立ち会い出産ができず、一人での出産が不安…。そんな方に紹介する、先輩ママからの声

妊娠中は、体調や心境の変化と向き合いながら、わが子に会える日を日々楽しみにしていることと思います。しかし昨今の状況により、地域によっては希望していた立ち会い出産ができなくなってしまった方もいるのではないでしょうか。一人で出産へいどむこととなり、大きな不安を抱えていませんか。今回はそんな方へ、先輩ママたちからのはげましの声や同じ状況で出産した方の体験談をご紹介します。

PIXTA

立ち合い出産ができなくなって、出産が不安

出産を控えている方の中には、地域や病院の方針により希望していた立ち会い出産ができなくなった方もいるかと思います。立ち合い出産をする予定だった方は、不安な気持ちを抱えているのではないでしょうか。

ママリでもこのような投稿がありました。

立ち会い出産ができないことで、凹んでます😭😭😭
夫と赤ちゃん誕生の瞬間を分かち合いたかった。

どなたか前向きになる言葉をください😢
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

立ち合い出産を予定して夫婦で楽しみにしていたのに、それがかなわないとなると落胆してしまいますよね。ただでさえ出産は命懸け。不安や怖さを感じるものですし、頼りにしていた夫のサポートなしで出産を迎えるのは、考えただけで大きな不安が付きまとうのではないでしょうか。

先輩ママの励ましの声を紹介します

出産 PIXTA

同じような状況で不安を抱えている妊婦の方は、たくさんいると思います。そんな方に送る、先輩ママからの励ましのメッセージやアドバイスをご紹介します。

心強い助産師がついています

助産師 PIXTA

旦那より、断然おしりのツボ押しは
プロの助産師の方が役にたちます😎笑
(中略)
まずは母子共に元気に生まれてこそ
誕生が喜べるので、今回はこんな緊迫した
状況でも、みんなを幸せにしてくれる
赤ちゃんのことを一番に頑張って下さい😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
助産師さんがかなりのフォローを入れてくれて、いきみ逃しなど本当に的確な場所をさすってくれました✨

産まれたての我が子を抱かせてあげられないのは残念でしたが、将来それはそれで思い出話に出来ればと思っていますし、この大変な時に産まれてきてくれた我が子は、絶対に力強く生きてくれるだろうと信じています🌈

出産頑張ってくださいね😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

夫や家族の立ち合いができない状況でも、医師や助産師、スタッフの方は全力で出産をサポートしてくれます。ベテランの助産師であれば、ツボ押しも的確。大変心強い存在になりますよね。

筆者も立ち合い出産がかなわず不安な気持ちで出産にいどみましたが、病院のスタッフや助産師の方々がサポートしてくれました。腰やお尻の痛む部分はマッサージしてくれ、要所要所で力強いアドバイスや声かけもあったのを覚えています。4年以上経ちますが、その場面は今でも鮮明に思い出され、感謝の気持ちでいっぱいです。

同じ境遇の妊婦のみんなと頑張ろう

妊婦 PIXTA

第一子目なので出産の痛みを味わったことありませんが😭
私だけじゃない。今、妊娠されている方はみんな同じ境遇なんだ。みんな1人で頑張るからこそ1人じゃない…と自分に言い聞かせています。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
辛い思いしてるのは私だけじゃない、今出産を控えてる妊婦さんはたくさんいるんだ、自分が強くなるチャンスだ!と思って頑張ろうと思います。本当は今すぐにでも泣きそうですけど😂
だって怖いですもん、不安だし😖
でもやるしかない、いつかは乗り越えなきゃだし!
頑張りましょう👍
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

日本全国、同じような状況で不安を抱えている妊婦の方は多くいることでしょう。それでも、みんなどうにかこうにか乗り越えて出産しています。立ち合いだけでなく面会が禁止されているケースもあり、気持ちが沈んでしまいますよね。いつかこの状況が落ち着いて、同世代の子どもを持つママと会うときに、「あのときは立ち合い出産もできずに大変だったよね」と話せる日がきっと来ます。

日本中に一緒に頑張る仲間がいます。そして、一人で頑張るのではありません。長い時間一緒に過ごしてきたおなかの赤ちゃんと一緒に、出産を乗り越えてください。

夫も同じ気持ちを抱えているかも

パパ PIXTA

不安になりますよね。
きっと旦那さんも同じ気持ちですよ😣✨
一緒にはいられなくても思いは同じ❗️乗り切りましょう✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんの誕生という、神秘的で素晴らしい瞬間。この目で見ることができる、やっと会うことができる、この手で抱っこしてあげられる、と夫も楽しみにしていたのではないでしょうか。立ち合い出産が禁止となり、同じように落胆しているかもしれません。一人で頑張らせることになり、申し訳なく感じている場合も。

不安な気持ちやわが子への気持ち、さまざまな思いを夫婦で共有してみましょう。出産のときに同じ空間にいることはできないけれど、一緒に乗り切ることはできますよ。

不安な気持ちを吐き出そう

妊婦 PIXTA

ここで沢山、不安吐き出して下さいね。
1人じゃないですよ‼️
応援してます✨✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

とにかく、ネガティブな気持ちをため込まないでください。このような状況で出産を迎えるということは、不安になって当たり前。家族や産院の医師や助産師、周りの友人たちなど、聞いてくれる人は必ず居ます。

オンライン立ち合い出産ができるかも

オンライン PIXTA

今はテレビ電話とかで繋いでくれたりもするそうですよ❤️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ビデオ通話でオンライン立ち合い出産を実施している産院も。産院のスタッフが、スマホのビデオ通話アプリを利用して出産の様子をつないでくれるケースもあるようです。これにより画面越しで声をかけることも可能となり、生まれてすぐの赤ちゃんの様子を知ることもできるようになります。

そばで腰をさすってもらったり手を握ったりすることはできませんが、離れていてもその場を共有できるので、まるで一緒に出産を乗り越えているように感じられるかもしれません。

産院によって、また出産時の状況によってできるかどうか変わってくるので、相談してみてはいかがでしょうか。

不安な気持ちをたくさん吐き出して、出産を迎えよう

出産 PIXTA

昨今の状況は、妊婦の皆さんにとっては不安でたまらないものだと思います。外出が思うようにできず、ベビーグッズを満足いくまで選ぶことができなかったり、おなかが大きく息苦しい中でもマスクをつけなければいけなかったり。里帰りをどうしようかなど、いろいろな思いや状況と葛藤することもあるのではないでしょうか。そしていよいよ出産というときに、立ち合い出産はできませんと産院に言われ、それはひどく落ち込んだことだと思います。

不安な気持ち、やり場のない気持ちは全部吐き出し、少しでもすっきりした気持ちで出産を迎えましょう。夫の立ち会いがない分寂しさや悲しい気持ちがあるけれど、おなかには赤ちゃんが居ます。愛するわが子と二人三脚で、周りのサポートも得ながら頑張ってください。

おすすめ記事

「立ち会い出産」「不安」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧