離乳食期のリンゴはいつから?離乳食初期・中期・後期で食べられるレシピご紹介

そのまま食べるだけでなく、アップルパイやケーキなどデザートとしても使えるリンゴ。普段からよく食べるという方もいらっしゃるかと思います。リンゴは離乳食初期から与えることができる食材のため、果物を初めて与えるときにおすすめですよ。この記事では、リンゴの与え方や保存方法を説明し、アレンジメニューを紹介しています。そのまま与えるだけでなく、すりおろしたり、煮たりと幅広く使えるリンゴ。ぜひ、活用してみてください。

PIXTA

離乳食でリンゴいつから?

リンゴを離乳食として与えることができるのは、離乳食初期の生後5ヶ月から6ヶ月です。すりおろして、加熱し、そのまま与えることができるのはもちろん、いろいろな食材と混ぜ甘みをプラスすることができます。

さらに、1歳以降は食べやすい大きさに切り、そのまま与えることができる便利な食材ですよ。しゃりしゃりの触感と甘みを堪能してくれるとよいですね。

出典元:

離乳食期にリンゴを与える方法

りんご 離乳食 PIXTA

次にリンゴを離乳食として与える方法を時期別に紹介します。離乳食初期から与えることができる、リンゴは甘みがあるため、離乳食をおいしく食べてもらえる食材になりますよ。

  • ゴックン期(生後5ヶ月から生後6ヶ月):やわらかくゆでてすりつぶす。もしくはすりおろして加熱する。
  • モグモグ期(生後7ヶ月から生後8ヶ月):やわらかくゆでて軽くつぶす。
  • カミカミ期(生後9ヶ月から生後11ヶ月):食べやすい大きさに切り、やわらかくゆでる。
  • 完了期(生後12ヶ月から生後18ヶ月):食べやすい大きさに切り、食べられるのであればそのまま与える。

リンゴを与えるときは、皮と種を取り除くようにしましょう。すりおろして与えるときはゆでてもよいですが、電子レンジレンジで加熱すると調理が楽かと思いますよ。

また1歳を超えると、皮と種を取り除きそのまま与えることができます。しかし火を通したリンゴとは触感や固さが異なるため、赤ちゃんに合った大きさを見つけて与えてくださいね。

出典元:

離乳食に便利!リンゴの保存方法

りんご PIXTA

すりおろしたり、煮たり、すり潰したりとさまざまな方法で離乳食として使えるリンゴの保存方法を説明します。

リンゴは乾燥に弱い果物ですので、長期保存するときは低温の場所に保存しましょう。冷暗所か冷蔵庫の野菜室に保存するとよいでしょう。

また、リンゴにはエチレンという成熟を促す成分を発しています。リンゴを保存するときは一つずつ新聞紙でくるみ、ポリ袋の中に入れて保存すると長期間保存することができます。

出典元:

リンゴを使った離乳食のアレンジメニュー

りんご PIXTA

離乳食としてリンゴを与える方法、保存方法はいかがでしたでしょうか。次にリンゴを使用して作った離乳食のアレンジメニューを紹介していきます。デザートの印象が強いですが、おかずになりそうなメニューもありますよ。

離乳食初期:カブのリンゴ煮

カブのリンゴ煮 ©和光堂

材料

  • 飲みたいぶんだけりんご果汁:1包
  • カブ:15g

作り方

  1. カブの皮をむき柔らかくなるまで煮る。
  2. カブをすり鉢ですり潰す。
  3. なべにすり潰したカブと40mlの水、飲みたいぶんだけりんご果汁を入れてひと煮立ちさせ完成。

やわらかく煮たカブとリンゴの果汁を合わせたこちらのメニューで使用している、飲みたい分だけりんご果汁は和光堂の商品です。酸味を抑え、ほどよい甘さで飲みやすくしているため、すっぱいものが苦手な赤ちゃんには、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。こちらの商品は1包5gです。すりおろしたリンゴで代用することも大丈夫かと思いますが、加熱を忘れずにしてくださいね。

出典元:

離乳食初期:リンゴときゅうりのすり流し

リンゴときゅうりのすり流し ©和光堂

材料

  • きゅうり:5g
  • リンゴ:小さじ2

作り方

  1. きゅうりの皮をむきすりおろす。
  2. リンゴをすりおろす。
  3. きゅうりの上にすりおろしたリンゴを小さじ2かけて完成。

きゅうりとリンゴの皮をむき、すりおろしたものを合わせるだけでできる簡単なメニューです。きゅうりとリンゴはすりおろす前後どちらかで加熱しておきましょう。電子レンジを使用すると楽に調理できますよ。

離乳食中期:ニンジンとリンゴのとろとろ煮

ニンジンとリンゴのとろとろ煮 ©和光堂

材料

  • ニンジン:10g
  • リンゴ:35g
  • 手作り応援とろみのもと:1包

作り方

  1. ニンジンとリンゴの皮をむきすりおろして、鍋に入れ水40mlを入れて弱火で煮る。
  2. ニンジンとリンゴを人肌に冷ます。
  3. 冷ましたものを、時々かき混ぜながら手作り応援とろみのもとを振り入れ、とろみをつけて完成。

鮮やかなオレンジ色がおいしそうなメニューですね。ニンジンとリンゴを混ぜ合わせることで二つの甘みがより引き立つ味かと思います。ニンジンが苦手な赤ちゃんにおすすめしたいメニューです。

手作り応援とろみのもとは、和光堂の商品です。作った離乳食に振り入れ、混ぜ合わせるだけで簡単にとろみをつけることができる便利なアイテム。水溶き片栗粉などでとろみをつけることもできますが、さっと簡単にとろみをつけたいときに助けてくれますよ。

離乳食中期:リンゴヨーグルト

リンゴヨーグルト ©和光堂

材料

  • リンゴ:20g
  • プレーンヨーグルト:大さじ2

作り方

  1. プレーンヨーグルトを器に入れる。
  2. リンゴをすりおろし、ヨーグルトに混ぜ合わせて完成。

すりおろしたリンゴをプレーンヨーグルトと混ぜ合わせるだけでできる簡単なメニューです。スーパーなどではさまざまな種類のヨーグルトが販売されていますが、無糖のものを使用してください。リンゴは加熱して人肌に冷まし、ヨーグルトと混ぜてくださいね。

取り分けて食べることができそうなこちらのメニューは、大人が食べるときに、ジャムなどで味付けをするとよいかと思います。

出典元:

離乳食後期:簡単煮リンゴ

簡単煮リンゴ ©和光堂

材料

  • リンゴ:4分の1個
  • バター:1g
  • 砂糖:1.5g
  • レモン汁:適量

作り方

  1. リンゴの皮をむき、うす切りにする。
  2. 耐熱のボールに材料をすべて入れ、ラップをかけ、電子レンジで柔らかくなるまで加熱し完成。

材料を耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱するだけでできる簡単なメニューですね。電子レンジで500Wまたは600W、約4分で加熱しましょう。

砂糖の甘みとバターのこく、そしてレモンの爽やかな香りにがよさそうなメニューですよね。少し砂糖の量を調整すればアップルパイの具としても使えるかと思いますよ。

離乳食後期:リンゴと魚のリゾット

リンゴと魚のリゾット ©モグック

材料

  • マダイ:10g
  • リンゴ:10g
  • タマネギ:10g
  • オリーブオイル:小さじ5分の1
  • 米:大さじ2
  • だし:大さじ10
  • カブの葉:10g
  • 粉チーズ:少々

作り方

  1. マダイをゆで、軽くほぐしておく。
  2. リンゴとタマネギを5ミリの角切りにし、オリーブオイルで炒める。
  3. タマネギが透き通ったら米を入れ、さらに炒める。
  4. 米が透き通ったら、野菜だしとマダイをいれ、蓋をして15分強めの弱火で煮る。
  5. 米を食べ、程よい硬さになっていることを確認する。
  6. みじん切りにしたカブの葉と粉チーズを入れて混ぜる。
  7. 蓋をし、さらに5分蒸らしたら完成。

生米から作る本格的リゾットは、リンゴをごはんのメニューとして使うことができますね。米が程よい硬さになる前に、野菜だしがなくなりそうなときは、だしを追加しても大丈夫ですよ。また、リンゴを洋梨に代えて作ることもできます。

大人が一緒に食べるときは、ベーコンを加え、仕上げにパルメザンチーズをたっぷりかけるとイタリアンリゾットになります。

離乳食の基本やレシピが月齢別に見られる和光堂のわこちゃんカフェ

日本で初めて育児用のミルクを販売した和光堂は赤ちゃんのためにとの思いから、全ての商品に置いて品質を高く保っています。そんな和光堂が運営しているわこちゃんカフェでは、自社製品である高品質のベビーフードを使用したレシピが多く紹介されています。

また、離乳食の基本を動画で分かりやすく説明し、食材のチェックリストも月齢別に説明しています。ぜひ、離乳食作りに迷ったら参考にしてみてくださいね。

(今回紹介したレシピの一部は和光堂様からご協力いただき掲載しております。)

わこちゃんカフェ

手作業で骨取り済み!モグックの冷凍魚なら手間なくお魚離乳食が作れます

モグック ©モグック

通信販売で小分けサイズの冷凍お魚を販売している「モグック」では、1パック10gという小さなサイズでパッキングした魚を販売しています。お魚は手作業で骨を取り除いています。皮つき商品・皮なし商品を販売しており、手間や栄養面を考慮して選ぶことができますよ。

(今回紹介したレシピの一部はモグック様からご協力いただき掲載しております)

モグック

デザートから主食までリンゴを使っておいしい離乳食を楽しもう

りんご PIXTA

定番のデザートから、主食となるリゾットまで、さまざまなアレンジメニューがありました。作ってみたいと思えるものはありましたか。

リンゴはすりおろして、何かに混ぜ合わせるだけで甘みをプラスすることや、そのまま与えて、デザートとして食べさせることができます。離乳食初期から後期まではできるだけ、加熱して与えるようにしてくださいね。

おすすめ記事

「離乳食」「リンゴ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧