簡単な一工夫!洗濯のイライラを解放するテクニック

毎日家族が洋服を着る限り、無くすことができない家事が「洗濯」です。家族が増えれば洗濯物が増え、干したり畳んだりする手間は増えていきます。さらに、洗ったら型崩れしてしまった、干すところが足りない、たたむのが面倒…など、洗濯に関するイライラに悩まされているママは少なくないはず。そこで今回はインスタグラムから洗濯に関する工夫をピックアップしました。簡単に取り入れられるイライラ解消アイデアは必見です。

プレミアム記事

PIXTA

洗濯のイライラを減らす、簡単アイデア5選

洗濯の悩みと一言にいっても、干し場不足や型崩れ、収納方法など幅広いものです。その悩みを解消するアイデアは、インスタグラムに投稿されていました。100円ショップの商品の活用や、洗濯前のひと工夫など、大掛かりなことはなく、まねしやすいアイデアばかり。取り入れやすそうなものから試してみて、洗濯ストレスを減らしましょう。

1.洗濯物の仕分けは、洗う前に

洗濯物の種類によって分けたり、大人と子供の服を別で洗ったりするママにとっては、洗濯前の仕分けが面倒ですよね。そのようなときは、洗濯ネットにループをつけて脱衣所にかけておき、脱いだその場で入れるルールにすると分ける手間を省くことができます。

ママだけでなく、脱いだ人が自分で洗濯物を仕分けるルールにすれば、ママの手間が省けます。子供服は脱がせたその場でネットに入れるようにし、自分でできるようになったら、仕分けにチャレンジさせてみましょう。

かわいいランドリーバッグも販売されており、活用すればおしゃれに使えますよ。

2.干し場は便利アイテムで増設可能

家族全員の洗濯ものを干しきるのは大変です。特に雨が降ったときは部屋干しの必要がありますが、干し場が足りないことがありますよね。

せっかく洗ったのに干し場所がなくなると、ついイライラするもの。筆者の家も干す場所が少ないため、雨が降ってしまうと、むりやりカーテンレールに干すことがあります。

そんなときに活躍するのは『ハンガーキャッチ』。ホームセンターなどで販売されています。写真のように引っ掛けて物干し竿を通せば、あっという間に干し場が完成。これなら干し場不測のイライラが解消します。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「イライラ」「解消」「洗濯」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧