1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. おむつ・トイレトレーニング
  5. 流せるおしりふきは便利?先輩ママの声やメリット・デメリットを紹介

流せるおしりふきは便利?先輩ママの声やメリット・デメリットを紹介

毎日のおむつ替えで、どんどん溜まっていく使用済みのおしりふき。「流せるおしりふきの方が楽かな?」と思われるパパママもいることと思いますが、流せるおしりふきは流せないタイプと少し特徴が違うので、流せないおしりふきと同じ感覚では使えないこともあります。そこでこの記事では、先輩ママの体験談も含めて流せるおしりふきのメリット・デメリットを解説した後に、アカチャンホンポ商品や西松屋でも取り扱っているムーニー、携帯用の流せるおしりふきなど、おすすめの商品を紹介していきます。

PIXTA

流せるおしりふきは実際どう?先輩ママの声を紹介

パパママにとって気になる存在である「流せるおしりふき」。まず、先輩ママたちは実際に使っているのかママリに寄せられたコメントの中から紹介しますね。

流せるタイプのメリットは、ころころの大人のようなになってきたら、オムツを変える時にとお尻拭きとともにトイレに捨ててました。これだけで使用済みオムツの匂いがかなり減ります。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
どっちも使いましたが、月齢が低い内はうんちが柔らかくトイレに流すこともないので、厚手でしっかりした流せないタイプの方が使い勝手が良いです❗
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
子どものトイトレではトイレで使うので流せるのが便利です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
流せるおしりふきを使い始めたのはトイレに行くようになってからでした(^^)
トイレに捨てるようになるとだいぶ臭いが気にならなくなりますよね♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

流せるおしりふきを使っている先輩ママたちのコメントによると、少し大きくなった子どものおむつ替えか、トイトレのときに使っているという意見がほとんどでした。トイトレで使うとそのまま流せてとても便利なのだそうです。

新生児期から1歳くらいまでの子どもは便が軟らかく、流せるおしりふきを使う必要性が感じられないという意見も。確かに、おむつに便がついていれば、おしりふきも流せないタイプで良いように感じますよね。

流せるタイプのメリットは、ころころの大人のような💩になってきたら、オムツを変える時に💩とお尻拭きとともにトイレに捨ててました。これだけで使用済みオムツの匂いがかなり減ります。あと、トイレで💩出来るようになれば使いやすいと思います。デメリットはちぎれやすい。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
流せるタイプは水分少なく
少し固く感じたので
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

また、流せるおしりふきは使いにくかったというコメントも。少し硬めで水分量が少なく、破れやすいことから流せないタイプを使っているという先輩ママもいましたよ。

流せるおしりふきのメリット・デメリット

オムツ PIXTA

それでは、流せるおしりふきにはどのような特徴があるのか、メリット・デメリットの両面から見ていきましょう。

流せるおしりふきのメリット1:ゴミの量が減る

流せるおしりふき最大のメリットは、その場でトイレに流せてゴミが減ること。毎日のおむつ替えをしていると使用済みのおむつと共におしりふきがたくさん溜まってしまいますが、トイレに流せればゴミ出しが今までよりも楽になるはずです。

流せるおしりふきのメリット2:ゴミの臭いが軽減される

使用済みのおしりふきをそのままトイレに流してしまえば、ゴミの臭いも軽減されます。臭いとゴミの量に悩んでいる方であれば、流せるおしりふきに大きなメリットを感じられるでしょう。

流せるおしりふきのメリット3:便と共にそのままトイレに流せる

子どもの便が硬くなったころであれば、子どものお尻を拭いてから、おむつの上の便を流せるおしりふきで包み、そのままトイレに流せるようになります。おしりふきも便もトイレに流せれば、さらにゴミの臭いが軽減されますね。

流せるおしりふきのデメリット

トイレに流せて便利な流せるおしりふきですが、先輩ママの体験談にもあったように、硬く使いにくかったり破れやすかったりと、流せないタイプに比べて使い勝手が悪いと感じられがちなことがデメリットです。

トイレに流せるということは水に溶ける素材を使わなければならないので、流せないおしりふきに比べて破れやすいことは仕方がないことなのかもしれません。

流せるおしりふきはどんな時にあると便利?

おしりふき PIXTA

デメリットもある流せるおしりふきですが、硬めの便が出るようになったり、トイレトレーニングを始めたりすると「あって良かった」と思えるようになるはず。

メリットのところで解説したように、硬めの便が出るようになったころならお尻を拭いた後、便と共にそのまま流すことができます。またトイレトレーニングでは、子どものお尻を拭いた後のおしりふきをトイレに流せればとても便利です。

低月齢のころは流せないおしりふきで十分だと思われるでしょうが、子どもが大きくなると流せるおしりふきが大活躍するシーンが登場しますよ。

流せるおしりふきの選び方

それでは、流せるおしりふきの選び方について見ていきましょう。

  • 適度な水分量であること
  • 紙の質感が好みのものであること
  • 添加物やアルコールが不使用であること
  • おしりふきが取り出しやすいこと

硬く使いづらく感じられることもある流せるおしりふきは、水分量や紙の質感などにこだわって選ぶのがおすすめ。添加物やアルコールが含まれていない製品であれば、子どもの敏感な肌に触れても安心ですね。

また、頻繁に使うものだからこそ取り出しやすさにもこだわりたいもの。使いたいときすぐにさっと取り出しやすいおしりふきを選ぶために、ケースや蓋の形状も確認しましょう。

「おしりふきケース、使ってる?」プラスチック製、巾着袋、ポーチなどママたちの工夫6選

関連記事:

「おしりふきケース、使ってる?」プラスチック製、巾着袋、ポーチなどママた…

さまざまな育児グッズの中でも、ダントツで出番が多いのがおしりふき。特に…

おすすめのおしりふきを紹介

おむつ替え amana images

ここからは、これから流せるおしりふきを使っていきたいと考えている方に向けて、人気の流せるおしりふきの中からアカチャンホンポ、ムーニーなどおすすめの商品を紹介していきます。

【ムーニー】ムーニーおしりふきトイレに流せるタイプ

ユニチャーム ムーニーおしりふきトイレに流せるタイプ本体50枚 ムーニーオシリナガセルホンタイ50

まずムーニーの流せるおしりふきは、西松屋などの赤ちゃん用品店や薬局でも取り扱いがあり、やわらかな素材で作られていることから人気の商品。アルコール・香料・パラベン無添加なので、肌が弱い子どもでも安心して使えますね。

ワンプッシュで蓋を開けられるケースに入っているので、使いたいときに片手ですぐに取り出せるところもポイントです。

【アカチャンホンポ】水99%Super トイレに流せるおしりふき

赤ちゃん本舗 水99%Super トイレに流せるおしりふき 90枚×2個

水99%と水分をたっぷりと含んでいるのが特徴的なアカチャンホンポの流せるおしりふき。保湿成分として2種類のヒアルロン酸とグルコシルセラミドを配合しているので、拭きすぎてカサカサになってしまった…という事態も防げるでしょう。

防腐剤は含まれているものの最小限に抑えられていて、パラベンやPGは不使用。使われている水分は不純物を除去した超純水と安全性にこだわったおしりふきです。

【ピジョン】トイレで使ってそのまま流せるおしりナップ お出かけ用

トイレ用品 Pigeon (ピジョン) トイレで使ってそのまま流せるおしりナップ おでかけ用22枚入

携帯用に便利な22枚入りの流せるおしりふき。着色料・香料・アルコール不使用で、保湿剤としてベビーローションが配合されています。

ピジョンが独自に開発した紙が使用されていて、従来の流せるおしりふきよりもやわらかで破れにくいので使いにくさを感じることもないはずです。お出かけ時の携帯用として一つは用意しておきたいアイテムですね。

流せるおしりふきは流せないタイプと使い分けて

オムツ PIXTA

流せるおしりふきが便利だと感じられるようになるのは、子どもの便が硬くなったころのおむつ替えやトイレトレーニングのころです。まだ便が軟らかい月齢で使うと流せるおしりふきのメリットが薄れてしまうので、流せないおしりふきとの使い分けが大切ですよ。

これから流せるおしりふきを取り入れていこうと考えているパパママは、紹介したムーニーやアカチャンホンポの商品がおすすめ。水分量や質感の良いものを紹介しましたが、子どもの肌にあうようにお気に入りの流せるおしりふきを見つけてくださいね。

「1枚でいいのに…」イライラした私が見つけた、おしりふきをサッと取り出す方法【漫画】

関連記事:

「1枚でいいのに…」イライラした私が見つけた、おしりふきをサッと取り出す方…

育児中は、少しの手間も惜しく感じてしまうことがありませんか?「あれがも…

おすすめ記事

「流せる」「おしりふき」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧