人のうわさ話や悪口が好きなママ友。巻き込まれない方法は

ママ友との会話はできるだけあたりさわりのない話にとどめたい。そう考えているママにとって、うわさ話や悪口ばかりを話題にあげるママ友は、頭が痛い存在ですね。同意はしたくないけれど、うまく話をさえぎることができない…。そんなときは話を聞いているだけで、どっと疲れてしまいますね。この記事では、ママ友のうわさ話や悪口のかわし方について、カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎはるみ)さんのお話をもとにお伝えします。

プレミアム記事

「あのママってちょっと偉そうよね」うわさ話が話題に上がると困る…

ママ友との会話の中で、その場にいない他のママ友や、保育園や幼稚園の先生が話題に出ることがありますね。たわいもない話ならよいのですが、ときに思わぬ方向に話が進むことも。とくに「あのママの偉そうな態度がイヤ」という悪口や「あの先生は〇〇くんをひいきしているらしい」などのうわさ話が始まると、会話の返答やあいづちの打ち方に気を使いますよね。

ママリにも、うわさ話や悪口を言うママ友に困っている声が投稿されています。

噂好きなママ友?がいます。
私はあの人がこうだよ、とかあの人あーらしいよとか噂が好きではありません。なので、なにか勝手に噂されるのも嫌です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
厄介なママ友がいます。
どうでもいいと言いながら何でも把握しておきたい。他の子より自分の子供が劣っているというのが嫌。他の人が気になる。常に他の人の悪口をいう。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママ友は子育ての相談をしたり、日々の保育園や幼稚園での生活について情報交換したりする仲間としてはとてもありがたい存在ですが、うわさ話や悪口が広がると、一気に関係性が悪化する可能性があります。

人のことを悪くいう話題は、聞いていて気持ちのよいものではありませんよね。また、うっかり話に同意すれば、自分も同じことを言ったと解釈される可能性もあり、返答に迷うものです。

ママ友は、嫉妬心やストレスを抱えているのかも

女性 不安 PIXTA

カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎはるみ)さんによると、うわさ話や悪口を好む人は、嫉妬心やコンプレックスを抱えていることがあるといいます。

「このタイプの人は、相手が自分にないものを持っていたり、たやすく手に入れたりすると、素直に喜べません。あるいは、日常の中に何かストレスを抱えていて、それを発散するために人を見下したり、小馬鹿にしたりする場合もあります。

つまり、心が満たされていない人が、うわさや悪口を好むといってもいいでしょう」

うわさ話や悪口をいう人は、それだけ自分に自信があるようにも見えますが、実はその逆。満たされていないからこそ、周りの評価を下げて、自分の立ち位置を優位に保ちたいという気持ちがあるのかもしれませんね。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

おすすめ記事

「ママ友」「うわさ話」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧