生後7ヶ月の赤ちゃんの成長の様子と子育ての知識

生後7ヶ月を迎えた赤ちゃんは、体重の増加が徐々に緩やかになります。また、ママと他人の違いがよくわかるようになり、人見知りが始まります。また、手先が器用になり、おもちゃを手から手に持ち変える動きもみられるようになるでしょう。生後7ヶ月の頃の赤ちゃんの成長の様子を注意点とともにまとめてみました。

PIXTA

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長

7ヶ月の赤ちゃんは、1人でお座りができる子も増えてきます。体重の増え方が今までと比べて緩やかになってくる時期ですが少しずつでも増えていれば問題ありません。

周囲の興味のあるものには手を伸ばして取ろうとするしぐさが見られたり、両手にそれぞれ違うおもちゃを持って遊んだりできるようになってきます。

身長・体重

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長や体重の目安です。

男の子

男の子の平均身長は65.0~73.6cm、体重は6.7~9.9kgほどに成長します。

女の子

女の子の平均身長は63.1~71.9cm。体重は6.3~9.4㎏くらいになります。

生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴

赤ちゃん 泣く PIXTA

ここからは生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴について説明していきます。

人見知りが始まる

赤ちゃんの知恵が発達するにつれて、いつもそばにいるママや家族と他の人の区別がつくようになってきます。全く知らない人と会うと表情が硬くなったりじっと見つめたりします。

ママへの執着が強くなり、それまで大丈夫で抱っこしてもらっていたおじいちゃんやおばあちゃんが抱っこしようとしても嫌がって泣き出してしまったりもします。

このように、赤ちゃんの心に情緒が発達してきたことの表れとして人見知りが始まります。

おすわりが完成する

おすわりが完成する赤ちゃんが増えます。小児科での6~7ヶ月健診では、おすわりができるかどうかが発達の確認事項になっています。

おすわりの練習をさせたいときには、まだしっかり安定していなくても、ママが見守りながら遊ばせてみましょう。お座りができるようになると両手が自由に動かせて遊びの幅が広がりそうですね。

喃語でコミュニケーション

この時期の赤ちゃんは喃語が増え、声も大きくなってきます。意味のある言葉を話すわけではありませんが、ブー、アーなど、さまざまな言葉を発するようになるでしょう。「バババ」「ダダダ」など反復する喃語が多かったころに比べ、反復がしない、短くはっきりした発声で「ンマ」「アジャ」などと話し始めます。

赤ちゃんが喃語を離した時、目を見て正面から話しかけることや、喃語を発した時にはお返事をしてあげるようにすると赤ちゃんとのコミュニケーションになり、ことばの発達につながりますよ。

手の動きが発達

手の動きがとても上手になってきます。指先の動きまではまだうまくはいきませんが、手のひらでおもちゃをつかんでテーブルや床にたたきつけて遊んだりします。

興味がわいたものには手を伸ばすようになります。色んな形のおもちゃを並べてみてどんなものが持ちやすいかなど試してみるのも良いですね。まだ5本の指をそろえたまま物をつかむ「熊手型」のつかみ方をするため、なかなか上手につかめずに怒りだしてしまうこともありますが、やさしく見守ってあげましょう。

離乳食は2回食へステップアップ

離乳食 PIXTA

7ヶ月ごろになると離乳食を1日2回にする家庭もあるでしょう。離乳食に慣れてきてどんどん食べる子もいれば、まだなかなか食べてくれない子もいますよね。

ママもついつい離乳食に慣れてきて「食べるものはどんどんあげてしまおう」という感覚になってしまう場合もあるかもしれませんが、生まれて初めての食材をあげる場合には、新しい食材を増やすのは1日1品にし、1さじだけあげるようにします。

また、生後7~8ヶ月頃からは赤ちゃんが体内に蓄えていた鉄分が減少し、おっぱいやミルクをやめることで鉄分不足になりやすくなります。鉄の多い食品を取り入れるようにするとよいでしょう。

生後7ヶ月に注意すべきこと

リビング PIXTA

何でも手を伸ばす

生後7ヶ月の赤ちゃんは、手の動きの発達とともに、目で見て興味をひかれた物には何でも手を伸ばすようになります。テーブルの上のものなどを引っ張って落としてしまったりするので、部屋の中の置き場所には注意が必要です。

同時に誤飲にも気を付けましょう。手でつかめたものはなんでも口に入れてしまかもしれません。しばらくの間は赤ちゃんのそばにはものをあまり置かないようにしましょう。

なお国民生活センターの調査によると、0歳の誤飲事故は10歳未満の誤飲事故の38.5%を占め、その中で最も多いのがタバコによる誤飲。0歳の事故全体の67.0%を占めます(2000年度~2004年度、全国 20ヶ所の危害情報収集協力病院から寄せられた10 歳未満の子どもの事故データによる)。

独立行政法人国民生活センター「命を落とすこともある!子どもの誤飲事故」

転倒に注意

お座りができ歩き始める頃になると、階段や玄関の段差からの転落事故が増える傾向にあります。

転倒してもひどいけがにならないよう、環境を整えましょう。テレビなどは部屋の隅に置き、床にはあまりものを置かないようにします。床もマットを敷くなど、転んだ時の衝撃を抑えるようにします。階段や台所など、入ってはいけない場所にはベビー用のゲートを必ずつけるようにしましょう。

赤ちゃんのひとつひとつの成長を感じましょう

赤ちゃん 歯 PIXTA

生後7ヶ月は、お座りが完成し、赤ちゃんの世界がぐんと広がります。首がすわること、腰がすわってお座りができるようになることは、大きな節目の成長とも言えますね。

離乳食や歯のケアがはじまるなど、ママはグッと忙しくなる時期ですが、赤ちゃんのひとつひとつの成長を感じながら育児をしていきたいものですね。

「生後7ヶ月」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧