1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. ファミリーで楽しめるレシピ
  5. トマトを大袋で買ったら丸ごと冷凍!傷ませない保存術&炊飯器調理レシピ

監修:井上はるか

トマトを大袋で買ったら丸ごと冷凍!傷ませない保存術&炊飯器調理レシピ

夏が旬の真っ赤なトマト。おいしそうでたくさん買ったのに使い切れない…そんなことはありませんか?実は、トマトは切らずに丸ごと冷凍できます。この記事では、食べきれないトマトを新鮮な状態に保つ冷凍テクと、解凍なしですぐ調理できる簡単レシピをご紹介します。

ⓒ井上はるか

トマトは切らずに「丸ごと冷凍」が正解!

真っ赤な食べごろトマト。たくさん買ってきたのに意外と消費しきれず、いつの間にかしなびたり、ぐちゃっとしたりして食べられない…などということ、ありますよね。

余ったトマトを無駄にしないためには、使わないときはすぐに「丸ごと冷凍」するのが正解。ここからは、トマトの冷凍テクニックをご紹介します。

1. 余ったトマトは丸ごと、冷凍保存袋へ

ⓒ井上はるか

食べきれないトマトは切らずに、そのまま冷凍用保存袋で冷凍できます。鮮度を保つためにも、余りそうと思ったらすぐに冷凍するのが正解です。

ヘタは取り、芯が気になる方は、芯をくり抜いておくと調理の際に楽。ナイフの先を使ってトマトを回すようにしてくり抜くときれいに取れます。100円ショップではヘタ取り用のキッチングッズも販売されています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

2. 使いたいときは、丸ごと取り出して調理

ⓒ井上はるか

冷凍したトマトはこんな感じ。使いたいときは、1つずつ丸ごと取り出して調理できますよ。

凍ったままポンと入れるだけ!「トマトの炊飯器ピラフ」

冷凍したトマトの活用方法として、おすすめのレシピを紹介します。面倒な解凍作業は不要で、思いついたときにすぐ使えます。ぜひお試しくださいね。

※トラブルを防ぐため、必ず調理機能の付いている炊飯器を使用しましょう。けがをする恐れもあるので、守ってくださいね。

材料(3~4人分)

  • 米:2合
  • 冷凍トマト:1個
  • ベーコン:2枚
  • 冷凍シーフードミックス:100g
  • タマネギ:70g
  • ニンニク:1片(またはチューブ:小さじ2/3)
  • バター:10g(またはオリーブオイル:大さじ1/2)
  • コンソメ:小さじ2
  • 水:200cc
  • パセリまたは乾燥パセリ:あれば適量
  • 塩こしょう:少々

1. 冷凍トマトは流水で皮をむく

ⓒ井上はるか

冷凍したトマトは、そのまま流水に当てると簡単に皮をむくことができます。ヘタと反対を水に当てていると10秒程度でつるんと簡単に皮がむけますよ。トマトの皮が苦手な方にとっては、より食べやすくなりそうですね。

2. 炊飯器にパセリ以外の材料を全て入れ、真ん中にトマトを入れる

ⓒ井上はるか

ベーコンは1~2㎝大きさに切り、玉ねぎは角切りまたは小さめの薄切りにします。炊飯器にといだ米を入れ、パセリ以外の材料を全て入れて2~3回かき混ぜ、真ん中に凍ったトマトをそのままポンと入れます。

最後に塩こしょうを振って、炊飯スイッチを押してください。

3. 炊飯できたら、トマトを切るように混ぜて完成

ⓒ井上はるか

炊き上がったら、中央のトマトを切るようにしてしゃもじでかき混ぜます。トマトが全体に混ざったらできあがりです。仕上げにパセリ(あるいは乾燥パセリ)があれば見栄え良く仕上がりますよ。

丸ごと冷凍をマスターすれば、おいしく無駄なく使い切れる

ⓒ井上はるか

トマトは丸ごと冷凍保存しておけば、ムダにすることなくおいしく使い切ることができます。トマトをまとめ買いしたときや、使う予定だったトマトが使い切れなかったときはぜひ、丸ごと冷凍&丸ごと調理を試してみてくださいね。

記事の監修

管理栄養士

井上はるか

忙しいママでも作れる栄養ごはんで子供の健康と、ママのゆとりを作るお手伝いをいたします。管理栄養士歴7年。大学卒業後、管理栄養士になる。元、保育所給食管理栄養士。栄養カウンセリング業務時短ごはん&栄養おやつレシピ300個以上。プライベートでは、5歳と3歳の年子姉妹子育て中です。現在はオンラインを中心としたお料理教室を主催しております。自身の保育所給食業務経験や、育児の経験を生かし、オリジナルで作り出した、独自のメソッド「ママ楽!すくすくごはん」で、ママの心のゆとりを作るお手伝いをし、「食の幸せサイクル」を作り、世界中に沢山の幸せな家庭を増やしていくのが目標です。

おすすめ記事

「トマト」「冷凍」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧