「言葉のおうち」で伸ばすコミュニケーション力、親子のひとときを楽しんで

1歳半~2歳ごろ気になるのが、言葉発達。健診の項目にも「言語発達」が挙げられ、順調に成長しているのか不安になることがありますよね。言葉発達を促すには、何をすればよいのでしょうか。つい「言葉で表現すること」に気を取られてしまいますが、大切なのは言葉だけではなく子供自身の「人と関わりたい力」「人に伝えたい力」が育っていること。子供にあった関わり方で言葉を育てましょう。臨床発達心理士の新井範子先生にお話を聞きました。

プレミアム記事

PIXTA

親子で作る「言葉のおうち」って?

子供はママや周囲の人とのコミュニケーションの中で言葉を理解し、話せるようになっていきます。そのスピードには個人差があり、いつまでに言葉を発するべきという決まりがあるわけではありません。子供とのコミュニケーションや言葉を話す力の育て方について、臨床発達心理士の新井範子先生のお話をもとにお伝えします。

ママたちは、子供と早く「言葉」でコミュニケーションを取りたいと考えてしまうもの。しかし新井先生は、言葉はあくまで人に伝える手段の一つであり、コミュニケーション力が育っているかを見る上ではあまり重要なことではないといいます。

新井先生は言葉の発達を家の建設にたとえて「言葉のおうち」と呼んでいます。「言葉のおうち」は、以下のような順番で建設が進んでいくそうです。

先生のブログをもとに編集部作成

  • 1階部分:人と関わりたい気持ち
  • 1階部分の屋根:相手の意図を理解する力
  • 2階部分:人に伝えたい気持ち
  • 屋根:言葉でコミュニケーションを取る

言葉とは、人と関わりたい、伝えたいという気持ちの土台の上に乗った「屋根」のようなもの。新井先生が重要だと話すのは、屋根があるかどうかではなく、これから屋根を乗せるための土台ができているかどうかということ。

わが子が一生懸命言葉のおうちを建てようとしているとき、ゆったり見守るのも正解。しかし、ママができることを少しお手伝いしてあげることも、良いことだといいます。

言葉のおうちの建設工事が、少し手間取っているところがあれば手伝い、弱い部分は一緒に補強をしてあげて、素敵な「言葉のおうち」を親子で一緒に作りましょう。

1階部分:「人と関わりたい気持ち」

先生のブログをもとに編集部作成

言葉は人と人がコミュニケーションをとる手段の一つです。相手に自分の意思を伝えるために、言葉があります。

相手に何かを伝える前に「人と関わる」という一歩が必要だと新井先生はいいます。人と関わろうとしない限り、言葉は必要にならないのです。まずは、子供の「人と関わりたい気持ち」をしっかり育てることが、言葉の発達のスタートになるでしょう。人と関わりたい気持ちを育てるには、主に二つの方法があるそうです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「言葉」「発達」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧