思わず食べたくなってくれる?ママの味方、離乳食のお悩み解消グッズが登場

成長への大きな第一歩とも言える「離乳食」。ママにはとっては作り方やレシピ、食べさせ方など、大きな悩みの一つでもあるのではないでしょうか?そんなママの悩みを解決すべく、株式会社ダッドウェイは「munchkin(マンチキン)」より、離乳食用の食器アイテム「たべたくな~る」シリーズを発売。自分で食べることで、食への関心をうながし、子供が「食べることは楽しいこと」と実感できる工夫がつまったアイテムになっていますよ。

赤ちゃん自身の「食べる」って楽しい!の気持ちを育む離乳食用食器

子育てをしていく上で避けては通れないのが「離乳食」。

筆者自身も2人の息子がおり、2人とも離乳食期は乗り越えて来たのですが、当時は苦労の連続でした。今でも、食べず嫌いのものがあったり、離乳食のときには食べていたはずのものを食べなくなったりと、「食」に関する悩みは尽きません。

今になって思うのは離乳食期の大切さ。味覚の形成において重要な時期、親として食べるということは楽しいことだと伝えたいものですよね。しかし、誰しもスムーズに離乳食が進むというわけではありません。

そんな離乳食で悩むママたちを手助けしてくれるアイテムが、株式会社ダッドウェイが運営する「munchkin(マンチキン)」というブランドより発売されました。その名も『たべたくな~る』シリーズ。

使いやすさを追求したデザインで、ママにうれしいリーズナブルな価格や子供の視覚を刺激するカラフルなアイテムがポイント。赤ちゃん自身の「食べることは楽しい」という気持ちを育むことを目標に作られています。積極的に自ら離乳食を食べてくれる姿が見られれば、ママもとしてはこの上なくうれしいことですよね。離乳食で悩むママ、また離乳食開始を考えているママはぜひ参考にしてみてください。

munchkinの『たべたくな~る』シリーズ、新商品を紹介

離乳食で悩めるママをサポートする、munchikinのアイテム。『たべたくな~る 離乳食フィーダー』をはじめとして、数々の離乳食グッズが発売されています。

離乳食につまずいたとき、ぜひお試し頂きたいアイテムを紹介します。

もぐもぐ楽しい『たべたくな~る 離乳食フィーダー』

おしゃぶりのような形をした離乳食フィーダーです。ロックをつまみふたを開け、食べ物を入れてふたを閉めるだけで用意は完了。小さな穴が開いたポーチを噛むことで、離乳食を食べることができます。

自ら食べるという気持ちを促進し、スプーンではなかなか食べてくれなかった子供をサポートします。持ち運びに便利なキャップ付きの為、おでかけ先でのお食事にも役立ちますね。

歯の生え始めごろには、氷や凍らせた果物などを入れて歯がためとしても使用できます。

お手入れ方法として、煮沸・電子レンジ・薬液での消毒は不可となっているのでお気を付けください。

たべたくな〜る 離乳食フィーダー

元気カラーで食欲アップ『たべたくな~る ソフト離乳食スプーン 6色セット』

離乳食タイムがパッと明るくなる6色がセットになった離乳食スプーンです。その日のお子さんの気分に合わせて選ぶ楽しさも味わえます。

赤ちゃんの小さなお口に合ったやさしく丸みのある形状で、離乳食デビューにぴったり。ママの動きに合わせた設計で、持ちやすさ・すくいやすさにもこだわったアイテムになっています。

また、1本あたり108円という、お求めやすいリーズナブルな価格も魅力です。

食べたくなーる 離乳食スプーン 6色セット

最後まできれいにすくえる『たべたくな~る 離乳食スプーン 3色セット』

こちらのスプーンは先端が柔らかくなっている為、離乳食初期のトロトロ状のペーストでも、お皿がきれいになるまできれいに最後まですくえます。

食事の途中でテーブルに直で置いても、スプーンの底がテーブルに着かない設計になっているので衛生的で安心。

憂鬱になりがちな離乳食の時間が楽しくなりそうな、キュートなカラーも魅力的ですよね。

たべたくなーる 離乳食スプーン3本 セット

ママのストレス軽減『たべたくな~る サクションボウル 3個セット』

離乳食がすくいやすい、深めのタイプのボウル2個セットです。

こちらのボウルには滑り止めが付いており、しっかりテーブルに固定できてひっくり返しを予防します。スムーズな食事タイムを保つことで、ママのストレスも減りますよね。

離乳食初期から離乳食完了期まで通して使うことができ、離乳食を卒業してからも、ごはんやおやつの時間に大活躍なアイテムになっています。

また、電子レンジでのあたため機能や食洗機でのお手入れにも対応。忙しいママにもうれしいですよね。

たべたくな〜る サクションボウル 3個セット

お気に入りのプレートで食事が楽しい『たべたくな〜る マイプレート2枚組』

ポップなカラーがキュートな離乳食プレートです。

仕切りが高くなっているので、離乳食が混ざりにくく味を混ぜずに盛り付けでき、すくいやすい設計になっています。食事中に子供がお皿を引っくりかえすことを防ぐ、すべり止め付きです。

電子レンジのあたため機能も使用可能になっています。しかし、お手入れ方法としての電子レンジ・煮沸・薬液の使用は不可となっているのでご注意ください。

離乳食が終わった後も大活躍間違いなし、お子さんにとってのお気に入りのプレートになるはずです。

たべたくな〜る マイプレート2枚組

子供の手にぴったりフィット『たべたくな~る マイスプーン 2色セット』

離乳食がすくいやすい幅広カーブと、口に入れやすい細口カーブになっていて、お子さんの小さな手で握った時に使いやすくなるように考えたデザインになっています。

「自ら食べる」力をサポートし、食への興味を高めます。また、左手でも右手でも使えるように計算された形なので、両利き対応なのも魅力。

お子さんの離乳食を応援する、ママを手助けするアイテムですね。

たべたくな〜る マイスプーン 2色セット

「食べさせる」から「食べたくなる」へ変わる離乳食

画像:www.atpress.ne.jp

離乳食が始まると、ママの忙しさは何倍にも膨らみます。月齢や成長過程によって内容を考えたり、試す食材を増やしていくためにあれこれ献立を考えたり、離乳食のストックを作ったり。

ママがどれだけ時間をかけても、気に入らなければ口にさえ入れてくれず、飽きれば途中でお皿をひっくり返されることも。子供に悪気は一切ないにしても、ママとしてはどっと疲れが出てしまいますよね。

そんなとき、munchkinの『たべたくな~る』シリーズなら、ママの力になってくれるかも。子供目線で使いやすさを計算して考えたアイテムなので、赤ちゃん自身の「気づき」が見つかり、自分自身で食べてみようという意欲が出せるかもしれません。

離乳食が「食べさせる」から、「食べたくなる」という自発的なものに変わっていく明るい希望を持ちながら、ぜひ検討してみてくださいね。

今話題の記事

「離乳食」「悩み」「解消」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!