1ヶ月健診を行う目的とは?赤ちゃんとママの健診内容と持ち物

出産後、初めての赤ちゃんとのお出かけが1ヶ月健診だという方も多いかと思います。初めての健診はどのようなことをするのかよくわからないという方もいるでしょう。この記事では、1ヶ月健診で何をするのか、赤ちゃんとママ両方の健診内容や健診に必要なものをご説明します。1ヶ月健診はどのようなことをするのか、事前に確認しておくとよいでしょう。これから1ヶ月健診を迎えるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

PIXTA

1ヶ月健診とは?

1ヶ月健診は、赤ちゃんが生まれてから1ヶ月経過した頃に実施されますが、基本的に出産した産婦人科で行われます。産後1ヶ月の健診は、赤ちゃんだけでなくママも受けますが、病院によっては、赤ちゃんとママの健診が別日に設定される場合もあります。

1ヶ月健診を含む乳幼児健診は、赤ちゃんの成長や発達のチェック、ママの体の回復状況を確認する機会です。育児に対する不安などがあれば、医師や助産師に相談もできますよ。

また出産後に乳児医療証が発行されますが、基本的に1ヶ月検診は赤ちゃんも自費です。ただし、赤ちゃんの健診費用のみ無料にしている病院や、自治体で乳児健診に対して助成制度を設けているところがあります。1ヶ月健診を受診する予定の病院やお住まいの自治体へ、事前に費用について確認することをおすすめします。

1ヶ月健診当日の持ち物

  • 母子手帳 
  • 赤ちゃんとママの健康保険証
  • 乳児医療証
  • 乳児健診申込用紙
  • 病院の診察券
  • おむつ
  • 赤ちゃんの着替え
  • ミルク…など

1ヶ月健診の費用は原則自費ですが、健康保険証、乳児医療証は健診時に治療や薬が処方された場合、助成を受けるために必要となるため忘れず持参しましょう。

また、やむを得ない事情によって1ヶ月健診までに赤ちゃんの健康保険証の発行が間に合わないことも考えられます。その場合は、保険の手続き中であることを証明する「健康保険被資格者証明証」を発行してしてもらいましょう。健診時に病院で提示すると、仮の保険証として使用できます。

さらに、外出時に授乳やおむつ替えが必要となることがあるため、おむつやミルク、赤ちゃんの着替えといったアイテムも用意しておきましょう。

出典元:

1ヶ月健診で赤ちゃんに対して行うこと

新生児 PIXTA

1ヶ月健診では、赤ちゃんの成長や発育状態を確認します。ここでは、1ヶ月健診で主に赤ちゃんに対して確認する項目について詳しくご説明します。

身体測定

1ヶ月健診ではまず身体測定を行います。生後1ヶ月の平均身長と体重は以下の通りです。

  • 身長:50.9~59.6cm(男の子)、50.0~58.4cm(女の子)
  • 体重:3,530~5,960g(男の子)、3,390~5,540g(女の子)

生まれてから1ヶ月で赤ちゃんがどのくらい大きくなったのかをチェックします。性別によって成長の度合いは異なることがわかりますね。1ヶ月健診では身長や体重の他、頭囲、胸囲などを測定します。

全身のチェック

赤ちゃんの全身をチェックして異常がないかを調べます。先天的な異常がないかどうかや股関節の開き具合、脱臼していないかどうかもチェックします。

また、視力の確認を行います。まずは目の色や瞳孔を確認し、はっきりとした色のおもちゃなどの目標物を目で追えるか確認します。

足首をつかんでおむつ替えは×、股関節脱臼の特徴とお世話の注意点

関連記事:

足首をつかんでおむつ替えは×、股関節脱臼の特徴とお世話の注意点

股関節脱臼は、赤ちゃんの健診などで指摘されることがある疾患です。早期に…

原始反射のチェック

PIXTA

1ヶ月健診では、生まれながらに持っていている以下のような原始反射の確認をします。

  • 吸てつ反射
  • モロー反射
  • 把握反射

吸てつ反射は、赤ちゃんの口のそばに指を持っていくと吸いつく反射のことです。生まれてすぐに母乳やミルクを飲めるようになっています。

その他にも体に何か触れたときや大きな音がしたとき、とっさに何かにつかまろうとして両手両足を広げる「モロー反射」や赤ちゃんの手のひらに指で触れるとぎゅっと握り返す「把握反射(はあくはんしゃ)」があります。

原始反射は新生児期のみにみられるもので、成長とともに消失していきます。

ケイツーシロップを飲ませる

赤ちゃんは体内でビタミンKを作ることができないため、ビタミンKが不足しやすくなります。また、母乳もビタミンKの含有量が少ないため、1ヶ月健診で投与する病院があります。また、病院によっては、生後3ヶ月まで週に一度ケイツーシロップを飲ませるよう親に推奨することもあります。

【医療監修】ケイツー(K2)シロップとは?飲ませ方や投与するときの注意点

関連記事:

【医療監修】ケイツー(K2)シロップとは?飲ませ方や投与するときの注意点

赤ちゃんが生まれると与えるケイツーシロップは、ビタミンKが不足しやすい赤…

出典元:
  • かるがもクリニック「ビタミンK投与ガイドライン」(https://www.karugamo-cl.jp/index.php?QBlog-20120924-1,2019年8月23日最終閲覧)
  • ふかざわ小児科アレルギー科「赤ちゃんにビタミンK2シロップの毎週投与を!」(http://www.f-clinic.jp/2018/01/k2-1.html,2019年8月23日最終閲覧)
  • 岡空小児科医院「母乳栄養児ビタミンK2シロップ投与外来」(http://www.top-page.jp/site/page/okasora/NEWS/VK2/,2019年8月23日最終閲覧)
  • 土屋恵司(監)「最新版らくらくあんしん育児」P16.38.42.43(学研プラス,2017年)
  • 松井潔(監)「最新!育児新百科」P40.43(ベネッセコーポレーション,2017年)
  • やはたウィメンズクリニック「母乳外来・2週間外来・1ヵ月健診」(http://www.ywclin.com/gairai/,2019年8月23日最終閲覧)

産後1ヶ月健診でママに対して行うこと

新生児 PIXTA

出産後1ヶ月が経過したらママも産後1ヶ月健診を行います。体の状態だけでなく産後育児に対する不安など、精神面でのフォローも行います。健診の内容をみていきましょう。

  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 悪露の量や状態の確認
  • おっぱいチェック(母乳育児の場合)
  • 子宮の状態を見るための内診
  • 問診、育児相談

出産後の1ヶ月健診では、まず身体測定や血圧測定、血液検査などをチェックします。また、内診では子宮の回復具合や悪露の状態を確認しますが、経過が順調で医師の許可が出れば通常の生活に戻ることが可能です。産後1ヶ月健診が過ぎたら、赤ちゃんと一緒に入浴もできるようになりますよ。

この時期は、健診だけでなく自治体が行っている新生児訪問もあります。住んでいる自治体の保健師や助産師が家庭を訪問し、赤ちゃんの成長や発育、母乳や育児に関する悩みなどの相談を受けてくれます。

健診を受ける際に気を付けるポイント

服装は母子ともに楽に脱ぎ着ができるものを選びましょう。また、待ち時間が長くなることもあるため、ミルク育児の場合は、少し多めにミルクを持参しておくとよいかもしれません。

交通手段としてもできれば家族に運転してもらうか、タクシーなどを利用しましょう。また育児に対しての悩みや不安、日々聞きたくても聞けないことなどメモしておきこの機会に聞けるとよいですね。

出典元:

1ヶ月健診で赤ちゃんの成長とママの体調を見てもらいましょう

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんの1ヶ月健診は、赤ちゃんが健康できちんと成長しているかどうか、病気など隠れていないかどうかを確認するだけではありません。ママの健康状態や育児の悩みなどを相談することで、病院側が育児の情報を提供または共有し、ママの悩みや不安を取り除くことを目的としています。

普段の生活で育児について疑問に思っていることや不安なこと、ささいなことでも日頃からメモしておいて、この機会に聞いてみましょう。

おすすめ記事

「一ヶ月健診」「内容」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧