監修:鈴木さや子 さん

世帯年収400万円未満、専業主婦家庭が教育費に備えて今すべきこと

子供が生まれ、ベビー服やおむつ代などによる出費がかさむ乳幼児期。これから成長につれて教育費がかかるとなると、家計は大丈夫なのか、そもそも今の収入で大学まで行かせられるのかと悩んでいる方はいませんか。年収400万円以下、専業主婦の世帯がかしこく教育費を貯めるためのコツを、ファイナンシャルプランナーがお伝えします。将来の教育費に備え、あわてず今からできることをやっていきましょう。

プレミアム記事

PIXTA

世帯年収400万円未満でも子供を大学まで行かせられる?

年収が400万円未満の場合、子供を大学に行かせるのは難しいかもしれないと思っていませんか。実はそのようなことはありません。子供が小さいうちから教育費をコツコツ貯めていけば、私立大学への進学も可能です。ただし、これは乳幼児期から準備を始めるのが前提。スタートが早ければ、その分月々の積み立ては少なくて済みますよ。

今回は、以下のような世帯構成を前提としてお話しします。

家族 3人 PIXTA

  • 夫:年収360万円 25歳
  • 妻:専業主婦 25歳
  • 子:一人(0歳)
公立でも油断禁物!幼保から大学まで、教育費のかかり方を総まとめ

関連記事:

公立でも油断禁物!幼保から大学まで、教育費のかかり方を総まとめ

出産直後から、赤ちゃんのお世話に追われる毎日を送っているママ。乳幼児期…

プレミアム記事

上の記事でご説明したように、教育費の山場である「大学の初年度納付金」に備えるには、子供が18歳までに500万円の貯金があると安心です。

「500万円なんて難しい」と思うかもしれませんが、子供が生まれてから支給されている児童手当を支給開始から終了まで全額貯金できれば、支給が終了する15歳の段階で200万円ほどになります。加えて不足分の300万円が必要ですが、子供が生まれてからすぐに貯金を始めれば、月に14,000円ほどの積み立てで、18歳までに貯められます。

早めに準備をスタートすれば、無理な金額ではないと思いませんか。生活費や子供が高校生になるまでの教育費をまかないながら、大学の初年度納付金を貯めるためのやりくり方法を、これからご説明します。

出典元:

この年収層が陥りやすい「失敗やりくり」

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

今話題の記事

「教育費」「年収400万円」「貯めどき」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧