監修:鈴木さや子 さん

公立でも油断禁物!幼保から大学まで、教育費のかかり方を総まとめ

出産直後から、赤ちゃんのお世話に追われる毎日を送っているママ。乳幼児期の忙しさの中、将来かかるお金のことを、腰を据えて考える余裕はないかもしれません。しかし、やがてわが子に必要な教育費のことは、なるべく早い段階から頭の片隅に置いておきたいもの。教育費は遠い未来の話と思われるかもしれませんが、子供はあっという間に大きくなります。生まれた時から教育費について考えておくと、いざというときに焦らずに済みますよ。

プレミアム記事

PIXTA

教育費って、結局いくら必要なの?

教育費は、子供一人につき1,000万円かかるといわれています。しかし、実際は習いごとの数や、学校を選ぶ際の進路により金額は大きく変わります。1,000万円以下になる可能性があれば、逆にもっと必要になることも。

「1,000万円でも大金なのに、それ以上かかるかもしれないの?」と不安になってしまうかもしれませんが、教育費は子育ての中で段階的にかかるもの。子育てをしながら1,000万円貯金するわけではありません。

「18歳までに大学資金500万円」を目指す

子供が生まれたばかりだと、今後どのような進学先になるのか想像もつかないかもしれません。そこで提案したいのが「大学資金として500万円を用意する」という目標です。

進学コースによって差はあるものの、高校までの教育費は、毎月の支出の範囲内に収まります。ただ、大学の教育費はそうはいきません。特に初年度は、授業料に加えて入学金などで一度にまとまった金額が必要です(詳しくは後述)。

一番の山場である「大学の初年度納付金」を乗り切るため、「18歳までに500万円」を目指して今から少しずつでも貯め始めましょう。準備を早くスタートすればそれだけ毎月の負担は少なく済みます。

「生まれてから大学生になるまで」かかるお金を総まとめ

進学 PIXTA

保育園または幼稚園から大学生になるまでにかかる教育費の総額は、約800~4,000万円。進路の選択により、教育費の総額は大きく変わります。

成長のタイミングごとにかかるお金について詳しく解説します。

乳児期

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「教育費」「いくら」「総額」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧