ママリ調べ!冬生まれの男の子に名付けられた漢字をご紹介

名付けは出産までの楽しみではないでしょうか。楽しみな反面、漢字の意味や読み方、字画など、どのように決めたらよいのか悩んでしまうことがあるかと思います。この記事では、ママリでアンケートをとって「冬生まれの男の子に付けた漢字」で人気のあった漢字を紹介します。漢字の意味や字画、雰囲気から名前を考えている人はもちろん、読み方は決まっているけど…という人も参考になるかと思いますよ。

PIXTA

冬生まれの男の子に付けた漢字で人気だったのは?

ここでは名前を付けるときの参考に、漢字の意味を説明しています。またご紹介する漢字から名前に込めることができる願いや思いなども一緒に説明していきますね。それでは、ママリユーザーが冬生まれの男の子の名前に付けた漢字で人気だったものは何か、見ていきましょう。

1.「冬」(とう、ふゆ、かず、とし)

冬真(とうま)です!
12月産まれで、名付けは私がしました!
私の一存で決めました!

人生、冬の時代もあるけど真っ直ぐ育って欲しいという願いを込めました!
「冬」は寒いし色んなものが冷たくなるけど、冬の夜空は澄んできれいだし、冬に降る雪は冷たいけどどこか温かみも感じるので、使いました。

思いついたのはトイレの中で、用を足した瞬間に出てきました 笑
胎児の時はポコポコ蹴るので、ポコ助と呼んでました。
その名残で、とうま助って呼んだり、眠い時はねむ助、ちょっと今日は贅沢させたなーという時は贅沢助など、なんでも助を付けるように 笑
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2019年2月生まれ
陸冬(りくと)と名付けました!

大勢の人々を支えるスケールの大きさを持つ大陸の「陸」
逆境を超える、優雅、ゆったり、の意味を持つ「冬」

「斗」でなく「冬」にしたのは画数、意味合い、冬生まれなどから選びました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬生まれというだけに、「冬」がランクイン。「冬」は寒い季節を意味することから、厳しい中でも温かい心を忘れない子に、などの意味を込めて名付けすることができます。

「ふゆ」と読ませると寒さの中のほっとする温もりを感じさせ、「とう」と読むとシャープで凛としているような印象を持つことができるかと思います。名付けイメージとしては、「冬馬(とうま)」や「冬翔(ふゆと)」など、「冬」が付くだけで冬に生まれたというイメージを持たせられる組み合わせにするとよいでしょう。

2.「歩」(ほ、ぶ、ふ、あゆ、あゆみ、あゆむ…など)

和 やまと
心 こころ
歩 あゆむ

全て一文字です!夫婦も名前が一文字なので揃えました✨
繋げて立て読みすると和心
3人目はまさかの妊娠でしたので
沢山悩んだ結果が歩になり、繋げてだと違和感ありますが沢山悩んで意味のある名前にしたので満足です❤️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「歩」は文字通りの前進するという意味から、「一歩一歩着実に目標を達成できる子に」、「どのようなときも明るく前向きに」「一歩踏み出す勇気のある子に」などの願いを込めて名付けることができます。

組み合わせる漢字のイメージとして、自分の夢に向かって歩んでほしいと願って「歩夢(あゆむ)」、周囲の人との関係を一歩ずつよくできるようにという思いを込めて「歩人(あゆと)」などはいかがでしょうか。

3.「悠」(はる、ゆ、ちか、ひさ…など)

男の子 冬 PIXTA

2019年2月生まれ、男の子 「悠生(ゆうせい)」です。
私が最初、悠陽(ゆうひ)と名前を希望していましたが旦那に読みずらいと言われて却下され…(笑)じゃあ悠という字はつけたい!とゆう希望を通してくれて悠生になりました‪⸜(*ˊᵕˋ* )⸝‬
「悠」はゆっくりと、マイペース
とゆう意味があるので
ゆっくり自分のペースで生きて欲しい。
とゆう願いを込めて悠生とゆう名前にしました。

生まれる前日のエコーでママのお腹の中でのんびりしてるね〜☺️と先生に言われて、産まれる前から名前の通りになってる☺️?とほっこりしました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2017年2月生まれ

【 悠真⠀】

妊娠わかる前とわかった後2回
男の子が夢に出てきて
その子を 「はるちゃん」と呼んでいたので
「はる」がつく名前で

はると、 はるま、 はるき、はるひ
色々候補はありましたが
主人の好きな漢字➕画数が
よかったので 【 悠真 】になりました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「悠」には、穏やかでゆとりがある、また広大な、という意味があります。そのため、「自然体な」「マイペースな」「笑顔の絶えない」などの願いを込めて名前を付けることができるでしょう。名付けイメージとして、「悠雅(ゆうが)」や「悠人(ひさと・ゆうと)」などが挙げられます。

4.「陽」(よう、あき、あきら、きよ、たか、はる、ひ、や…など)

2019年1月11日生まれ、男の子
名前は『陽生(はるき)』です。

シングルマザーになるの確定してる中での子供だったので、旦那と相談してとかはなかったです。
苦労することあると思うけど、陽気に生きてればきっと幸せだという気持ちを込めて、この名前にしました。
あと私の名前が読みづらい名前だったので、読みやすい名前にしたかったのもあります。(キラキラネームではないのですが、漢字が珍しくて読み間違えられます)
『はーちゃん』と呼んでます。
名前通りいつもニコニコ笑顔のいい子です?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらのエピソードは、漢字それぞれに両親の思いを込めているところがすてきですね。「陽」には太陽や明るい、積極的などの意味が含まれています。「太陽のように周囲を明るくさせる人に」、「生命力のあふれる人に」などの願いを込めて名付けることができるでしょう。

名付けのイメージとしては、「陽向(ひなた)」や「陽一(よういち)」など明るい印象のある組み合わせがおすすめです。

5.「新」(しん、あきら、あらた、にい、はじめ…など)

男の子 冬 amana images

2019年2月生まれ、男の子、「新(あらた)」

名前はお腹の中にいる頃から考えて、7ヶ月頃には決まっていました。
最初は夫の名前の漢字を使おうと、候補を3つ出したのですが…
夫と私で二人で納得できるものがなく、一度「いいな」と思う名前を音からピックアップ!

「この名前なら漢字はこれがいいな〜」「一文字もかっこいいよね〜」「こんな意味にできるね〜」なんて漢字を当てはめ、字画を確認しなから絞り込み。
最後は2択で悩みましたが、夫が筆ペンで氏名を縦書きと横書きし、どちらにもしっくりくる方を選びました!
今は「あっくん」「あーくん」「あらぴょん」「あらちゅん」と、周りから色んなニックネームをつけてもらっています♪

温故知新。伝統も大切にしつつ、周りのことも大切にしつつ、新しい時代に新しいことにどんどんチャレンジしてほしい!
なんて、大層な願いをかけられて生まれてきた子ですʕ•ٹ•ʔ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「新」は文字通り、新しいや初めてなどの意味を持ちます。「子供の可能性を信じる」「希望や未来のある子に」などの願いを込めて名付けることができるでしょう。名付けのイメージとしては、「新平(しんぺい)」「勇新(ゆうしん)」「新太(あらた)」などがあります。

6.「翔」(しょう、かける、と、か)

2019年1月生まれの男の子「勇翔(ゆうし)」です!
旦那が“勇”は、絶対に使いたいといい
私は“優”を絶対に使いたいと言って
ものすごい喧嘩になりました。
最終的には、旦那の親に夫婦は女が我慢。女が譲る。と言い聞かされて
強引に勇と言う漢字を使われました。
翔という感じは、旦那が清水翔太が好きだという理由でつけました。
私は、ゆうし、もしくは、ゆうわと言う響きの名前に憧れていたので
本来では勇翔(ゆうと)と読むのですが、ゆうしになりました。

子供の名付けは本来なら
頑張って出産する女性側が主導権を握るべきだと思います( ˆ꒳​ˆ; )
私は、未だに根に持っています。笑

ちなみに、勇も翔も縁起のいい漢字で
どちらも富や名声に関わる漢字らしいです。
旦那は、自分の子供に社長や金持ちになる事を望みこの漢字にしたそうですよ。

私は優和(ゆうわ)にして
優しく誰とでも和合できる人にと言う意味を込めたかっです。
優史(ゆうし)なら
優しく誰かのために動ける人に。尽くせる人に。そんな意味を込めたかったですね。

名前は初めての贈り物です。
どんな人間になって欲しいか。
どんな人生を送ってほしいか。
そういう事を踏まえて決めるのがおすすめです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
平成31年2月2日生まれ
男の子 慈翔 (じしょう)
慈悲深く、どんな世界でも翔きますように。って意味です!

お互い1つずつ候補がありましたが、顔を見て入院中に旦那が決めました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

男の子の名前によく用いられているイメージが強い「翔」。「翔」には、かける、鳥が空高く飛ぶ、両手を翼のように伸ばすなどといった意味が含まれています。そこから、「自分の人生を自由に大きく羽ばたいてほしい」などの願いを込めることができるでしょう。

名付け例として、「翔平(しょうへい)」と「翔」を主役にしたような組み合わせや、「健翔(けんと)」、「陽翔(はると、あきと)」など他の漢字を引き立てるように組み合わせなどがよいでしょう。

7.「湊」(そう、あつ、みなと)

名前:湊(みなと)
性別:男、生年月日:2019年2月12日

エピソード:
ネットやら本やらで調べて
候補がいくつもあって
決めかねていたところ、
生まれる前日に前期破水し即入院。

破水したことで、痛みというよりは
水っぽいイメージがバッと浮かんできて、考えていた候補の中から決めました。
由来としては、湊は人が集まる場所、
社交的で魅力溢れる人に育って欲しいという願いを込めました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
湊(みなと)男の子 2017.01 冬
★性別が判明してから、本を参考に意味を重視して考えました。画数等はあまり深く考えず、漢字一文字でキラキラしすぎず親しみやすい名前にしたいと思ってました。●結果、良い人間関係に恵まれますようにと人が集まる湊という名前にしました^ ^
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「湊」は、たくさんのものが集まる中でも、落ち着いた雰囲気を漂わせる意味を持ちます。そのため「社交的でたくさんの人を引き付けるような人に」「大きく羽ばたける人に」などの願いを込めて名付けることができるでしょう。名付けのイメージとしては、「湊太(そうた)」「湊人(あつひと)」「湊(そう)」などがあります。

少数派だけど冬生まれの男の子に付けた名前の漢字はコレ

名前は聖(たかし)

12月14日
予定日が12月24日だったので主人がクリスマスイブで聖にしました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
名前 友喜(ともき)
性別 男
2019年2月3日生まれ

まだ妊娠中で性別もわかっていないときに旦那が見た夢が決め手になりました!
夢の中で産まれてきた男の子にトモキと呼びかけていたと?!
性別が男の子とわかった時からお腹の赤ちゃんの名前は友喜になりました☺️
漢字はおじいちゃんから貰いました(*ˊᵕˋ*)✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2018年12月生まれ
男の子
広夢(ひろむ)
旦那さんの名前に「夢」が使われているので頂きました
いくつか候補がありましたが決められないので生まれた子の顔を見て決めようと旦那さんと話してて実際顔を見て一番しっくりしたのが広夢です✨
広く大きな夢を持って叶えられる人になりますように?❤️という思いを込めました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
・名前 浬(かいり)
・性別 男
・時期 12月生まれ
・エピソード
旦那の家系は男の子は漢字一文字と決まっていたので、一文字の漢字を調べました。産まれるまでは、違う名前だったのですが…産まれてから変更しました。旦那が候補出して私が決定しました。読みの音とバランス重視で由来は後付けでした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬生まれといっても、季節にこだわって名前を付けている人、そうでない人さまざまですね、一つ目のエピソード「聖」を一文字で「たかし」と読ませるのはかっこい印象があります。「聖」には人徳や知恵が優れるようになどの願いを込めることができます。

三つ目のエピソードで紹介した漢字の「夢」は、文字通り希望や未来があることを意味するため、男の子にも女子にも人気のある漢字でしたよ。

出典元:
  • 栗原里央子「世界にたったひとつの赤ちゃんの名前」P340-412(高橋書店,2018年)
  • 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字事典」54ページから421ページ(西東社,2019年)
  • 佐久美亜紀(編)「たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典」328ページから421ページ(ベネッセコーポレーション,2016年)

両親の願いを込めて子供に名前をプレゼントしよう

冬 男の子 PIXTA

紹介された漢字の中で、「これ気になる!」「ぜひ名前に使いたい!」と思えるものは見つかりましたか。生まれるまでの間、たびたび名付けで悩んでしまうかもしれませんが、一番大事なのは、「両親が名前にどういった願いを込めたいか」だと思います。

生まれてきた子供が気に入ってくれるような名前が決まるとよいですね。

おすすめ記事

「名付け」「男の子」「冬生まれ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 栗原里央子「世界にたったひとつの赤ちゃんの名前」P340-412(高橋書店,2018年)
  • 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字事典」54ページから421ページ(西東社,2019年)
  • 佐久美亜紀(編)「たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典」328ページから421ページ(ベネッセコーポレーション,2016年)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧