机とベッド一体型の子供向けシステムベッドデスク15選

ベッドと学習机、本棚などが一体化したシステムベッドデスクにはとても便利な機能がたくさん備わっているのを皆さんはご存じでしょうか?お子さんの好奇心をくすぐるデザインは、まるで秘密基地のよう。一見、同じに見えるシステムベッドデスクですが、各メーカーやブランド、モデルでも様々な特徴や機能、デザインがあります。数ある種類の中で、どんなものを選べば良いか迷う方の為に、今回はおすすめのシステムベッドデスクをご紹介いたします。

システムベッドデスクのメリット

システムベッドデスクは秘密基地のようなデザインで子供の心をわくわくさせますよね。ただ単に子供の好奇心をくすぐるだけではなく、様々な要素が隠されているのです。

  • スペースの有効活用ができる
  • パーソナルスペースが確保できる
  • 成長に合わせてレイアウトが変えられる

システムベッドデスクは、ベッド下のスペースに机や棚を設置することでお部屋のスペースの有効活用ができます。個々に家具を置くよりもコンパクトに使用できるのでスペースの節約になるのは魅力的ですよね。

子供が多い家庭では、1人部屋を持つのはなかなか難しく、荷物が多くなり部屋が狭くなってしまうこともありますよね。そんとき時にはシステムベッドデスクを活用すると、子供それぞれの荷物を収納するスペースが確保でき、1人部屋とまではいかないまでも、自分のスペースを確保できます。

また生活にあったレイアウトの変更や成長に合わせた使い方がきるので、長く使っていただけると思います。

出典元:

机とベッドが一体になったシステムベッドデスクのおすすめ15選

小学生 日本人

システムベッドデスクを長く使おうと思って購入するという方もいることでしょう。

長く使うものだからこそ、安全な素材や作りとなっているかどうかしっかり見極めたうえで、子供に合ったシステムベッドデスクを選びましょう。おすすめの商品を15個紹介します!

学習机の購入時期はいつがいい?選び方とおすすめ商品14選

関連記事:

学習机の購入時期はいつがいい?選び方とおすすめ商品14選

学習机はいつ、どんなものを購入するのが良いのでしょうか。子供の希望や部…

1.省スペースから広々スペースまで使い方いろいろ

システムベッド Leaf(リーフ)

2.角に丸みをつけた安心デザイン

システムベッド Shelm4(シェルム4)

3.大容量収納!階段付き多機能5点セット

システムベッド STEPBASE(ステップベース)

4.オリジナルの自由空間が楽しめる

システムベッド Chambre(シャンブル)

5.広々階段で安定感抜群

システムベッド 階段付き

6.毎年人気!ニトリのオリジナル商品

システムベッド デニッシュ ニトリ

7.ハイタイプ ロフトベッド Peep(ピープ)

ハイタイプ ロフトベッド Peep(ピープ)

8.ナチュラルな天然木で心地良いお部屋に

天然木システムベッド KURA

9.システムベッド+デスク(デニッシュS LBR/WH)

システムベッド+デスク(デニッシュS LBR/WH)

10.日本製だからこその安心とデザイン

システムベッド Brook(ブルック)

11.お部屋を明るくするカラフルデザイン

システムベッド E-ko

12.多彩なバリエーションでお部屋のレイアウトをチェンジ

システムベッド バリアント

13.ベッド下の空間がお気に入りのパーソナルスペースに

システムベッド コイズミ ビルトコンポ 

14.朝の準備が楽々に

システムベッド ITOKI(イトーキ) KIDSNEST(キッズネスト)

15.LEDアームライトで手元を明るく

コンポ ミドルベッド

楽しさとワクワクがつまったシステムベッドデスク

学習 日本人

いかがでしたでしょうか?システムベッドデスクは見た目は似たようなものでも、細部にメーカーごとのこだわりが垣間見えます。好きなブランドやメーカーのものという理由だけではなく、しっかりした作りになっているかどうかといった視点で、ご家庭にあったものを選ぶと良いと思います。

ロフトベッドは秘密基地のようで、あこがれる子供もいそうです。お部屋に自分だけの秘密基地ができたら毎日ワクワクして楽しくなっちゃいますね。

毎日使うものですから、子供にとってもママにとっても快適で使いやすく居心地の良いお部屋ですごしたいですよね。システムベッドデスクはそんな空間を1つにまとめてくれるアイテムです。

子供と一緒に楽しさとワクワクのつまったお部屋作りをしてみてはいかがでしょうか。

楽天で「システムベッドデスク」をもっと見る!

おすすめ記事

「机」「ベッド」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧