1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 年末年始は外出自粛…おうち時間が多い年越しになりそう。そしたら何をする?

監修:佐藤りか

年末年始は外出自粛…おうち時間が多い年越しになりそう。そしたら何をする?

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ策として、在宅勤務や外出自粛が求められています。年末年始を大型連休にする案まで浮上しました。実際、休みをずらして連休をとる企業も出てきて、例年よりも長い休みになる可能性があります。大型連休になったら「うれしい」と思う人もいれば、「家族全員が休みで家事ばかり」「何をして過ごそう」と悩む方もいるのではないでしょうか。今回は、連休だからこそできる有意義な過ごし方をご紹介します。

PIXTA

大型連休・分散休暇になるかも

マスコミ各社の報道によれば、西村経済再生担当大臣は、年末年始の帰省や旅行を分散させる休暇の取得を呼びかけています。初詣などで三が日に人が集中すると、新型コロナウイルス感染拡大の可能性があり、その混雑を防ぐための策とされています。

当初は1月11日まで一律で休む17連休案もありましたが、さらに柔軟性の高い分散休暇が求められています。実際に、大企業を中心にすでに有給休暇取得の推奨が発表されており、17連休も現実的になっています。

出典元:

年末年始が大型連休だったら何をする?

例年の年末年始であれば何かとバタつくことがありますが、長いお休みになるのであれば、いつもと過ごし方を変えてもよいかもしれません。いつもできなかったことにチャレンジしたりあえて寝正月を満喫するのもよいでしょう。

大型連休ならでは、そして年末年始ならではの過ごし方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

あわてることなく、ゆっくり大掃除

大掃除 PIXTA

年賀状やお正月の用意などで何かとバタバタする年末。さらに大掃除も加わり、「年末までに、すべて終わらせなければ!」と焦ってしまいますよね。

しかし今年は、年が明けてからゆっくり大掃除をするのもあり。数日かけて念入りに掃除をしたり毎年目をそむけていた箇所にトライしたり。あわてることなくじっくり掃除に時間を費やすことができそうです。

お餅つき・羽子板…日本の伝統遊びに挑戦

羽子板 PIXTA

お餅つき、羽子板、凧あげ、福笑い、駒回し。日本の伝統的な正月遊びはいろいろありますが、意外と体験している人は少ないかもしれません。

テレビや絵本の中でしか知らない子どもに実体験させてあげられるチャンスですね。お餅つきであれば道具の用意から、凧あげであれば凧をつくるところからチャレンジしてみるのもよいでしょう。

子どもといっしょにDIY

家具 PIXTA

いつもであればDIYは子どもといっしょにやると時間がかかって大変ですよね。しかし時間がある大型連休は挑戦してみるチャンスです。

ペンキを塗っても乾かす時間をたっぷり設けることができます。子どものおもちゃや収納ボックスなどにチャレンジすれば、作ったあとも楽しめるでしょう。

実家や義実家にステイ&子どもを預けて夫婦でおでかけ

デート PIXTA

実家や義実家にステイし、その間子どもを預けて夫婦だけでおでかけするのもありです。

例年であれば、両実家に顔を出すためにバタついてしまうことがあったかもしれません。大型連休になればゆったりステイできるため、その間1日や2日程度であれば両親(義両親)に協力してもらい出かけるのもよいでしょう。

外出自粛のなかで出かける場所や時間は限られてしまうかもしれませんが、夫婦2人きりでちょっと散歩するだけでも新鮮ですよ。

自宅や近所でのんびり

こたつ amana images

あえて予定を入れず自宅でゆっくり過ごす、というのも一つの方法です。自宅でまったり、のんびり過ごし、三が日の初詣を避けて近所の神社へお参りに行ったりするのもよいでしょう。

近所をぶらりと散歩することで、普段は見逃している景色が見えるかもしれません。おせち料理は作らずに購入してしまえば、食事の用意もなくさらにゆっくりできるでしょう。

混雑をさけて初売りへ

セール PIXTA

例年なら休みの日が限られているため、3が日に集中して大混雑の初売り。来年は分散休暇もあり、初売り期間が長くなったり、分散されることが予想されます。

混雑が軽減される分、短い時間でも初売りを楽しむことができるかもしれません。

アクティブに過ごすもよし、のんびり過ごすもよし

正月 PIXTA

「毎日読書をする」や「この期間に資格の勉強をする」などの目標を立てるのもよいですね。子どもも真似して絵本を読んだりワークをやったりするかもしれません。

目いっぱい予定を入れることに価値を感じる人もいれば、ゆっくり過ごすことを有意義と感じる人もいます。どのように過ごしたいか、家族で話し合ってみてくださいね。また、外出の際はくれぐれも感染対策を万全にしてください。

読者の皆様にとって幸多い年末年始になりますように!

記事の監修

株式会社子育て研究所 代表取締役

佐藤りか

株式会社子育て研究所代表、教育コンサルタント。
ベネッセコーポレーションなど教育業界で長年勤務。幼児教育から高等教育まで幅広く知見を深める。その後、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。子どもとママ向けのアットホームなサイト「アフェクション」、編集業「ものかき」などの運営を手掛け、自身の執筆・監修や講和も多数。各種ビジネスコンテストで大賞や優秀賞の受賞歴がある。その他、東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY」にてメンター&講師を務める。プライベートでは2児ママとして仕事と家庭の両立を強く意識して活動中。

おすすめ記事

「年末年始」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧