2.油を熱したフライパンで揚げ焼きする
3.時々ひっくり返しながらこんがり焦げ目がつき、竹串がスッとささればOK
4.キッチンペーパーなどで軽く油切り
5.コンソメキューブは砕いておく
6.ビニール袋に4のじゃが芋と、5のコンソメ、青のりを入れシャカシャカよ~くふり完成

子供たちが喜びそうな隙間おかず。フライドポテト好きなお子様いらっしゃいますよね。今回はコンソメ味ですが、塩味、カレー味などいろんな味のフライドポテトにできそうですね。

ぜひお子様の好みの味で作ってみてください。運動会などのお弁当にもおすすめですよ。

詳しいレシピはこちら

11.キャベツとコーンの塩こんぶ和え

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・きゃべつ(太め千切り):200g
・塩こんぶ(ふじっこ使用):10g
・コーン缶:40g★
・ハム(3等分にして千切り):4枚(40g)★
・白いりごま:大さじ1★
・マヨネーズ:大さじ1★
・ごま油:小さじ1★
・こしょう:少々★

作り方

1.電子レンジで加熱したしたキャベツ(600w5分)に、塩こんぶを混ぜる
2.★を全部加え、さらに混ぜる
3.塩こんぶがしっとりし味がなじんだら、出来上がり!

切って混ぜて置いておくだけの簡単レシピ。キャベツが余ってしまったときにはおすすめです。おにぎりの具にしてみるのもおすすめみたいです。

メインディッシュの付け合わせにも良いですよね!

詳しいレシピはこちら

12.コロコロ新じゃがとアスパラのバターコンソメ炒め

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(4人分)

・新じゃが(皮をきれいに洗いサイコロ状にカット):400g(4ヶ)
・アスパラ:150g
・バター:10g+10g
・コンソメキューブ:1ヶ
・にんにくチューブ:2㎝
・塩、こしょう:適量

1.新じゃがの皮をきれいに洗いサイコロカット、アスパラは根元を切落とし、穂先は5~6㎝長さでカットし、茎は斜めスライス。
2.フライパンにバター(10g)を熱し、新じゃがを入れ炒める
3.新じゃがに、少し芯が残る硬さのところで、アスパラの茎を入れさらに炒める
4.アスパラがしんなりしてきたら、アスパラの穂先と残りの材料を入れさらに炒める
5.アスパラの穂先がやわらかくなり、全体に味が馴染んだら火を止め、残りのバターを絡め、塩・こしょうで味を調えて出来上がり!

お弁当の隙間をうまーく生かしてくれそうな一品です。旬な食材をうまく使ったレシピです。コロッとしたじゃがいもを入れて飾りにアスパラ添えてあげることで、お弁当の隙間空間を上品に埋めてくれそうですね。

詳しいレシピはこちら

13.さつま芋フライドポテト

隙間おかず 画像:ameblo.jp

材料(2人分)

・さつま芋:1本(150g)(フライドポテトのような細切り)
・揚げ油:適量
・塩:小さじ1

作り方

1.フライパンに油を熱しさつま芋入れ5~6分揚げ焼き
2.1をザルに入れ塩を全体にまぶして完成

じゃがいもの代わりにサツマイモでフライドポテト。甘いサツマイモに塩味、子供から大人までやみつきになること間違いなしの隙間おかずレシピ。

お子さんの芋ほり遠足などで、サツマイモが余っているという方におすすめです。おやつとしてもおかずとしてもおすすめです。

詳しいレシピはこちら

冷凍で日持ちする!弁当にだってOK!作り置きおかず13選

関連記事:

冷凍で日持ちする!弁当にだってOK!作り置きおかず13選

1日3食、食べ盛りの子供のご飯をつくるのは大変です。そんなママは必見です…

スキマおかずで、簡単カワイイお弁当作りを!

お弁当 PIXTA

お子様が喜ぶ、お弁当の隙間におすすめな簡単レシピを13個ご紹介しましたがいかがでしたか?

手の込んだような見た目とは違って、意外と簡単に作れるものばかりでしたね!キャラ弁は時間がかかりそうだしハードルが高いけれど、子供が喜ぶようなお弁当を作ってあげたいママにピッタリです。

今回ご紹介したようなスキマおかずのレシピなら、気軽に明日からのお弁当作りに取り入れられそうですね!

毎日のお弁当作りは大変ですが、子供にとってお弁当はママの愛情を感じる特別なもの。

子供が喜ぶ隙間おかずで、ママも肩の力を抜いてお弁当作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今話題の記事

「お弁当」「隙間」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧