どうしたらいいの?グズグズ泣き止まない新生児期赤ちゃんのあやし方

グズグズ泣くタイミングや理由がわかりにくい新生児期。どうして泣いているの?どうしたらいいの?と困ってしまうママも多いはず。泣き止まない理由がわからないこの時期はママも赤ちゃんもお互いに心地よいコミュニケーションを取る事があやし方のポイントです。

PIXTA

新生児の泣き止ませ方とはどうやるの?

赤ちゃんがいつまでも声をあげて泣いていると、何かあるのかな?体調が悪いのかな?と不安になりますよね。

あまり泣かせすぎると赤ちゃんがかわいそう、どうしたらいいの?とママは焦ってしまいます。ここでは、赤ちゃんがグズグズと泣いている時のあやし方の手順とコツをご紹介します。

ステップ1:グズグズ泣きだしたらまずは確認

赤ちゃん 泣く PIXTA

よく寝てくれていた赤ちゃんが泣きだした時、まずは何からしてよいのか悩んでしまいますね。まずは以下のような赤ちゃんにとっての「不快」がないか確認してあげましょう。

体の不快を確認(おむつ・温度・湿疹や虫刺され)

新生児期の赤ちゃんは、目・耳は未発達な代わりに触覚、嗅覚は敏感です。泣いている赤ちゃんは体の不快を感じているのかもしれません。

おむつが汚れていないか、気温は暑すぎたり寒すぎたりしないか、湿疹や虫刺されなど、痛かったり痒かったりするものはないか、全身の状態を確認してあげましょう。また、体が熱い場合には熱も測ってみましょう。

空腹ではないか確認

赤ちゃんはお腹がすいても言葉で伝えることができません。空腹を伝える唯一の手段は泣くことなのです。母乳・ミルクを最後に飲ませたのは何時だったか確認してみましょう。

おっぱいをあげるとそのままスヤスヤ眠ってしまうこともあります。ママのおっぱいを飲んで安心するのかもしれませんね。

まだお腹の外の世界に慣れていない

赤ちゃんは10ヶ月間お腹の中で暮らしてきました。おなかの中は暗くてとても静かで、母親の心音だけが聞こえていて、ゆらゆらと羊水中を漂い、体は子宮の壁にぺったりとくっついていました。その状態から一気に外の世界に出てきたため、まだ慣れなくて泣いている場合もあります。その場合は以下のような対策を試してみましょう。

  • 沐浴の時に泣く場合は胸にタオルを置いてあげる
  • 心音がきこえるおもちゃを使う
  • 横向きや、うつ伏せでやさしく抱いてあげる(呼吸には注意)
  • 優しいリズムでゆらゆらゆらす

おくるみでしっかりくるんであげるのも効果があると言われています。胎内の環境を再現してあげることで安心するのですね。

ステップ2:不快要素を取り除いても泣き止まない時は?

泣く PIXTA

どれをやっても泣き止まない赤ちゃん。そんなグズグズ泣きは不快感からくるものではなく、別の原因があるのかもしれません。

泣き声発作(ストレス発散)

急に大きな声で泣き出し、何をしても泣き止まない時は「泣き声発作」かもしれません。これは赤ちゃんにとって大声で泣くことが「ストレス発散」になっている可能性があります。

専門的には「泣き声発作」もしくは「コリック(疝痛)」と呼ばれます。よく泣き出す時間帯は夕方ごろなので「たそがれ泣き」「夕暮れ泣き」とも呼ばれています。

生後2ヶ月ごろまでが多く、5ヶ月ごろから自然に消えていきます。時間的には30~40分持続してしまいます。ママは非常に疲れてしまいますね…。

刺激を与えてリフレッシュ

あらゆる対応をしても泣きやまない時には、子守り歌を歌い、抱っこひもやおんぶ紐に乗せてあげて、外に連れ出すのもよいですね。また、抱っこではなくてもベビーカーに乗せて近所をお散歩、車に乗せてドライブすることでも、赤ちゃん自身も他の事に興味を持って気持ちがまぎれ、ママ自身も自宅で悶々とするよりもリフレッシュできるかもしれません。

時間が遅い、寒い、雨の日など、外に連れ出せない時にはおんぶして家事をするだけでも、赤ちゃんはママと密着できて安心できるかもしれません。

こんなあやし方は危険「揺さぶられっこ症候群」にしないために

赤ちゃんを必要以上に強く揺さぶり続けることによっておこる「揺さぶられっこ症候群」。赤ちゃんを強く揺さぶる事で起こる病気の総称です。頭蓋内出血や眼底出血が起き、死に至ることもあります。

通常の常識的なあやし方ではまずなるものではありませんが、以下のようなことに気を付けましょう。

  • 赤ちゃんを執拗に揺さぶらない
  • 1歳を過ぎるまでは高い高いしない
  • つかまり立ちや伝い歩きで頭を打たないように注意する

赤ちゃんが泣いてもゆったりした気持ちで

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんも人間です。快適、不快を訴えたい時もあれば、いつもと同じ方法では満足できない時もあります。

ママも人間。疲れてイライラしてしまう場合もありますが、赤ちゃんが泣くのは唯一のママへの意思表示方法。できるだけゆったりした気持ちで関わってあげたいですね。

とはいえママの疲れは溜めたくないもの。パパや身近な人とのかかわりや、ご褒美のおやつタイムなどでこまめに発散していけるといいですね。

「新生児」「あやし方」「泣き止まない」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧