暑い時期のお弁当作りのコツ。傷みにくい食材とおすすめレシピ

家族でのお出かけや子供の遠足など、お弁当を作る場面はたくさんありますよね。暑い時期になると、お弁当を作る際に心配なのが衛生面。汁物は入れないなどの知識はあっても、どういった食材や調理法がこれからの時期のお弁当に向いているのかは知らないという方もいるのではないでしょうか。今回、保育園で管理栄養士として勤務し、キッズ食育トレーナーとしても活動している小杉文佳さんにお話を伺いました。小杉さんがおすすめするお弁当用のおかずレシピもご紹介しますので、ぜひ作ってみて下さいね。

プレミアム記事

PIXTA

暑い時期のお弁当におすすめの食材と調理法

暑い時期は、お弁当が傷んでしまうことが心配になりますよね。なるべく冷たく保管できればよいですが、外出先では難しいことがあるでしょう。そういったときに備えて、お弁当の作り方から工夫しませんか?

管理栄養士の小杉先生に、傷みにくい食材とおすすめの調理法を聞いてみました。

傷みにくい食材

しそ amana images

  • お酢
  • カレー粉
  • 梅干し
  • しそ
  • しょうが
  • にんにく
  • にら

これらの食材はどれも抗菌、防腐作用があります。さらに夏バテ防止にもなり、食欲のない夏場にはおすすめです。子供が苦手な食材がある場合には、メインではなく隠し味として使用しましょう。

おすすめの調理法

食材は、よく加熱することが大切だと小杉さんは言います。75度以上で1分以上加熱することで、多くの菌が死滅するそう。加熱せずに食べることができるような、ハムやソーセージ、ちくわなどであっても一度加熱をするとよいそうです。

また、少し味を濃いめに調味することもおすすめです。塩分や糖分が高いと細菌が利用できる水分が少なくなり、傷みにくくなります。夏場はよく汗をかくので少し塩分を多くしてもよいですが、子供のお弁当は薄味を意識しましょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「お弁当」「暑い」「傷みにくい」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧