1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. 時事・ニュース
  4. 2歳未満の乳児のマスク着用は危険!日本小児科医会が注意喚起。なぜ?対処法は?

2歳未満の乳児のマスク着用は危険!日本小児科医会が注意喚起。なぜ?対処法は?

緊急事態宣言が全国的に解除となりましたが、外出時は常にマスクを着用しているという方が多いのではないでしょうか。家庭によっては、なかなか子どもがマスクをつけてくれないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。じつは、2歳未満の子どもにマスクをつける必要性はなく、むしろ危険であるということを日本小児科医会が注意喚起を行っています。マスク着用によるリスクとその理由についてご紹介しましょう。

PIXTA

乳児のマスク使用は控えて

子連れでスーパーなどに行く際は、周囲に配慮して子どもにもマスクを着用させているというママもいるのではないでしょうか。

しかし、2020年5月25日に日本小児科医会では、2歳未満の子どもにはマスクを着用させる必要はなく、むしろ危険なのでやめるように呼びかけています。

その理由は2歳未満の子どもがマスクを着用することによる身体への影響と、新型コロナウイルスが子どもに感染する可能性を世界的に見て考慮した結果に基づいています。

乳児のマスク着用にはリスクが伴う

  • 呼吸や心臓に負担がかかる
  • 窒息のリスクが高まる
  • 熱中症のリスクが高まる
  • 表情変化による体調異変に気付きにくい

乳児の呼吸器は大人と比べて狭く、その分空気の通りも十分とは言えません。大人でもマスクをすると息苦しく感じるように子どもも息苦しく、その結果呼吸や心臓への負担を大きくさせている可能性があるようです。

また、マスクにより熱がこもりやすいので熱中症のリスクもある他、表情が見えにくくなるのも危険を招く原因に。顔色や唇の色の変化によって気づけたはずの体調異変に気づかず、対応が遅れてしまう可能性についても、小児科医会は不安視しています。

外出によって子どもが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性は低い

  • 子どもは同居による家族からの感染が多く外部からの感染はほとんどない
  • 子どもの重症例はきわめて少ない
  • 幼稚園や保育所での集団発生はほとんどない

海外での感染実績を参考にすると、子どもが外で新型コロナウイルス感染症にかかる可能性は極めて低く、子ども同士で感染させ合うといった可能性も低い傾向にあるとのこと。

日本小児科医会は、2歳未満の子どもについてはマスクを着用しないよりも着用した際のリスクの方が高くなるため、使用しないようにと呼びかけています。

子どもはこまめな手洗いで予防を

子ども PIXTA

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の対策として「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、手洗い、咳エチケットをあげています。

しかし2歳未満の子どもには、マスクの着用よりも、こまめな手洗いを徹底することで対策をとっていくのがよさそうです。意識していきましょう。

出典元:

おすすめ記事

「マスク」「乳幼児」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧