私がもらって本当に嬉しかった!赤ちゃんが喜ぶはじめてのプレゼント5選

生まれてすぐにあげるプレゼントと違い、生後半年ぐらいまでのプレゼントは何をあげたら喜ぶのか悩みますよね。出産後にあれもこれも既に用意してしまったかな?と心配になることも。ここでは、実際に生後3~6ヶ月の間に私がもらったプレゼント赤ちゃんがとっても喜んだものをいくつかご紹介したいと思います。プレゼントを考える際のご参考にしてみてくださいね。

PIXTA

3~6か月の赤ちゃんが喜ぶプレゼント

生まれてすぐにあげるプレゼントと違い、少し成長した生後半年ぐらいまでのプレゼントは何をあげたら喜ぶのか悩みますね。ここでは、実際に生後3~6ヶ月の間に私自身がいただいたプレゼントで、赤ちゃんがとっても喜んだものをいくつかご紹介したいと思います。

個人差はあるかもしれませんが、プレゼントを考えるヒントになるかもしれません。

1.離乳食の食器

離乳食 PIXTA

生後5ヶ月くらいからはじまる離乳食。離乳食の食器も、陶器製、プラスティック製、木製などいろいろな種類があります。可愛い食器をいただくと「離乳食頑張ろう!」とやる気がわいてきました。ぜひ素敵な食器をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

大きなプレートではなく、小さな電子レンジにつかえるココット皿など、調理にも使えるものが特に嬉しかったです。また、木でできたおしゃれな食器にも憧れますね。

離乳食の食器はこれがおすすめ!人気の木製・日本製の商品も紹介

関連記事:

離乳食の食器はこれがおすすめ!人気の木製・日本製の商品も紹介

生後5~6ヶ月になると離乳食が始まります。そこで出てくるのが子供用の食器…

2.ベビーフード

ベビーフード PIXTA

貰って困らないベビーフード。防災のための赤ちゃんの非常食としても活用できますし、ベビーフードにひと手間加えてという使い方もできます。

「ベビーフードを使ってみたいけれどお金がかかるし...」と考えているママには特に喜ばれます。離乳食を作らなくていい自由な時間もプレゼントできるのが魅力的ですね。ベビー麦茶や果汁なんかは生後3ヶ月からあげられるものもあるので、まだ離乳食には早い...という場合には日持ちのするジュースなどをあげると喜ばれそうです。

便利なベビーフードの使い方とおすすめ商品

関連記事:

便利なベビーフードの使い方とおすすめ商品

ベビーフードのメーカーや種類は沢山あります。また離乳食など作る手間がか…

3.音の鳴るおもちゃ

おもちゃ PIXTA

生後3~6ヶ月の赤ちゃんは音が鳴るおもちゃが大好き。見たことがないおもちゃがあるだけで集中して遊んでくれて、ママもうれしいですし赤ちゃんもうれしいです。

おもちゃには対象の月齢が書いてあるので、参考にして選んであげましょう。ベビーカーにつけて持ち運べるものや、お風呂で遊べるおもちゃなどシチュエーション別で大活躍するおもちゃも、いただいたときはとても嬉しかったです。

出典元:

4.大き目サイズのお洋服

洋服 赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんのお洋服と言っても、ちょっと大きめの80サイズ、90サイズだと嬉しかったです。うちの子の場合、生後4ヶ月くらいで80サイズ、半年で90サイズとサイズアップし、あまり70サイズだと着る機会がなかったので、ちょっと大きめをもらえた時は嬉しかったですね。

お着替えなどで服は何枚あっても嬉しいので、大きめのお洋服は喜ばれると思います。

5.スキンケア商品

洋服 赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんも日中や湯上りなどにベビークリームなど使用するので、スキンケア用品をもらうのもうれしかったです。

敏感肌用など赤ちゃんのためのスキンケア商品も本当にたくさんありますので、プレゼントする際には一応ママに赤ちゃんのお肌について聞いてみてから購入するといいですね。

新生児〜乳児にかけてのスキンケアのコツと注意点

関連記事:

新生児〜乳児にかけてのスキンケアのコツと注意点

「赤ちゃん肌」という言葉があるように、乳児の肌は柔らかくで美しく、特別…

赤ちゃんもにっこりのプレゼントを♪

親子 PIXTA

実用的なプレゼントを今回上げてみましたが、実際「使える」プレゼントは赤ちゃんはもちろんのこと、ママにとっても嬉しいものです。

何より、友人が私と赤ちゃんの事を考えてプレゼントを選んでくれたことが、育児で疲れ、ちょっとした孤独感を感じていた私にとってはとても嬉しいものでした。わが子もそんな私の気持ちをわかってくれたのか、プレゼントでいただいたものはどれもお気に入りでしたよ。ぜひ、赤ちゃんがにっこり喜ぶようなプレゼントを検討してみてくださいね。

「プレゼント」「赤ちゃん」「グッズ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧