2歳・3歳の子供の歯ブラシの選び方 幼児用のおすすめ商品

幼児用の歯ブラシ子供が気に入った物でいいんじゃないの?」どんな物を選べばいいのかわからないママさん必見!幼児用のおすすめ歯ブラシ・仕上げ磨き用歯ブラシを、6商品紹介させていただきます。子供にいつから歯磨きを教えればいいのか、早めに歯ブラシを握ることに慣れさせた方がいいのかな、と焦っているママ必読です。

PIXTA

子供が自分で歯磨きをするのはいつから?

子供がスプーンを自分で口に運べるようになり、歯磨きに興味を持って歯ブラシを口に入れるようになった時は、子供自身に歯ブラシを持たせるときです。上手に磨くことはもちろんできないのですが、歯磨きの習慣づけのために大切なことですよ。

子どもが歯磨きしている間は見守って、磨けたことをほめてあげましょう。必ず仕上げ磨きもしてくださいね。

また、歯ブラシを持ったまま歩かないことが大切ですが、どうしても動き回ってしまう子にはのどに刺さらない歯ブラシを選んであげましょう。仕上げ磨き用のブラシは別に用意します。

どんな歯ブラシで磨けばいいの?

歯磨き PIXTA

子供の歯に合った大きさの歯ブラシを選んであげてください。大きさの目安ですが、これは歯ブラシの毛の長さは子供の指2本分くらいの長さが良いようです。

赤ちゃんがブラシを噛んでしまうと毛先がすぐに開いてしまうと思います。そのような時はもったいながらずに、歯茎を傷めてしまう前に新しい物と交換してあげてください。

出典元:

子供用おすすめの歯ブラシ6選

歯ブラシ PIXTA

たくさんの歯ブラシがあってどれを選べばわからない人は必見です。

おすすめの歯ブラシ・仕上げ磨き用歯ブラシを併せて6商品ご紹介させていただきます!

1:サンスター ドゥークリア こどもハブラシ

子供の成長にあわせたサイズ設計で4タイプから選べます。歯やハグキにやさしく作られています。歯ブラシの毛もやわらかめで長持ちします。

子供におなじみの「しまじろう」歯ブラシで毎日楽しく歯磨きができそうですね。

2:ライオンこども ハブラシ

ライオン こどもハブラシ

子供に人気のキャラクターを採用する事によって、子供の歯磨きタイムを楽しく!そして、子供の成長に合わせた高機能設計で、みがきにくい場所もちゃんと磨けるハブラシです。

年齢によってキャラクターも違うので、お子様も楽しく使えそうです。

3:テテオ はじめて歯みがき 乳歯ブラシ STEP3

コンビ テテオ はじめて歯みがき 乳歯ブラシ STEP3

仕上げみがきを嫌がらないように仕上げみがき用と同じブラシの硬さを採用していますので、コンビの仕上げブラシを使っていた方はそのままこちらの歯ブラシもセットで使うとスムーズに一人磨きに移行できそうです。

グリップも握りやすい設計の「ふっくら形状」です。

4:テテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用

コンビ テテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用

歯並びの隅から隅までみがける「15度ななめネック」できちんと仕上げ磨きをしてあげましょう。歯医者さんの器具に学んだ設計だから安心です。

5:タフト17乳歯列期(1~7歳)歯ブラシ

オーラルケア 乳歯列期(1〜7歳)タフト

お子さんがはじめて使う歯ブラシがコンセプトとなっている歯ブラシです。毛の硬さもお子様のタイプによって選ぶようになっています。

歯ブラシの硬さが一目でわかるように印字されているのも嬉しいですポイント!かわいいキャラクターは歯磨き嫌いなお子様に大人気だそうです。

6:マミー17点検・仕上げ磨き用歯ブラシ

お子様の磨き残した細かいところもきれいに磨ける小さなヘッドを採用。ネックも長く、お口の奥まで楽に届きしっかりと仕上げ磨きができます。タフト17とセットでお使いいただくことでより良い効果を発揮できます。

こまめな取り替えが必要

歯磨き PIXTA

一人磨きデビュー後もしばらくは仕上げ磨きが必須はもちろんの事、毛先がすぐにダメになってしまう事も多いと思います。もう少し使ってしまおうと考えずに、お子様の口腔内の健康の為にこまめに新しい物に取り替えすることが大切ですね。

また、あんよが始まったばかりの赤ちゃんや、ついついふざけてしまうやんちゃな1~3歳ごろは喉に歯ブラシが刺さる事故が起きやすいでしょう。十分に気を付けてあげたいですね。永久歯の土台となる乳歯。大切にしましょう。

「子供」「歯ブラシ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧