ダウン症「早期療育」のメリットと課題は?

発達に偏りや遅れがある子供たちがより生活しやすくなるよう、基本動作の指導や集団生活の支援を行うことを療育といいます。中でもより早い段階で行う療育は「早期療育」と呼ばれ、施設によっては0歳から通所可能です。質の良い早期療育ダウン症のある子の発達を促すという研究結果がありますが、その一方で、地域による環境差や、家庭生活に対する支援面など、今後の課題もあるようです。

プレミアム記事

PIXTA

ダウン症児の発達をサポートするしくみがある

おなかの中の赤ちゃんにダウン症がある可能性があるとき、ママはとても不安な気持ちにかられるかもしれません。赤ちゃんの持つ可能性はおなかの中にいる段階でわかるものではありませんが、ダウン症のある子は健常児と比べて発育、発達がゆっくりという特徴があります。

ゆっくり成長するということは理解しつつも、わが子の生活面の自立や発達を促すために、何かできることはあるのでしょうか。子供の発育、発達に寄り添いつつ、その子らしく生きることをサポートするために、できることを紹介します。

発達に合わせた支援と指導を受ける「早期療育」とは?

ブロック 手 PIXTA

発達に偏りや遅れがある子供の特性を理解し、個別や集団でていねいに関わりながら、持っている力を自立に向けて育てていくことを療育といいます。その中でも、成長過程の早い段階から療育を行うことは「早期療育」と呼ばれています。

施設によって受け入れを開始する年齢は異なりますが、早い施設では0歳児から療育を受けられます。低年齢を対象としたクラスでは、子供だけでなく保護者も一緒に通所し、子供を療育するうえで必要な知識と技術の指導を受けられる場合があります。

療育施設の役割は主に以下のようなものです。

専門家の指導により発達を促す

お絵かき 後ろ amana images

早期療育の内容は施設によって異なりますが、一般的には以下のようなものです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「ダウン症」「療育」「21トリソミー」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧