離乳食期にジャガイモはいつから?離乳食初期・中期・後期で食べられるレシピご紹介

ジャガイモは、離乳食初期から与えることができます。ゆでるとペーストにしやすく、癖がないため食べやすい野菜です。この記事では、月齢別に変わるジャガイモの与え方や、食べさせるときの注意点を説明します。また、さまざまな食感や味を楽しめる、アレンジメニューを紹介していきます。アレンジメニューは、取り分けが可能なレシピもありますので、参考にしてくださいね。

PIXTA

離乳食のジャガイモはいつから?

ジャガイモを離乳食として与えることができる時期は、離乳食初期の生後5ヶ月~6ヶ月頃からです。ジャガイモはゆでてるとマッシュしやすい食材のため、調理するときに便利な食材です。また、ジャガイモはビタミンや食物繊維などを含んでおり、栄養のある野菜だといわれています。スーパーで手に入りやすいため、積極的に取り入れていきたいですね。

出典元:

離乳食にジャガイモを与える方法と注意点

じゃがいも PIXTA

生後5ヶ月頃から与えることができるジャガイモは、離乳食を与える時期によって形など食べさせ方が異なります。また、与えるときには、注意点があるためそちらも一緒に説明します。

  • ゴックン期(生後5ヶ月から生後6ヶ月):皮をむき芽を取り除いて、ゆでてつぶす。
  • モグモグ期(生後7ヶ月から生後8ヶ月):皮をむき芽を取り除いて、ゆでて粗くつぶす。
  • カミカミ期(生後9ヶ月生後12ヶ月):皮をむき芽を取り除いて粗くつぶすか、5mm角程度に切る。
  • 完了期(生後12ヶ月から生後18ヶ月):皮をむき芽を取り除いて、手で持ちやすい大きさに切る。

離乳食初期ではゆでた後につぶしてから与えますが、赤ちゃんが食べにくそうであればお湯や粉ミルクなどでのばしてあげるとよいでしょう。

ジャガイモを与える注意点は、皮と芽を取り除くことです。特に光があたって、緑色になった皮には天然毒素であるソラニンやチャコニン、アルカロイドが微量ですが含まれています。食べて市アウト、おう吐や腹痛を起こすことがあるため、注意しましょう。

出典元:

ジャガイモを使った離乳食のアレンジメニュー

離乳食 PIXTA

ジャガイモを使った離乳食メニューを初期、中期、後期に分けて紹介します。ここで紹介するメニューには、和光堂の商品を使い、手軽に作ることができるレシピや、取り分けができるものなどがあります。時間がないときや、レパートリーを増やしたいときにぜひ、試してみてくださいね。

離乳食初期レシピ(ゴックン期):ジャガイモのスープ煮

ジャガイモのスープ煮 ©和光堂

材料

  • 手作り応援野菜スープ:1包
  • ジャガイモ:25g

作り方

  1. ジャガイモの皮をむき、柔らかくなるまでゆでてすりつぶす。
  2. すりつぶしたジャガイモに、大さじ2のお湯で溶いた手作り応援野菜スープを加える。
  3. のばして滑らかになったら完成。

手作り応援野菜スープは和光堂から販売されている、野菜スープのもとです。粉末タイプのため、お湯に溶かすだけで手軽に使うことができます。使用している野菜は、国産です。もちろん、手作りの野菜スープを使っても問題ないでしょう。たっぷりの野菜が入ったスープでのばしたジャガイモはのど越しよく、食べることができると思います。

出典元:

離乳食初期レシピ(ゴックン期):ジャガイモと小松菜のとろとろ

ジャガイモと小松菜のとろとろ ©和光堂

材料

  • ジャガイモ:20g
  • 小松菜:1枚
  • 手作り応援和風だし:2分の1包

作り方

  1. ジャガイモの皮をむき、柔らかくなるまでゆでて裏ごしする。
  2. 小松菜を柔らかくなるまでゆでて、すり鉢でつぶす。
  3. 手作り応援和風だしを大さじ1のお湯で溶き、ジャガイモと小松菜を混ぜ合わせたものに合わせて完成。

和光堂が販売している手作り応援和風だしを使用した、メニューです。もちろん、手作りの和風だしを混ぜ合わせて作ることもできます。小松菜は茎ではなく葉先を使用するようにしましょう。

苦みのある小松菜をジャガイモのほのかな甘みで食べやすくしてくれているメニューですね。また、ジャガイモのとろみで食べやすそうな点も魅力です。

離乳食初期レシピ(ゴックン期):ジャガイモのポタージュ

ジャガイモのポタージュ ©和光堂

材料

  • たっぷり手作り応援野菜スープ:小さじ1
  • たっぷり手作り応援とろみのもと:小さじ2
  • ジャガイモ:15g
  • タマネギ:10g
  • 豆乳:大さじ4
  • キュウリ:5g

作り方

  1. ジャガイモとタマネギの皮をむき、柔らかくなるまでゆでる。
  2. 柔らかくなったら、すり鉢でつぶす。
  3. 鍋にすり潰した野菜、豆乳、たっぷり手作り応援野菜スープを入れ、煮込む。
  4. 煮込んだものを人肌に冷ます。
  5. 冷ましたものにたっぷり手作り応援とろみのもとをかき混ぜながら、少しずつ振り入れる。
  6. とろみがついたら、器に盛る。
  7. キュウリを下ゆでした後、すりおろし、上にのせて完成。

和光堂の商品である、たっぷり手作り応援野菜スープとたっぷり手作り応援とろみのもとを使用したメニューです。ジャガイモだけでなく、たっぷりの野菜の味わいを楽しむことができるメニューですね。

出典元:

離乳食中期レシピ(モグモグ期):ジャガイモのいり煮

ジャガイモのいり煮 ©和光堂

材料

  • ジャガイモ:20g
  • ニンジン:5g
  • 油:1g
  • 砂糖:1g
  • しょうゆ:1.5g

作り方

  1. ジャガイモとニンジンは皮を剥き、小さ目の乱切りにする。
  2. 鍋に油を敷き、ジャガイモとニンジンを炒める。
  3. 調味料を入れ、ジャガイモとニンジンが浸るぐらいの水を入れる。
  4. 柔らかくなるまで煮込み、粗くつぶして完成。

ジャガイモとニンジンを調味料と一緒にゆでて、粗くつぶすだけで簡単に作ることができるメニューです。調味料は、しょうゆと砂糖だけのため、手軽に作ることができるでしょう。

調味料の分量の目安はそれぞれ、油が小さじ4分の1杯、砂糖が小さじ3分の1杯、しょうゆが小さじ4分の1杯です。油で炒めてからゆでるため、香ばしい味わいを楽しむことができるかと思います。

離乳食中期レシピ(モグモグ期):納豆入りポテトのホワイトソースあえ

納豆入りポテトのホワイトソースあえ ©和光堂

材料

  • 手作り応援ホワイトソース:1包
  • 納豆:小さじ1
  • ジャガイモ:適量
  • 青のり:適量
  • 粉チーズ:適量

作り方

  1. 納豆をすり鉢ですり潰し、電子レンジで加熱する。
  2. ジャガイモのを皮をむき、柔らかくなるまでゆでて粗くつぶす。
  3. 潰したジャガイモを納豆と混ぜ合わせる。
  4. 手作り応援ホワイトソースを大さじ1のお湯で溶き、ジャガイモと納豆と合わせる。
  5. 青のりと粉チーズを振りかけ、完成。

手作り応援ホワイトソースは、和光堂が販売している商品です。離乳食用に少量のホワイトソースを作るのは大変かと思います。和光堂の商品は、粉末タイプのためお湯で溶かすだけで手軽にホワイトソースを作ることができます。納豆はひきわりを使用し、電子レンジで加熱するときの目安は500Wまたは600Wで約30秒です。

離乳食中期レシピ(モグモグ期):マッシュポテトのりボール

マッシュポテトのりボール ©和光堂

材料

  • 手作り応援白身魚と緑黄色野菜:1包
  • ジャガイモ:50g
  • ホウレンソウ:小さじ1
  • 刻みのり:適量

作り方

  1. ジャガイモの皮をむき、柔らかくなるまでゆでてマッシュする。
  2. ホウレンソウも柔らかくなるまでゆでて、すり鉢ですりつぶす。
  3. ジャガイモとホウレンソウ、手作り応援白身魚と緑黄色野菜、50mlのお湯を加えてこねる。
  4. 一口大の団子状にし、周りにきざみのりをまぶしたら完成。

手作り応援白身魚と緑黄色野菜は、和光堂が販売する商品です。粉末タイプで、材料に国産の緑黄色野菜と白身魚を使用しています。手元にこちらの商品がないときは、好みの野菜と、白身魚をつぶし、ペースト状にしすることで代用できます。

ホウレンソウの分量、小さじ1はゆでてすり鉢でつぶしたときの量です。手づかみ食べが始まった時に、食べやすいメニューではないでしょうか。

出典元:

離乳食後期レシピ(カミカミ期):タイとホウレンソウのシチュー

タイとホウレンソウのシチュー ©モグック

材料

  • タイ:10g
  • ニンジン:5g
  • ホウレンソウ:10g
  • ジャガイモ:10g
  • 麩(ふ):1つ
  • 塩:少々
  • 豆乳:70cc
  • ご飯:子供茶碗1杯

作り方

  • タイはゆでてほぐし、ニンジンはすりおろしておく。
  • ホウレンソウはゆで、冷水に取り、細かく刻む。
  • ジャガイモは皮をむき、小さ目の角切りにする。
  • ニンジン、ジャガイモ、豆乳を鍋に入れ、柔らかくなるまで弱火で煮る。
  • 4にホウレンソウとタイを入れ、麩(ふ)はすりおろしながら入れる。
  • 塩で味を調え、ご飯と一緒によそって完成。

麩(ふ)を使いとろみをつけたシチューを、ご飯にかけて食べる、主食と主菜を同時に食べることができるメニューです。ご飯の硬さは赤ちゃんに合わせてくださいね。

またこちらのメニューは、取り分けが可能です。塩加減やコンソメを加えるなどすると、赤ちゃんと一緒にシチューを楽しむことができますよ。

離乳食後期レシピ(カミカミ期):カブとジャガイモのトマト煮

カブとジャガイモのトマト煮 ©和光堂

材料

  • カブ:30g
  • ジャガイモ:25g
  • 鶏ささみ:15g
  • ミニトマト:2個
  • 手作り応援野菜リゾットのもと:1包
  • 油:適量

作り方

  • ミニトマトは湯むき、種を取る。
  • ジャガイモ、カブは皮をむき、食べやすい大きさに切る。
  • 鶏ささみは筋を取り、食べやすい大きさに切る。
  • 熱したフライパンに油を薄くひき、ミニトマト、ジャガイモ、カブ、鶏ささみを入れる。
  • 鶏ささみの色が変わるまで、炒める。
  • フライパンに水50ml、手作り応援野菜リゾットのもとを入れる。
  • 野菜が柔らかくなり、肉に火が通るまで煮て完成。

手作り応援野菜リゾットのもとは、和光堂が販売する商品です。ご飯に合わせるだけでなく、煮物の味付けに使える便利なアイテムですよ。ミニトマトは湯むきし、種を取ること、鶏のささみの筋を取ることを忘れずに行いましょう。

出典元:

離乳食後期レシピ(カミカミ期):カボチャとジャガイモのドリア

カボチャとジャガイモのドリア ©和光堂

材料

  • 手作り応援国産コシヒカリの米がゆ:2包
  • はじめての離乳食裏ごしかぼちゃ:1包
  • 手作り応援ホワイトソース:1包
  • ジャガイモ:10g
  • ブロッコリー:20g

作り方

  • 耐熱容器に手作り応援国産コシヒカリの米がゆ、はじめての離乳食裏ごしかぼちゃを入れる。
  • 大さじ5杯のお湯を入れて、よく混ぜ合わせる。
  • 手作り応援ホワイトソースを大さじ1のお湯で溶く。
  • 皮をむいたジャガイモとブロッコリーを食べやすい大きさに切り、柔らかくなるまでゆでる。
  • 耐熱容器に、ジャガイモとブロッコリーを入れ、ホワイトソースかける。
  • オーブン、トースターで焼き目がつくまで焼いたら完成。

手作り応援国産コシヒカリの米がゆ、はじめての離乳食裏ごしかぼちゃ、手作り応援ホワイトソースは和光堂が販売する祖商品です。米がゆは赤ちゃんがいつも食べている硬さのご飯、カボチャはゆでてペーストにしたもので代用が可能です。ホワイトソースも牛乳や小麦粉、バターなどを使用してて作ることができます。

カボチャとジャガイモの甘みがたっぷりのメニューで、野菜が苦手な赤ちゃんもおいし置く食べてくれそうですね。

離乳食の基本やレシピが月齢別に見られる和光堂のわこちゃんカフェ

今回レシピを提供してくださった和光堂。日本で初めて育児用のミルクを販売した和光堂は赤ちゃんのために、との思いから、全ての商品において品質を高く保っています。そんな和光堂が運営しているサイトわこちゃんカフェでは、自社製品である高品質のベビーフードを使用したレシピが多く紹介されています。

また、離乳食の基本を動画で分かりやすく説明し、食材のチェックリストは月齢別に説明しています。ぜひ、離乳食作りに迷ったら参考にしてみてくださいね。

(今回紹介したレシピの一部は和光堂様からご協力いただき掲載しております。)

わこちゃんカフェ

手作業で骨取り済み!モグックの冷凍魚なら手間なくお魚離乳食が作れます

モグック ©モグック

今回レシピをご提供くださったのは、通信販売で小分けサイズの冷凍お魚を販売している「モグック」。1パック10gという小さなサイズでパッキングした魚を販売しています。

お魚は手作業で骨を取り除いています。皮つき商品・皮なし商品を販売しており、手間や栄養面を考慮して選ぶことができますよ。

(今回紹介したレシピの一部はモグック様からご協力いただき掲載しております)

モグック

レパートリーが広がるジャガイモを離乳食に取り入れよう!

ジャガイモ PIXTA

ポタージュや、お団子、マッシュなど赤ちゃんの成長に合わせて硬さや大きさを変えることができるジャガイモを使用すると、離乳食のレパートリーを増やすことができそうですね。与えるときには、皮と芽を必ず取り除くように注意してください。

おすすめ記事

「離乳食」「ジャガイモ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧