監修:齋木啓子 先生

0歳代の予防接種スケジュール例(同時接種は4本までの場合)

赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎたら、そろそろ予防接種スケジュールを考え始める時期。予防接種は、感染する可能性がある病気を防ぎ、赤ちゃんを守る大切な役割を果たします。忙しい育児の中ですが、ワクチンを打ち忘れることがないようスケジュールを管理して進めましょう。日本小児科学会は複数のワクチンの「同時接種」を勧めています。この記事では4本まで同時接種を行う場合のスケジュール例をお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

同時に行う注射は「4本まで」、0歳代予防接種スケジュール例

ワクチンにはそれぞれ接種開始に適した年齢(期間)があり、その期間内に受ける必要があります。

なかでも0~1歳までに受けるべきワクチンは種類も回数も多く、病院に通うママも、毎回注射を受ける赤ちゃんも大変。赤ちゃんの体調はいつもよいとは限らないため、予防接種を予定していた日に接種できない可能性も。そこで、日本小児科学会では以下のように提言し「同時接種」を勧めています。

1)各ワクチンの接種率が向上する。
2)子どもたちがワクチンで予防される疾患から早期に守られる。
3)保護者の経済的、時間的負担が軽減する。
4)医療者の時間的負担が軽減する。
以上より、日本小児科学会は、ワクチンの同時接種は、日本の子どもたちをワクチンで予防できる病気
から守るために必要な医療行為であると考える。 ※1

同時接種を何本までとするかは保護者の考え方次第ですが、この記事では同時に行う注射を「4本まで」とする場合の接種スケジュールを紹介します。同時接種をしない場合と比べると、時間的な負担やうち忘れのリスクは低くなるでしょう。

接種時期と種類について、以下の表をもとにお伝えします。かかりつけ医と相談の上、打ち漏れがないよう予防接種を進めてくださいね。

編集部作成 Ⓒママリ

0歳代の予防接種スケジュール例(同時接種は2本までの場合)

関連記事:

0歳代の予防接種スケジュール例(同時接種は2本までの場合)

赤ちゃんが生後2ヶ月を過ぎたら、予防接種を受け始めましょう。赤ちゃんにと…

プレミアム記事

生後2ヶ月

  • 小児用肺炎球菌(1回目)
  • ヒブ(1回目)
  • B型肝炎(1回目)
  • ロタウイルス(1回目)
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ふれあいファミリークリニック 院長

齋木啓子 先生

「予防接種」「0歳」「スケジュール」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧