夜泣きとは?赤ちゃんの夜泣きはいつからか、原因と対策を紹介

夜泣きとはどのようなもので、いつからなのでしょうか。夜泣きの定義や一般的な時期について、また新生児の夜泣きや、寝言泣きとの違いについても紹介します。赤ちゃんの夜泣きの原因とその対策はさまざまあります。夜泣きがひどい場合に放置しても良いのかということも含めて解説します。

PIXTA

夜泣きとは

夜泣きとは赤ちゃんが夜中に目を覚まして泣くことです。お腹が空いていたりおむつが汚れて不快であったりすることが原因のときは夜泣きとはよばず、原因が不明である場合が多いです。

新生児のころは昼夜の区別がほとんどついていないとされます。また眠りについてからも大人であればレム睡眠(浅い眠り)が睡眠全体の2割程度ですが、赤ちゃんはこれが大人よりももっと多いとされます。

つまり赤ちゃんは浅い眠りが多く大人より目覚めやすいということになります。これは4、5歳を目安に大人の睡眠に近づくまで続きます。

夜泣きはいつから?

夜泣きはいつからおこるかというのは個人差があります。赤ちゃんの性格や環境によるという説もありはっきりとはいえませんが、一般的に生後4ヶ月ごろから1歳半ごろまででしょう。

夜泣きには正式な年齢や状態の定義はなく、個人差があります。また4歳以降の場合で、夜中にいきなり泣き叫ぶというときは夜泣きではなく「夜驚症(やきょうしょう)」であることも考えられるため、注意が必要です。

新生児に夜泣きはある?

授乳 PIXTA

新生児から生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんも夜中に泣くことがあります。空腹が原因である場合には母乳やミルクをあげればすぐに寝つくという場合がほとんどです。

特に新生児は1~3時間おきにお腹が空くため、夜中に泣きだしても慌てずに授乳をすれば大丈夫です。

新生児は夜泣きをしない?夜泣いてしまう原因と対処法とは?

関連記事:

新生児は夜泣きをしない?夜泣いてしまう原因と対処法とは?

新生児の赤ちゃんが夜に泣いていることを夜泣きと思っていませんか?実は、…

夜泣きの原因

赤ちゃんへの刺激 PIXTA

夜泣きの原因として主に次のようなものが考えられます。

  • 暑すぎたり寒すぎたりする
  • 衣服や布団の肌触りが気になる
  • 昼間の刺激が夜になっても脳を興奮させる
  • 歯の生え始めである
  • 腹痛がある

暑すぎる、または寒すぎるときには室温の調整が大切です。また赤ちゃんによってはパジャマなどの素材を気にした方が良いこともあります。

また昼間の刺激が夜になっても脳を興奮させるという説があります。これは赤ちゃんにとっての不満や不安、あるいは強い刺激が眠っているときの脳の活動に影響するのではないかという考え方です。

いずれにせよ夜泣きの原因は上記にあげたものだけではなく、また複数の理由があることも考えられます。

夜泣きの対策

夜のドライブ PIXTA

原因がはっきりしない赤ちゃんの夜泣きの対策は難しいでしょう。しかし試すことができる方法がいくつかありますので紹介します。

  • 抱っこ、背中トントン
  • 添い乳
  • 声をかける、歌を歌う
  • おしゃぶりを使う
  • 歯固めを使う
  • 外へ出る、ドライブ

抱っこや背中をトントンするのは定番の対策であり、同時に「大丈夫だよ」などと声を掛ける、歌を歌ってあげるなどによって安心してまた眠りにつくという場合もあります。

指を握らせる、添い乳をするなどスキンシップも重要です。ママがそばにいると実感するだけで落ち着く場合もあるようです。また歯がゆいのが夜泣きの原因である場合には歯固めで遊ばせながら寝かしつけをすると良いでしょう。

これらの対策を行っても泣き止まない場合も多くあります。そういったときにはドライブへ連れ出すなどの手段も有効であるといわれますが、夜間の運転はくれぐれも気をつけてください。

夜泣きは放置しても良い?

泣き方がそれほど激しくないときは見守ってみるというのも1つの方法です。

泣いている赤ちゃんを放置することについては賛否両論あります。泣いてすぐに抱っこを繰り返しているとそれを覚えてしまい、抱っこ無しでは寝付かなくなってしまうともいわれます。一方で科学的に有害であるという説もあります。

寝かしつけや夜泣きのたびに抱っこすることがママの精神的・肉体的な負担となってしまう可能性もありますが、ママと赤ちゃん、それぞれに合った方法で夜泣きを乗り切りましょう。

夜泣きにはさまざまな原因と対処法があります

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんの夜泣きについて、その原因と対策を紹介しました。生後4ヶ月ごろから1歳半前後までに起こりやすいといわれる夜泣きですが、いつからなのかということには個人差があり一概にはいえません。

また夜泣きがひどくても放置して良いかどうかはママや赤ちゃんの性格や環境にもよります。成長と共に自然に夜間に起きることが減るともされます。

夜泣きに対してママだけが悩むのではなく、パパにも協力をあおぎましょう。また栄養面や生活面での不安はかかりつけの医師や地域の保育士などに相談するというのも1つの方法です。

赤ちゃんとママが心身ともに健康であるために、夜泣きをさまざまな方法で乗り切りましょう。

「夜泣き」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧