1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. ファミリーで楽しめるレシピ
  5. 連休におすすめ2日目! 今日のごはんは「スタミナ豚玉丼」。簡単に作れるレシピを紹介!

連休におすすめ2日目! 今日のごはんは「スタミナ豚玉丼」。簡単に作れるレシピを紹介!

卒園、入学といったお祝いムードも落ち着き、GW目前。長い連休中は、家族で一緒に過ごせるのはうれしいけれど、毎日のごはん作りが大変と感じているママも多いのでは?平日は給食などで助かりますが、連休ともなれば考えなければなりませんよね。同じようなメニューだと「また?」という声もでるかもしれません。今回は、連休中のつらいごはん作りをサポート。手抜きなのにおいしいレシピをご紹介します!これでママたちの悩みも解決です。

©KADOKAWA

パパっと簡単!手抜きレシピ「スタミナ豚玉丼」

ゴールデンウイークは、普段ではできない旅行や遠出に行くなどイベントが盛りだくさんかもしれませんが、毎日の食事をどうするか決めていますか?

家で過ごすとなれば、家族全員の食事を用意しなければなりませんよね。できるなら手軽でおいしいメニューを選びたい!そんなママたちの願いをこの記事でかなえます。

今回は、パパっと簡単なのにみんなが満足する「スタミナ豚玉丼」のレシピを紹介。子供だけでなく、パパのおなかも心も満たす絶品丼です。

これを覚えてしまえば、アレンジも自由自在。忙しいママたちの助っ人メニューになってくれますよ。

「スタミナ豚玉丼」

©KADOKAWA

材料(1人分)

  • 温かいご飯:150g(茶碗1杯分)
  • 豚バラ肉:100g
  • タマネギ:1/2個
  • 卵黄:1個分
  • ショウガチューブ:2㎝
  • しょうゆ:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 炒め用サラダ油:大さじ1

おすすめトッピング

万能ねぎ

作り方

  1. 豚バラ肉はひと口大に切り、タマネギは薄切りにする。
  2. サラダ油を引き、1.を中火で炒める。
  3. ショウガ、しょうゆ、酒、みりん、砂糖を加えて絡め、ひと煮立ちさせる。
  4. 器にご飯を盛り付け、3.と卵黄をのせたら完成。

豚の旨味がギュッとつまった豚バラ肉を使うことで食べやすく、薄いため火が通りやすいので時短調理になります。シャキシャキなタマネギを加えることでボリュームもアップし、満足感が得られる一品に。

ショウガの香りがさらに食欲をそそり、甘辛いタレが絶品です。ご飯に合うこと間違いなし!こちらのレシピはタマネギですが、キノコ類やニラなど、他の野菜を加えてアレンジをしたり、豚バラ肉以外のお肉で楽しむのもよさそうですね。

またひと手間加えることができるならば、豚肉に小麦粉をまぶすことでタレがより絡んでジューシーになりそう。まずはそのまま食べてから、次に卵黄を絡め、最後はすべてを混ぜて食べることで3段階の楽しみができそうですね。

おいしい手抜きごはんで、連休を楽しもう!

今回紹介したレシピは、人気書籍『世界一美味しい 手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ』に掲載されています。ワーキングママや動くことが大変な妊娠中の方など、食事作りを少しでも楽にしたい方必見の書籍です。

ママたちの強い味方なレシピが100も掲載されているとは、うれしい限りですよね。

『世界一美味しい 手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ』

世界一美味しい手抜きごはん 最速!やる気のいらない100レシピ

長い連休も「スタミナ豚玉丼」で乗り切ろう!

ゴールデンウィークは期間が長く、ママにとって大きな試練でもありますよね。忙しいママだって連休くらいは休みたい!そんな願いを少しでもかなえるべく、手抜きができておいしい料理で乗り切りましょう。

今回紹介した「スタミナ豚玉丼」は卵黄を載せましたが、半熟卵や目玉焼きなどにしてアレンジを楽しむのもありです。基本レシピをマスターしてしまえば、バリエーションは無限大。

ママたちのアイデア料理を生み出すのも、料理の面白いところ。とても簡単なので、普段料理をしないパパや子供たちが挑戦するのも良いかもしれません。

長い連休を生かして、普段できないことに挑戦しながら家族のコミュニケーションを取ってみませんか?楽しく遊んで、たくさん食べて、元気に過ごしましょう。

連休におすすめ! 今日のごはんは「豚肉の洋風手抜き炒め」。簡単に作れるレシピを紹介

関連記事:

連休におすすめ! 今日のごはんは「豚肉の洋風手抜き炒め」。簡単に作れるレシ…

毎日、ママの頭を悩ませるのが食事の献立。育児や仕事に加えてごはんの用意…

おすすめ記事

「レシピ」「手抜きごはん」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧