1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 周りと比べて劣等感を抱くのが怖かった…|今更ですが支援センターデビューしました 前編

周りと比べて劣等感を抱くのが怖かった…|今更ですが支援センターデビューしました 前編

産後は赤ちゃんと二人きりで過ごすことも増えますが、育児や日ごろの悩みなど、たまには大人の人と話したくなることもあるもの。そんなママにおすすめなのが支援センター。しかし初めての場所は緊張してしまいますし、どんなところなのかわからないとなかなか行く勇気も出ませんよね。とくに子どもの成長が気になっている方は、周りの子どもとつい比較して落ち込むこともあるかもしれません。今回は同じような気持ちを抱きながら、なかなか支援センターデビューができなかった方の体験談を紹介。

©okome11__

子どもの発達遅れが気になり支援センターに行けなかった

最近ふざけた投稿ばかりしていたのに
急な方向転換にビビってます、私が←

いつも散々
「発達遅いの気にしてませーん」って
言ってるのにめちゃくちゃ気にしてるやん!
って感じですよね😂
私もそう思います😂

周期みたいなのがあって
「すごく発達の遅れが気になる時期」
と
「全然気にならない時期」
を行ったり来たりします😂
この時は上手くいかない事が重なって
久々にさんちゃんと2人でいるの
しんどい…ってなってました😅

そして迷いに迷って
ついに支援センターデビューを決意💪
でもこのデビューの日
全然赤ちゃんルームに人居なくて
めちゃくちゃ寂しかったです😂笑

後編に続きます👉 ※1

今回紹介するのは、令和2年生まれの息子を持つ主婦のおこめ(@okome11__)さんが描いた育児漫画「1歳になった息子今更ですが支援センターデビューしました」の前編。

おこめさんは子どもの成長の遅れが気になっていて、周りから見てどう思われるか不安でなかなか支援センターに行けなかったとのこと。このたび、通院していた病気も治ったことから、支援センターデビューを決意したそうです。

同じように悩んでいる方にとって非常に参考になる内容なので、支援センターではどんなことをしているのか、話し相手がいなかったらどうしようなどと不安になる方はぜひ最後までごらんになってみてください。

支援センターデビューに踏み切ってみた

©okome11__

©okome11__

©okome11__

©okome11__

「支援センターデビューはもう少し成長が追いついてからに」と考えていたおこめさんですが、1歳を過ぎて気付いたのは追いつくどころかますます差が開いているということ…。

いろいろ考えた末、おこめさんは支援センターに行くことを決めたそう。支援センターでは、つい周りの子どもとわが子を比べてしまいがち。

比べる必要はないと思いつつも、気になってしまうのが親心なのかもしれません。それがストレスになるのであればわざわざ支援センターに行く必要はないでしょう。

しかし支援センターは利用の仕方によってはよい気分転換にもなる場所。一度は行ってみてほしい場所でもあります。さて、おこめさんの支援センタービューはどうだったのでしょうか?

やっぱり後悔?

©okome11__

©okome11__

©okome11__

©okome11__

©okome11__

勇気を出して行った支援センターではズリバイをするのは息子だけでみんな歩けていて、ますます孤独感を抱いてしまったおこめさん。

何か劣っていると感じる場合、ほかの人たちと交わることで余計に目だってしまうのではないかという不安は誰にでもあるもの。このままではいけないと、勇気を出して外に出ても、現実を目の当たりにすると、余計に落ち込んで後悔してしまうこともありますよね。

それでも、世界を広げて新しい場に飛び込むことで得られることもあるはず。早くも帰りたいと思っているおこめさんの元へ、救世主が現れたようです。

後悔…やっぱり来なきゃよかった?|今更ですが支援センターデビューしました 中編

関連記事:

後悔…やっぱり来なきゃよかった?|今更ですが支援センターデビューしました …

成長に後れを感じる息子のことが気になり、なかなか支援センターデビューが…

おこめ(@okome11__)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「支援センターデビュー」「ママ友」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

  • ※1 @okome11__「支援センターデビュー!子どもの成長が遅かったらどうしよう…と怖くて行けなかったけれど」(https://www.instagram.com/p/CPIrw4hlgzf/,2021年6月21日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧