1. トップ
  2. 住まい
  3. 住まいの基礎知識
  4. バッグの中を誰に見られても恥ずかしくない!カバンの中身をすっきりさせるたった3つのコツ

バッグの中を誰に見られても恥ずかしくない!カバンの中身をすっきりさせるたった3つのコツ

(この記事では、ママによるお片付け体験談をお届けします)忙しい主婦のバックの中は何かと持ち歩く物が多くていつも物でいっぱいだけど、急な子どもの粗相に必要な物がすぐに取り出せるようにはしておきたい。とはいえ、どうしても持ち物が増えると、バッグの中はごちゃごちゃになってしまいます。 そこで、いつものバッグの中身をちょっとした工夫ですっきりと整理する方法をご紹介します。 ※本記事は、個人の感想に基づいたものです。

amana images

バッグの中、見せられますか?

他人のバッグの中を見るなんて、そうそうないと思いますが……もし、ちょっと見せてと言われた時、即座にどうぞと言えますか?私は、言えません…。

前に見た映画の半券がバッグの底から出てきたり、なぜか小銭がじゃらじゃら出てきたり。 子どもと出掛けた日なんかは、さらにいろんな物が、取りあえずバッグの中に放り込まれることも。

よく入っているのが、街でもらったポケットティッシュ。 いずれ使うよね、と思いますが家族みんなが1個ずつもらって私が回収することでバッグの中にはティッシュが無造作に入っている状態に。必要なものをすぐ取り出したい時に、このティッシュがホントごちゃごちゃしていてイライラするんです。

【ダイソー】でかなえる効率UP&時短!まな板を洗う手間が省ける神アイテム

関連記事:

【ダイソー】でかなえる効率UP&時短!まな板を洗う手間が省ける神アイテム

さまざまなアイデア商品や日用雑貨が110円(税込)から買えるダイソー。普段か…

3ステップでバッグの中をすっきりと保とう!

バッグ PIXTA

毎日持って歩くので、中身は決まりきった物しか入っていませんって方もいると思います。 でも、よく見てみてください。余計な物や、捨ててもいい物が入っていませんか?バッグの中身をスッキリとさせる手順をご紹介します。

1.中身を全部出す

お片付けでは定番の「全部出し」。 お財布やスマホといった必ず入っている物以外、例えばレシートとかもらったショップカードなんかがそのまま入っていませんか?

全部出して見ると、必要じゃない物がたくさん入っていることもあります。バッグの中の掃除もかねて、全部出してみましょう。

2.仕分ける、まとめる

中身を出したら、いる物といらない物とに仕分けます。 ポーチの中もぜひ。 捨ててもいい物は捨てて、持ち歩かなくていい物はよけます。

新たに持ち歩きたい物があったら、それを追加。 仕分けが終わったら、同じカテゴリーで分けてまとめます。 リップやハンドクリーム、仕事で使う物、カード類など、種類別にまとめておくと探しやすいですよね。

分け方は、わかりやすければ自分ルールで大丈夫!まとめたら、それぞれポーチやバッグインバッグなどに入れると一つのかたまりになってスッキリ。

バッグインバッグは、場合によってそれだけを取り出してちょっと出掛けるということもできるので便利です。

3 取り出しやすいように入れる

まとめた物を取り出しやすいようにバッグに収納します。 バッグについているポケットなども活用。

定位置を決めるとなお良し。 取り出しやすい入れ方は、何度か自分で出し入れしているうちにわかります。

お気に入りのバッグが、仕切りやポケットがたくさんついているとは限りませんね。バッグインバッグや手持ちの小さいトートバッグで仕切れないかなど、いろいろ考えて収納を工夫するとすっきりします。

【セリア】の計量もできて保存機能もついた神アイテム「注ぎ口付き袋クリップ」

関連記事:

【セリア】の計量もできて保存機能もついた神アイテム「注ぎ口付き袋クリップ」

毎日の料理に対し、「料理は好きだけど保存にストレスを感じる」「衛生的に…

バッグの中は整理をして、使いやすく気持ちよく

お出かけ PIXTA

毎日、整理整頓をする余裕がない時もあります。

ただ、季節により持って歩く物も増えたりするので、定番の物は小分けして持つなど工夫をして、バッグの中を常に整理整頓し、使いやすくしておきたいものですね。

【セリア】カーテンをぴったり閉めたい寝室に!カーテン隙間防止クリップが優秀でした

関連記事:

【セリア】カーテンをぴったり閉めたい寝室に!カーテン隙間防止クリップが優…

カーテンの隙間から漏れる光がまぶしく、いつもより早い時間に起きたことは…

おすすめ記事

「収納」「片付け」「バッグ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧