先輩ママに聞く!クーファンって必要ですか?

クーファンとは、赤ちゃんを寝かせるためのグッズです。最近はバウンサーやスイングラックなどで代用している人も多いようです。どのような種類があるのか?実際に使ったママの感想などについてまとめてみました。購入を迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

PIXTA

そもそもクーファンとは何?

クーファンとは、赤ちゃんを寝かせておけるかごのようなものです。大きめの籐かごにクッションを敷き詰めたものをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

最近は広げるとおむつ替えシートやプレイマットになり、長期間使えるようになっているものもあります。価格は、3,000~10,000円前後と幅広い商品が販売されています。好みの生地を買ってきて手作りする方もいるようです。

クーファンの種類

クーファンには様々な種類があります!

①かごタイプ

Ficelle フィセル かごのクーファン+バンパーセット

レトロな印象のかごタイプです。大きめの籐かごに薄いクッションが敷き詰められています。

赤ちゃんが大きくなってからは、おもちゃ入れにしたりインテリアとして飾っておくこともできます。

コンパクトなベビーベッドのようになっています。折りたたんで持ち運びができるので、帰省や旅行にも持っていけますね。

②5wayタイプ

広げるとプレイマットやおむつ替えシート等に利用できるタイプです。折りたたんで持ち運びもできるので、帰省やちょっとした旅行にも持っていけますね。

③ハンドメイド

裁縫 PIXTA

好きな生地やサイズで作れるのが、ハンドメイドのいいところです。おくるみや手作りおもちゃなどとおそろいにしてもカワイイですね!ママのセンスが光ります。

クーファンの便利な使い方

赤ちゃんを目の届くところにちょっと寝かせておきたい、という時に重宝します。バウンサーやスイングラックよりも軽いので、持ち運びが楽にできるのが利点です。新生児から、寝返りを始めるくらいまで使用できるようです。

ママの体験談

お風呂 タオル PIXTA

1人でお風呂に入れるときに、オムツ1枚にしてタオルでくるんでクーファンで待たせておきます。入る準備が出来たら、くるんでいたタオルは洗濯に、その下にはきれいなバスタオルを敷いておき、お風呂から上がるときがそこに赤ちゃんを置いている間に、ママはバスローブを着て、それから赤ちゃんをクーファンごと部屋まで運びオムツをしたりパジャマを着せたりしました。
ハイハイするまでお風呂のときは使っていました。 出典: okwave.jp

私自身はスイングラックを脱衣所に無理やり置いて使っていましたが、狭い脱衣所ではなかなか大変でした。これはいいですね!

昼間赤ちゃんをリビングで寝かせておく時にソファだと目が離せないし、布団をひくのは邪魔だしクーファンがあれば小さいベッドみたいなものなのでリビングで安心して寝かせておけます。
親戚のうちにいくときや、友人のうちに行く際にもっていくと自分もずっと抱っこしていなくていいし周りの人に気をつかわせないのでとても便利だと思います。 出典: minna-no-blog.hatenablog.com

赤ちゃんがいない家にお邪魔するとき、お相手の方は「赤ちゃんはどうしよう・・・」と気を使うかもしれません。そういった時にサッとクーファンを出せると、スマートですね。

クーファンはママの「ちょっと」を助けてくれる

赤ちゃん 睡眠 PIXTA

クーファンの用途としては、バウンサーやスイングラック、ベビーベッドとほぼ同じです。代用しようと思えば、できなくもないと思います。

ですが、それらにない利点が「コンパクトで、持ち運びが簡単」なこと。ちょっと日向ぼっこさせてあげたい、ちょっとこの位置で寝ていてほしい、などのシーンでは力を発揮するのではないでしょうか。

「クーファン」「必要」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧