離乳食を上手に飲み込めずにせき込む...人肌程度の温度で与えてみて

離乳食を始めたばかりの赤ちゃん。おそるおそるあげてみて「やった!口に入れてくれた」と思った瞬間ブーッと出されたり、むせたり。どうやら飲み込むことは、赤ちゃんにとって簡単ではないようです。どうしたらよいのか、ママは悩みますね。離乳食の温度や形状、あげるときの姿勢やスプーンの差し出し方を工夫することで、赤ちゃんが飲み込みやすいようにしてあげることができます。管理栄養士の小杉文佳さんにアドバイスをお聞きしました。

プレミアム記事

PIXTA

赤ちゃんがえずく、むせる…離乳食初期のママたちの悩み

離乳食を始めてまもない赤ちゃん。なんとか口に入れたものの、うまく飲み込めない子がいます。ママリにも、困ったというママの声が寄せられています。

今日で離乳食4日目です。
なかなか食べてくれず、飲み込むのがまだ難しいみたいです。正直どれだけ食べてるのか出してるのか分かりません。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
離乳食を始めて2週間です!
ごっくんがうまくまだできず、口に入れると結構な量がだらーっと垂れてきます( ˙-˙ )
それをすくいつつ口にいれ、完食したりしなかったりの毎日です。
(中略)
これがいずれ上手にごっくんできるようになるのでしょうか??
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

口に入れた後、ゴックンと飲み込むことは赤ちゃんにとって少し難しいようです。せっかくあげてもむせて口から出してしまい、どうすればよいかわからない、と困っているママがいます。赤ちゃんがうまく飲み込めるようにするには、どうしたらよいのでしょう。

離乳食初期の赤ちゃんがうまく飲み込めない理由

離乳食 ミルク PIXTA

赤ちゃんは母乳やミルクを飲んだ経験しかありません。液体ではなく食べものを飲み込む行為には大きな壁があります。赤ちゃんがうまくゴックンと飲み込めるようにするために、どんなことに気を付けたらよいか、管理栄養士の小杉文佳さんにお話を伺いました。

「赤ちゃんは、生まれつき母乳やミルクを飲む能力を持っています。でも、食べることは体が発達し、飲み込む練習をして初めてできるようになります」(小杉さん、以下同)

また、離乳食を始めたばかりの赤ちゃん特有の、発達段階の事情があるそうです。

「離乳食を始めたころは、まだ母乳やミルクを飲む際の赤ちゃん独特の口の動きである哺乳反射がまだ残っており、口を上手に閉じることができません。また、この時期は舌の動きが前後にしか動かすことができません。そのため、口から出してしまったり、飲み込めずむせたりと上手に食べることができないのです」

赤ちゃんがうまく飲み込めない理由がわかると、不安にならなくてすみますね。次に、離乳食をあげるときにどんな工夫をすればよいかみていきましょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「離乳食」「初期」「むせる」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧